自然体で乳がんと向き合う

乳がんを余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然療法、無治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん動画も配信しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

乳癌治療ステップ4・潜在酵素<乳がんブログVol.404>

  

過去記事

 

乳癌治療ステップ1・酸化

・乳癌腫瘍の成長を止める

・乳癌腫瘍が生存しにくい体質にする

→アルカリ性体質に改善すること

 

乳癌治療ステップ2・アルカリ性

・アルカリ性体質への改善方法

 

乳癌治療ステップ3・酵素

・なぜアルカリ性がいいのか?

・なぜ発酵食品がいいのか?

→酵素が細胞の元気の源だから

 

=======

 

乳癌治療ステップ1〜3

(上記ご参照ください)

 

に続き今回

ステップ4では

 

「酵素=細胞力」を

 

増やす

減らさない

無駄使いしない

 

という方法についてご紹介します。

 

注意)酵素については様々な意見や学説があります。中には「酵素を摂取しても意味がない」という見解もあるし、逆に「酵素が命の源だ」という学説も発表されています。これらに対する私の個人的な意見は「酵素が全てだ  / 酵素は無意味だ」という善悪に則ったジャッジではなく、「酵素について考える=自分について考える」という、自分を大切に扱う具体的な視点になるきっかけ(ツール)の1つとして「酵素」という言葉を借りている感覚に近いです。

 

もし「酵素」が体に必要で、「酵素」が体にいいのなら、「酵素」を大事にする生活にしてみよう!という一連の思考の流れが腑に落ちるのであれば、それはつまり「自分を大事に扱う生活に変わる」という結果につながります。要するに、「酵素」と言う言葉を、自分が信じる「他の何か」に置き換えても同じことなのです。

 

ただここでは「酵素」という言葉を使う事でより具体的に「自分をどう扱うべきなのか」というぼんやりした感覚を、はっきりとした「行動」という具体的な実行に置き換えることができるので、そうした意味を基本として私は「酵素」の重要性を述べています。

 

その延長として、実質やはり「酵素」という栄養素を補給する事は必要だ、と個人的には実感しているし、体内にある「潜在酵素」を減らさないようにする事も必要な意識の1つだ、と実体験を持って体感しています。

 

酵素についてはまだまだ未知な部分だし、個々それぞれの体によっても反応が違うので、インターネットの情報(このブログを含め)の発信者が信じる「それ」に準ずるのではなく、それを試した「自分の体」がどう反応して、どう感じているかが全ての正解です。

 

体は全ての答えを知っています。それを信じる勇気が自分への愛情へと変わっていきます。他人の言葉ではなく、自分の「細胞の声=体が感じた反応」を信じてみてください。

 

この先の文章も、「酵素」という言葉を借りて「愛」を自分に向ける、という基本的な考えで進めます。

 

* * *

 

f:id:kenkohuntermio:20190316145503j:plain

 

まず

 

私たちの身体には

「一生で使える酵素の量」

決められている

 

という説がありますが

 

これは

 

例えば私が

生まれてから死ぬまでの間に

 

「100」の酵素を生産できる身体

を与えられたとしたら

 

私が生涯かけて

自力で生産できる体内酵素の量は

 

100

 

なのです。

 

それ以上でも

それ以下でもない。

 

それが

 

潜在酵素

 

と呼ばれているものです。

 

つまり

 

潜在的に私の体に

与えられた酵素量です。

 

 

その「潜在酵素」は

 

体内で自動的に増える物ではなく

逆に年齢を重ねれるほどに減少し

 

思春期をピークとし

40代では20代の半分にまで減る

と言われています。

 

もし

 

それが本当だとしたら

 

私たちにとっては

加齢を含めたその他様々な理由で

潜在酵素は日々減少し

 

それによって

免疫力は著しく低下する

 

という事になります。

 

すると

 

解毒、代謝の力が弱まり

毒素が体内に溜まる事で

 

様々な病気の引き金になり得ます。

 

歳を取れば取るほど

病気になりやすくなるのは

 

この

 

「免疫力の低下=酵素量の減少」

原因の1つだとされているのです。

 

また

 

乳癌リスクが

年齢と共に高くなるのも

 

こういった酵素量の減少により

免疫力が落ちる事が大きな要因の一つだ

とされています。

 

なので

 

もし今現在

 

乳癌を発症していて、プラス

今まで「酵素」の存在を

無視して生きてきた場合

 

「酵素」を取り入れる生活に変える事は

体内に何しかしらの好転を生むかもしれない、

 

って私は思うのです。

 

というか、

 

医学的根拠とか、

立証されてないとか、

何とかカンとかよりも

 

酵素を補給したからといって

体内に悪影響が出る、とか

副作用が出る、とかないと思うので

 

体にとっていいと感じるものであれば

それでいいんじゃないかな、って

私は思う。

 

===========

 

そこで

 

・栄養を吸収する

・不要物を排泄する

 

という

 

体に最も重要なサイクルを

完成させる為には

 

まず

 

絶対的に必要な事は

 

食物を「消化」する

 

という力です。

 

栄養があるからといって

いくら◯◯を

食べまくっても

 

それが細かく消化されなかったら

 

そもそも

体に吸い込まれない。

 

だから

 

それらは

ただの老廃物と化す。

 

だから

 

「消化」出来る内臓

をきちんと育てることが

自分への愛情だと思う。

 

では

 

「消化できる内臓」とは

どこの事でしょうか?

 

それは

 

もちろん「腸」です。

 

f:id:kenkohuntermio:20190316145540p:plain


 

 

では

 

活発に動く腸を育てるには

何が必要でしょうか?

 

それは

 

元気な細胞です。

 

では

 

元気な細胞の栄養素は

何でしょうか?

 

それが

 

「酵素」です。

(酵素が重要な栄養素の1つ、という意味)

 

 

f:id:kenkohuntermio:20190316145601j:plain

 

 

 だから

 

ステップ3でお伝えしたように

こちらのような食品を多く摂ると

元気な細胞=元気な腸を

育てることもできると思っている。

 

でもそれだけじゃない。

 

私たちの身体には

既に備わっている「潜在酵素」の力がある。

 

それらは

 

消化酵素

代謝酵素

 

と呼ばれ

 

消化酵素は

食べ物の消化を、

 

代謝酵素は

老化防止や

解毒や

自然治癒力にも働くなど、

 

生命活動に関わる全てに対して

重要な役割を持っています。

 

だから

 

それらの働きを阻害しないようにする

 

というのは

私たちが気にすべき大切な事の1つ。

 

だから具体的には

 

肉、魚、乳製品、ジャンク、加工食品、糖分、添加物、コンビニ食etc

 

など

 

消化が大変なものを

食べなければ

内臓はゆっくりできるから

免疫力は高まる。

 

=消化酵素の無駄使いが減る。

 

または

 

嫌なことをする時間を削り

好きなことをする時間を作れば

 

自然とストレスも減り

自分の「好きな事」に集中できる。

 

この場合の好きな事が

=乳がんを治す

 

だとしたら

 

それに集中できるので

 

体を温めたり

お腹に優しい料理をしたり

適度な運動をしたり

好きな人と話したり

自分の時間を大切にしたりできる

 

=代謝酵素の無駄遣いが減る。

 

だから

 

まずは

 

栄養を摂ることよりも

「抜く事」に重点を置いて

 

・消化が大変なものを抜く

・ストレスを抜く

 

この作業が大事になるのです。

 

参照:16時間断食

 

=====

 

特に医師などからの忠告で多いのが

 

「癌は食事では治らない」という

定例文ですが

 

そもそも

 

食事が癌を治す

 

のではなく

 

自分が

今の自分に

必要な栄養素に気づく行為、

 

とか

 

自分が本当に

欲しているものに気づく行為、

 

とか

 

自分を喜ばせる行為、

 

の1つとして「食事」という

手法を使う

 

という事なのです。

 

だって

 

自分に必要な栄養素がわかれば

食事は変わる。

 

すると

体は変わる。

 

生活習慣も変わる。

体調も変わる。

世界観が変わる。

人格が変わる。

考え方が変わる。

性格も変わる。

 

すると

 

乳がんの前の自分には

戻りたくない、ってなるのです。

 

それが

 

乳癌が必要なくなる体

って事だと思う。

 

以上、私の個人的な意見でした。

 

次回の更新は 

3月24日(日)になります。

 

いつも私の体を整えてるアイテムはこちら⬇︎

<体内70兆個の細胞は食事で創られる>

●私の「免疫力アップ」必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

 

<体・心・頭を繋げた乳癌治療法>

●乳がん克服に必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。発酵瓶の作り方も詳しくお伝えしています。

mio-kiyooka.mykajabi.com

  

 1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 

 

 

<お知らせ>

コツコツ一人で続けてきたこのブログですが、2年が経ち、私が書いた記事を「実行」して下さった方々の反応、作用、効果などが続々と寄せられてきています。

乳癌を経験してたどり着いた一人一人の声が、今、まさに乳癌と向き合い始めた方々の、何かの支えになるかもしれない。その声を広げていくのは意味のある事だと思います。例えば

 

・作った料理、お菓子の写真

・発酵食品のレシピ

・◯◯を続けたら、こんな効果があったよ

・◯◯をやめたら楽になったよ

・その他、自分が感じたことなど何でも

 

そんな事をシェアできる方は、本当に些細な事でも、誰かにとっての必要な言葉だったりするので、深く考えずにお気軽にこちらまでご連絡いただくか、ブログをお持ちの方はリンクを貼りますのでブログ名をご連絡ください。

 

一人の小さな言葉が、どこかで今も泣いている悲しみのドン底に沈んでいる誰かの光になるかもしれません。ご自分の体験した事を表現したいと感じている方、何かに向かって新しい一歩を踏み出したいと思っている方は、どうぞ直感でご連絡ください。

 

よろしくお願いいたします。

 

清岡 美音