自然体で乳がんと向き合う

乳がんを余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然療法、無治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん動画も配信しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

イメージ力を使って回復を早める<乳がんブログVol.398>

 

<お知らせ>

コツコツ一人で続けてきたこのブログですが、2年が経ち、私が書いた記事を「実行」して下さった方々の反応、作用、効果などが続々と寄せられてきています。

乳癌を経験してたどり着いた一人一人の声が、今、まさに乳癌と向き合い始めた方々の、何かの支えになるかもしれない。その声を広げていくのは意味のある事だと思います。例えば

 

・作った料理、お菓子の写真

・発酵食品のレシピ

・◯◯を続けたら、こんな効果があったよ

・◯◯をやめたら楽になったよ

・その他、自分が感じたことなど何でも

 

そんな事をシェアできる方は、本当に些細な事でも、誰かにとっての必要な言葉だったりするので、深く考えずにお気軽にこちらまでご連絡いただくか、ブログをお持ちの方はリンクを貼りますのでブログ名をご連絡ください。

 

一人の小さな言葉が、どこかで今も泣いている悲しみのドン底に沈んでいる誰かの光になるかもしれません。ご自分の体験した事を表現したいと感じている方、何かに向かって新しい一歩を踏み出したいと思っている方は、どうぞ直感でご連絡ください。

 

よろしくお願いいたします。

 

清岡 美音

 

=======

癌は毒素を

排出しているだけ。

 

これを機に

細胞は生まれ変わる。

 

それを正解とするのも

それを妄信とするのも

 

自分次第なのです。

 

今回もHさんから頂いた記事を

ご紹介させて頂きます。

 

 

私が入院中、美音さんのある言葉に毎日救われていました。
 
それは「癌は毒素を排出しているだけ。これを機に細胞は生まれ変わる」という言葉。
 
毎朝毎晩「癌は毒素を排出しているだけ。これを機に細胞は生まれ変わる。だって私の細胞の可能性は無限大だから」と肝臓に手を当て、腫瘍が小さくなるイメージを想像しながらしっかり言葉にして唱えていました。
 
これは相当効果があったと思っています。
 
粒子線治療中に腫瘍が小さくなることは少ないそうなのですが、私の場合は効果がかなり早く、治療終盤に少し小さくなったのが自分でも触ってわかりましたし、採血の肝機能もかなり改善しました。
もちろん治療の効果も大きいですが、絶対にそれだけじゃない。言葉のパワー・イメージのパワーはすごいと実感しました。
 
今はお唱え?を少し変化させて、私の細胞は幸せで満たされてるとイメージし、「私の細胞さんは幸せセンサーで満たされている。幸せマシュマロでふわふわ。幸せマシュマロが腫瘍を食べて天に昇華させる。幸せが怒りに負けるわけない」とちょっと意味不明ですがそんなことは気にしない(^^;、
 
幸せ細胞は怒りで固まった腫瘍すら天に昇華できると信じ、言葉にしています。
 
それと私を支えてくれた周りの人たちの優しさのおかげで私自身が存在していると思うので、私の身体は私だけのものではなく、みんなの思いで出来てる。だからもっと自分を大事にしなくちゃと思うようになりました。

 

 
体の機能に
 
無駄なものなんて1つもない。
 
どんな些細な機能だと
私たちが思っていても
 
どんな簡単な働きだと
私たちが理解してたとしても
 
私たちの体全体に
 
「無駄」な機能は絶対にない。
 
逆にその機能が
私たちの想像以上の働きをしてた、
という事実はあっても
 
それが
私たちの想像以下の存在だ、
という事はありえない。
 
「体」は
人間の脳で理解できるレベルではなく
それを遥かに超えている。
 
・・という事は
 
「想像力」
 
という機能も同じ事。
 
 よく
 
スポーツ選手などが
イメージトレーニングをしますが
 
自分でイメージした事を
細胞が記憶できる
 
そんな機能を発揮するのが
 
想像力。
 
 

f:id:kenkohuntermio:20190202075840p:plain

 
 
 
例えば
 
レモンや梅干しを
口いっぱいに詰め込んだ自分を
 
「想像」するだけで
 
唾液が出るのも、
 

f:id:kenkohuntermio:20190202075900j:plain

 
 
極上のアロママッサージを受けながら
うたた寝する姿を
 
「想像」するだけで
 
体がリラックスするのも
 

f:id:kenkohuntermio:20190202075923j:plain

 
 
嫌だと思いながら会社に通い
疲れ切った体で終電に揺られる帰路を
 
「想像」するだけで
 
どんよりして疲れるのも
 

f:id:kenkohuntermio:20190202075951j:plain

 
 
想像力が細胞を動かしているから。
 
だから
 
冒頭でご紹介したメールにもあったように
 
「私の細胞さんは幸せセンサーで満たされている。幸せマシュマロでふわふわ。幸せマシュマロが腫瘍を食べて天に昇華させる。幸せが怒りに負けるわけない」
 

f:id:kenkohuntermio:20190202081008j:plain

 

 
という想像が
 
実際に細胞を動かす
 
という事は
確実にあると私は思う。
 
それと同様に
 
この理論からすると
 
逆に
 
「癌細胞に殺される」
 
と思うのは
実際にとても怖い事なのです。
 
だって
 
「癌細胞に殺される」と
恐れをまとった思考を
繰り返すと言う事は
 
毎日毎日
癌細胞に殺される自分を
イメージトレーニングしてるのと
 
同じ事だから
 
細胞がそれを記憶して
 
癌細胞の威力が増して
想い通りになってしまう、と言う
可能性ももちろんあるから。
 
例えば
 
実際にやってみるとわかるけど
 
指先が冷たい時に
 
指先に鼻の穴があると
イメージして
 
指先の鼻から深呼吸をして
 
その度に指先が
温かくなるイメージしながら
呼吸繰り返すと
 
すぐに指先は温まる。
実際に体内での変化は起こる。
 
それと同じで
 
意識を「どう」向けるか
 
思考を「どう」持つか
 
 
結果は変わる。
 
だから
身体中の細胞が
 
吸う息で淡いピンク色に膨れ
 
吐く息で癌細胞を
優しく包み込んで溶かしていく。
 

f:id:kenkohuntermio:20190202080432p:plain

 
 
そんなイメージトレーニングに
効果がないわけがない。
 
 
繰り返しますが 
 
逆に
 
癌細胞は怖い
癌細胞に殺される
癌細胞に蝕まれる
 
って
 
いつもいつも思っていたら
 
頑張ってイメトレしてるのと 
同じだから
 
癌細胞は怖い存在になるし
癌細胞は自分を殺すかもしれないし
癌細胞は体を蝕むかもしれない。
 

f:id:kenkohuntermio:20190202082316j:plain

 
「想像力」と言う
自分に既に備わっている
機能と使い方を大事にすれば
 
それを強力な味方にできる。
 
癌細胞は
 
毒素を排出してくれてる機能
 
だから
 
自分はそれに
協力するように
 
食べ過ぎない。
食べ物を選ぶ。
負担をかけない。
早く寝る。
嫌な事をしない。
笑って過ごす。
愛を感じる感性を開く。
呼吸を大事にする。
体力を温存する。
 
そんな事は
 
あ た り ま え 。
 
逆に
やらない方が疑問。
 
だから
 
ただ闇雲に慌てずに
 
ちゃんと「協力する」
 
と言う意識を持つことです。
 
======
 
 
「体の細胞に協力する」
 
と言う意識が芽生えると
 
確実に変わり始めるのが
 
食生活。
 
癌になる前と
癌になった後の食生活は
 
変わって当然だと思う。
 
私の場合は
癌の発症直後から
 
肉を食べず
魚を食べず
乳製品をやめて
インスタントを買わず
油を使わず
砂糖の摂取をやめた。
 
なぜなら
上記は私の内臓に
少なからず負担を与えるので
 
体に協力するなら
 
それらの摂取を制限する事だ
 
って感じたから。
 
参考記事:日和見菌とは?
 
そして
 
代わりに
 
発酵食品を食べ
発酵ドリンクを飲み
16時間断食を毎日して
腹八分目にして
早寝して
深呼吸してたら
 
わずか半年で
癌腫瘍は5センチ以上も縮小した。
 
 
これは
「恐怖心」が基礎になっている行動
 
ではなく
 
細胞への「協力」
が基礎になってるから
 
どんどん体調が良くなり
 
「制限」は私にとって
制限ではなく
 
「方向転換」だった。
 
⬇︎こちらでご紹介させて頂くMさんも
そうやって体に協力しながら
自分なりの食生活を作り上げ
 
食事を楽しんでいる方の一人です。
 
今回も美味しそうなスイーツの写真を
送って頂いたのでご紹介します。
 
 
 ★そば粉、カレー、カカオの蒸しパン
(ビーガン、グルテンフリー)
 

f:id:kenkohuntermio:20190202071024j:plain

 
★ビーガンショートケーキ
(乳製品、白砂糖、卵、オイル不使用)
 

f:id:kenkohuntermio:20190202071041j:plain

 
(※Mさん、いつも美味しそうなスイーツ&お料理のお写真の提供ありがとうございます😄)
 
食事は「制限」として取り組むと
本当にきつい。
 
でも
 
制限ではなく
 
体を根本から変えるチャンス
だと思って取り組むと
 
食べるもの全てに反応する
自分の体が愛おしくなる。
 
すると
 
「変なもの」を受け付けない体になる
 
から
 
実際に体が欲しているものが
わかるようになってくる。
 
だから
 
基礎代謝が上がり
免疫力が上がり
 
癌細胞を退治できる
体力が戻ってくる。
 
要するに
 
麻痺していた感覚を
取り戻すことが
 
治療なのです。
 
ただ
 
初めは「癖」があるから
焼肉やラーメンが
恋しくなったりするかも
 
だけど
 
しばらくたつと
 
「焼肉、食べたい?」
って自分に問いかけても
 
「別に食べたくない」
 
と言う答えが返ってくる。
 
だから
 
我慢じゃなくて
ただ食べたいって感じないだけ
 
と言うサイクルになるまで
ちょっと自分へのチャレンジですが
 
軌道に乗ったら
前の食生活には戻れなくなる。
 
(※たまにどうしても食べたくて、我慢できない時は「罪悪感なしに500%楽しんで食べるぞ!」と言う肝を自分の中にドシンと構えてから、笑いながら体全体で喜んで食べる。絶対に後悔はしない。絶対に罪悪感は持たない。そう決めてから食べればいいと思う。そこまでして食べたいものだけ、食べる。ダラダラ食べない。と言う事です。)
 
と言う事で
 
自分を制限するのではなく
 
自分を気持ち良い方へ
導いていけたら
 
だいぶ気持ちも楽になり
それと一緒に体も楽になる
 
と言うことでもあるのかな、
と思っています。
 

次回の更新は 

2月10日(日)になります。

 

いつも私の体を整えてるアイテムはこちら⬇︎

<体内70兆個の細胞は食事で創られる>

●私の「免疫力アップ」必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

 

<体・心・頭を繋げた乳癌治療法>

●乳がん克服に必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。発酵瓶の作り方も詳しくお伝えしています。

mio-kiyooka.mykajabi.com

  

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ