自然体で乳がんと向き合う

乳がんを余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然療法、無治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん動画も配信しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

癌患者を家族に持つ、ということは、みんな健康になると言う事<乳がんブログVol.387>

 

<お知らせ>

コツコツ一人で続けてきたこのブログですが、2年が経ち、私が書いた記事を「実行」して下さった方々の反応、作用、効果などが続々と寄せられてきています。

乳癌を経験してたどり着いた一人一人の声が、今、まさに乳癌と向き合い始めた方々の、何かの支えになるかもしれない。その声を広げていくのは意味のある事だと思います。例えば

 

・作った料理、お菓子の写真

・発酵食品のレシピ

・◯◯を続けたら、こんな効果があったよ

・◯◯をやめたら楽になったよ

・その他、自分が感じたことなど何でも

 

そんな事をシェアできる方は、本当に些細な事でも、誰かにとっての必要な言葉だったりするので、深く考えずにお気軽にこちらまでご連絡いただくか、ブログをお持ちの方はリンクを貼りますのでブログ名をご連絡ください。

 

一人の小さな言葉が、どこかで今も泣いている悲しみのドン底に沈んでいる誰かの光になるかもしれません。ご自分の体験した事を表現したいと感じている方、何かに向かって新しい一歩を踏み出したいと思っている方は、どうぞ直感でご連絡ください。

 

よろしくお願いいたします。

 

清岡 美音

 

=======

 

当然ですが

 

やっぱり病気になったりすると

 

周りの人が羨ましく見える。

 

それは当たり前の感情です。

 

私は

 

老人がものすごーーく羨ましくて

 

あの年まで生きれてて

この人いいよなー

羨ましいなー

 

例え

病気でも

貧乏でも

ヨボヨボでも

 

その年まで生きれて

 

この人はどんな経験ができたんだろう

何人の孫の顔を見れたんだろう

どんな想いがあるんだろう

 

って

 

横断歩道を

ゆっくり歩く老人を見ては

よく羨ましがっていた。

 

それは

 

「年を重ねられる」

って何て幸せな事なんだろう

 

という羨望の眼差し

の裏返し。

 

特に

42歳で乳癌になって

娘の卒業式には出れないかもよ

 

なんて言われた私にとっては

 

ちょいちょい

ちょっと待ってよ。

 

人生これからよ。

子供の成長見たいし

子育てもっとしたいし

旦那さんともっと一緒にいたいし

自分でやりたい事もあるから

 

どんな肉体の形状でもいいから

80歳まで生かせてよ

 

って思ったよね。

 

無意識に

ツーーッと涙がこぼれる場面って

 

映画の中だけじゃなくて

実際にもあるんだな

 

ってふと我にかえる事もよくあった。

 

でもさ

 

でもさ

 

ある時ふと思った。

 

私より年下の人で

同じように癌などを経験してる人は

 

きっと私を見て

「いいよね、あの人。あの年まで生きれて」

 

って思っているのかもしれない。

 

私が抱える問題など

何も知らずに

 

ただ「年を重ねられる」という事が

シンプルに素晴らしい事なんだって

 

きっと同じように

思っているのかもしれない。

 

と思ったら

 

私が今

乳癌であろうが

乳癌ではなかろうが

 

今日という新しい日を迎えて

また一日、年を取れてる事が

シンプルに素晴らしく

それだけで価値のあるものなんだ

 

って心から思えたら

毎日が誕生日じゃん。

 

だから

 

「癌を治す!」

と目標を立てて

エベレストを

裸足で登るような感覚に襲われたり

 

「自分はできる!」

って自分自身を奮い立たせて

太平洋を泳いで渡る感覚にならずに

 

ただ単に

 

あ〜、今日もまた目覚められて

よかったな〜ぁ

 

と、お花畑で太陽を浴びながら

両手広げて寝転ぶ感覚を

 

1日に何度か

自分自身に「感じさせてあげる」事って

大切なんじゃないかと思った。

 

f:id:kenkohuntermio:20181226045537j:plain

 

実際にやってみると

 

確かに癌への怖さが

薄れていった。

 

なぜなら

 

それは

「未来」にフォーカスしてた

自分の念(執念、怨念)を

 

「今日」という与えられた

時間だけにフォーカスしてたら

 

怖さではなく

豊かさが

浮き上がってくる。

 

癌治療なんていう

未知の世界を

 

私の小さな脳みそで

計算して乗り越えようとしても

数値通りには進まないんだ。

 

わからないもの=不安

はとっとと手放して

 

わかるもの=食事や生活習慣

をまずは見直してみよう。

 

って思って進んだのが

私の新しい生活習慣の基盤を作りました。

 

それが

 

このブログでご紹介している

 

・メープル重曹

・アミグダリン

・16時間断食

・断糖

・食事制限

・アルカリ性飲料

・発酵食品の摂取

・還元茶

・深呼吸

詳しくはこちら

 

などを主とした

自分なりの生活改善でした。

 

======

 

 

これは

 

今、終わってみて

これ⬆︎は良かったよ

 

って公言できるけど

 

それをやっている最中は

それが「いい」のか「悪い」のか

 

全くわからず

 

下手したら

癌細胞の成長を

自分の手で加速させてしまうかも

 

という恐怖と

常に隣り合わせな日々なのですよ。

 

私は医師でもないし

乳癌初心者な小心者で

 

癌の「経験」ないから

 

全くの未知の世界に飛び込んで

 

「これで癌を縮小させるぞ」

 

なんて事

 

そもそも無謀で

清水の舞台から飛び降りるような

馬鹿げた事だとわかっているから

 

なおさら

 

自分を信じるしかできなくて

 

自分の人生だから

自分で納得した死に方を

選べるはずだ

 

って思っていた。

 

とは言え

私も一応人間なので

怖いものは怖いのです。

 

そんな時

 

どうやって

その得体の知れない恐怖を

克服できていたのか?

 

というと

 

それは

 

私にとっては 家族でした。

 

当時

 

私は子供達には

自分の癌を伝えていなかったので

 

子供達はただ自然に

日々満たされて過ごしてくれてれば

それだけで満足

 

という状態だったので

 

支えられた、

というよりも

 

勝手に癒されていましたが、

 

夫は神でした。

 

確実に夫は

私にとっての神でした。

 

夫は

 

心配=力を信じていない

 

と言う事を身をもって

教えてくれた。

 

つまり

 

自分(夫)が必要以上に

相手(私)を心配する

 

と言う時はつまり

 

相手は治らない

 

と信じているのと同じ事。

だから心配になる。

 

「心配」とは

「できない」が前提の心の動きだから

 

癌には敵わない、

と信じた時その人は心配になる。

 

だから

 

相手(私)は絶対に大丈夫

って信じきると

 

必要以上に心配したり

アタフタしたりする事なく

 

ただ

「解決策」を求めて

必死に癌について勉強してくれた。

 

すると

 

まず「してはいけない事」が

明らかになって来た。

 

癌になったら

 

してはいけない事

 

その1:

体を冷やさない。

寒い所に行かない。

 

だから私の体が冷えないように

色々と支えてくれた。

 

その2:

砂糖を摂らない

 

だから甘いものを「ちょっとだけ」と

言って食べる私を彼は叱った。

 

その3:

私が試すもの全てを

彼も一緒に摂ってくれた。

 

まずいと評判のメープル重曹も

ヒ素中毒の可能性があるアミグダリンも

 

アレもコレも全て

彼は一緒に試してくれた。

 

その4:ストレスを溜めない

嫌なことは一切しない。

好きなことをひっそり続ける安心感。

 

そして溜めてる感情

・幼少期の辛い経験

・心に残ってる苦しい経験

・心から嫌だと思ってる感情

などをお互い静かに話しまくることで

心の中が軽くなる。

 

すると

 

何が起こるか?

と言うと

 

まず「彼の」体調が

良くなってくるのです。

 

そりゃそうですよね、

彼は癌ではないので

免疫力がちゃんと高い状態なのに

 

上記をすることで

更に免疫力が高くなる。

 

だから

 

糖分を摂取しなくなり

腹八分目になり

肉、魚、卵、乳製品の量が減り

添加物、インスタント食品を食べず

スパイス摂って(ニンニク、生姜、ターメリック他)

発酵食品を食べて

アルカリ性飲料を飲んで(レモン水など)

深呼吸を意識的にして

散歩など(私はヨガ)を毎日して

早寝早起きして

 

プラス

毎日の変わらぬ日々に感謝してたら

 

体調が良くなるはずだわ、

って二人で笑った。

 

一緒に支える側の体調も

良くなっていくのが

本当の意味での治癒なんだ

 

って実感したのでした。

 

そんなこんなで

私の癌腫瘍も

 

半年で5センチ以上縮小する

 

と言う現実が訪れた訳です。

 

 

そうすると中には

「私の夫は支えてくれない」

「私の夫は寝転んでテレビばっか見てる」

 

と言う人もいるかもしれない。

 

でも

 

それが

今のあなたに必要な事だったりするのです。

 

つまり

 

「助けを求める」と言う事が必要な人には

言わないと助けてくれない人が

目の前にいたりするから

 

「なんで支えてくれないのよっ!」

ってガミガミ怒るのではなく

 

「◯◯をして欲しい。」

「◯◯をしてくれたら嬉しい。」

 

ってちゃんと自分の気持ちを

伝える必要があるのが

「あなた」なんですよ、

 

って事なので

相手は鏡であり、神です。

 

「テレビばかり見てる」

と言うのなら

 

「あなたが」人目を気にせず

寝転んでテレビを見るような

マイペースな精神が必要なのかも

 

と言う事かもしれない。

ジャッジとか、人目とか、正義感とか

自分にとって「重荷」となってるものを

相手が映し出してくれてるって事なので

 

やっぱ相手は鏡であり、神なのです。

 

だから

 

手伝ってくれても

手伝ってくれなくても

 

それぞれの現実が

「今のあなた」には必要で

 

そこから何かのヒントが必ずあるよ。

 

他人と比べるんじゃなくて

今の現実が与えてくれてる事から

ヒントを探し出していこう。

 

そうやって

自分を深めていくと

自然と相手との関係も深まる。

 

家族がいる人は

家族も巻き込んで

一緒に幸せになっていこう。

 

家族がいない人は

自分が自分を満たす

と言う究極の幸せを手に入れてください。

 

それぞれに与えられてる

人生のスパイスを

もっと味わっていこうと思う。

 

次回の更新は12月30日(日)午後6時です。

 

いつも私の体を整えてるアイテムはこちら⬇︎

<体内70兆個の細胞は食事で創られる>

●私の「免疫力アップ」必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

 

<体・心・頭を繋げた乳癌治療法>

●乳がん克服に必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。発酵瓶の作り方も詳しくお伝えしています。

mio-kiyooka.mykajabi.com

  

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ