自然体で乳がんと向き合う

乳がんを余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然療法、無治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん動画も配信しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

全摘されたYさんの驚異的な回復力の秘訣<乳がんブログVol.381>

 

<お知らせ>

コツコツ一人で続けてきたこのブログですが、2年が経ち、私が書いた記事を「実行」して下さった方々の反応、作用、効果などが続々と寄せられてきています。

乳癌を経験してたどり着いた一人一人の声が、今、まさに乳癌と向き合い始めた方々の、何かの支えになるかもしれない。その声を広げていくのは意味のある事だと思います。例えば

 

・作った料理、お菓子の写真

・発酵食品のレシピ

・◯◯を続けたら、こんな効果があったよ

・◯◯をやめたら楽になったよ

 

そんな事をシェアできる方は、本当に些細な事でも、誰かにとっての必要な言葉だったりするので、深く考えずにお気軽にこちらまでご連絡いただくか、ブログをお持ちの方はリンクを貼りますのでブログ名をご連絡ください。

 

一人の小さな言葉が、どこかで今も泣いている悲しみのドン底に沈んでいる誰かの光になるかもしれません。ご自分の体験した事を表現したいと感じている方、何かに向かって新しい一歩を踏み出したいと思っている方は、どうぞ直感でご連絡ください。

 

よろしくお願いいたします。

 

清岡 美音

 

=======

 

先日お話しさせて頂いた

Yさんの経験を

シェアさせて頂きます。

 

同じような境遇の方の

何かの参考になりますように。

 

***

 

Yさんは

 

数ヶ月前に

全摘手術をしました。

 

その手術の後

病室を共にしたのは

 

全く同じ日に

同じような手術をした方々でした。

 

つまり

 

同じ乳癌手術を

同じ日にして

同じ病室で数日間一緒に過ごし

 

退院へ向けて

同じ意識で頑張った。

 

だけど

 

なぜか

 

術後の経過が断然に違う。

 

乳がんの手術では大抵

ドレインという

リンパ液を体の外に出す為の

管をつけるので

 

術後数週間は

患部から管が出ている状態が続きます。

 

だから

 

リンパ液の色も見えるし

リンパ液が流出してる量もわかる。

 

リンパ液の色に関しては

初めは茶褐色で血液が混ざったりしますが

次第に薄まり

 

リンパ液の量に関しては

組織の回復が早ければ早いほど

漏れ出すリンパ液も少なくなります。

 

 

Yさんの場合

 

術後数日経った

ドレインの色の透明度や

ドレインから排出されてる量が

 

他の方々と比べて

 

断然に回復の速度が早く

担当医も驚くほどだったようです。

 

では

 

それは

 

なぜでしょう?

 

同じ日に

同じような手術をして

同じ環境(病室)だったのに

 

他の方々より

Yさんの方が

回復力が早かった。

 

それには訳があります。

 

=====

 

 

その差を生んだのは

 

ズバリ

 

食事でした。

 

Yさんは

 

入院の際に

ご自宅から病室に

持ち込んだ食品があります。

 

それは

 

・黒にんにく

・アップルサイダービネガー

・びわ茶

・還元くん

・ぬか漬け

(商品の詳細はこちら

 

f:id:kenkohuntermio:20181204100731j:plain


 

 

などで

 

入院食の代わりに

これらを摂取していました。

 

加えて

Yさんは

 

手術前から

このブログを参考にして下さっていて

 

常に体内を

アルカリ性にすることを

念頭に置く生活を心がけていたので

 

手術後の免疫力を

劇的に早める事ができたのだと

仰っていました。

 

また

 

病院の言いなりではなく

「自分で自分の体に責任を持つ」

という事を

 

実践=食事を持ち込んだ

 

という実際の行動が

 

結果を変える

体内環境を変える

自分を変える

 

という事に結びついたのです。

 

 

ほんと、シンプルに

 

納得いくまで行動した結果

納得いく結果が出て

よかったな、

 

と心から思います。

 

 

Yさんは

 

私のブログに書いてある事で

 

実践していないのは

薬事法により入手が困難な

「アミグダリン」だけ

 

という

 

まさにすごい行動力で

 

吐く方もいるくらい

絶大な不人気を誇る

メープル重曹も

 

「美味しかった」

と笑っておられました。

 

味覚も本当に

100人いたら

100通りなので

 

一概に結論は出せませんが

 

メープル重曹は

アップルサイダービネガーを

少量足すと飲みやすくなる

 

と仰っている方もいるので

苦手な方は

色々と試してみてください。

 

=====

 

今回の手術でYさんは

 

全摘はしましたが

再建はしないと決め、

 

覚悟を決めたらスッキリとして

体も軽くなると同時に

 

それ以上に

心も軽くなったご様子でした。

 

術後の経過に悩むご様子もなく

 

術前から取り組んでいた

発酵系の料理などを

術後も続けていたら

 

料理のレパートリーが

どんどん広がって

 

前は嫌いだった料理が

 

今は楽しくて

一日中キッチンにいるらしいです。

 

f:id:kenkohuntermio:20181201030703j:plain

 

 

⬆︎の写真は

Yさんが送ってくださった

ヘンプシード入り

バナナココア蒸しパンです。

 

やばいくらい

美味しそうですよね。

 

料理本に出てそうなレベル。

 

こちら⬇︎の内容も創造的で

エナジーボール(モリンガ入り)と

マヤナッツ入りバナナ蒸しパン

 

f:id:kenkohuntermio:20181202171726j:plain

 

昔は料理嫌いだったなんて

信じられないプロ級。

 

加えて

 

f:id:kenkohuntermio:20181202172136j:plain

 

・砂糖や油の見直し

・グルテンフリー

・スーパーフードの摂取

 

電子レンジの使用も控え

電磁波の少ない「蒸す」という

手法で楽しんでおられます。
 

こうして人って

 

何かのキッカケにより

劇的に変わっていけるのです。

 

そのキッカケが

 

Yさんの場合は

たまたま「乳がん」だった

 

というだけであって

 

人生の方向転換に必要な力だった

という事かもしれません。

 

嫌なことや

悲しいことの裏には

 

それと同じだけの

パワーを持つ矢印が

反対側にも絶対伸びてるから

 

嬉しいことや

幸せに気づくことができるんだ。

 

だから

 

反対側の存在に

気づいて受け止めていけば

 

乳がんは「通過点」だったって

腑に落ちることができる。 

 

ちなみに

 

Yさんが参考にして下さった

私の過去記事は

 

こちらの記事と写真⬇︎などです。

 

発酵瓶(ABCドリンク)とか

 

f:id:kenkohuntermio:20181201024904j:plain

 

 

ファイトケミカル満載の

ベジブロスから作る発酵スープとか

f:id:kenkohuntermio:20181201025016j:plain

 

f:id:kenkohuntermio:20181201032513j:plain

 

f:id:kenkohuntermio:20181201032427j:plain

 

f:id:kenkohuntermio:20181201032533j:plain

 

スーパーフードとか

f:id:kenkohuntermio:20181201025406j:plain

 

 

軽食とか

 

f:id:kenkohuntermio:20181201025744j:plain

 

発酵スープとか

f:id:kenkohuntermio:20181201025730j:plain

 

そうやって

 

ご自分で

どんどんと料理をしていくうちに

 

嫌いだった料理が

好きになり

 

今では

一日中キッチンで何か作っている

 

って

 

なんか素敵。

 

新しい自分を発見した瞬間。

 

乳がんの反対側には

 

自分の細胞を喜ばせる「食事」

という原点があった。

 

========

 

こんな風に

 

「乳癌の前」には

何の興味もなかった日常の一コマが

 

乳癌になったことで

目覚めて

才能を発揮する

 

って事は

頻繁にあるのだと思う。

 

確かに

 

乳癌になったのは辛い。

 

でも

 

現実を受け止めて、

やることやったら、

 

後は前を向いて

生きていかないと

時間がもったいないよね。

 

歩き出すには

大きな一歩じゃなくて

 

小さな一歩でいい。

 

昨日より

上手にスープが作れた。

 

昨日まで

作った事がなかった

料理を作ってみた。

 

昨日より早く寝た。

 

昨日までは

全く興味なかった

ヨガをやってみたら

意外と気持ちよくて

好きになった。

 

とか

 

そんな些細な変化を

「キャッチ」してあげる事が

 

自分を愛でる

 

って事だと思うよ。

 

だから

 

比較するなら

 

治った誰かとか

出来てる誰かとか

 

では絶対絶対なくて

 

比較するなら

昨日の自分と比較して

 

出来てるところを

褒めてあげよう。

 

昨日より

自分を責めなくなった

 

とか

 

昨日より

嫌な事をするのを1つやめれた

 

とか

 

なんでもいい。

 

 

とにかく

自分の出来てるところを

掘り当てて

褒めちぎる。

 

これって

大事な事だよね。

 

だって

 

自分を責めてる人は

人のことも責めるけど

 

自分に優しくしてる人は

他人を責めない。

 

これって

きっと何かの法則だと思う。

 

だから

 

「乳がんを治す」

 

という意識じゃなくて

 

「自分を愛す」

 

という行動をすると

 

乳がんは治って行くと思う。

 

その他、私の体を整えてるアイテムはこちら⬇︎

<体内70兆個の細胞は食事で創られる>

●私の「免疫力アップ」必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

 

<体・心・頭を繋げた乳癌治療法>

●乳がん克服に必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。発酵瓶の作り方も詳しくお伝えしています。

 

次回の更新は、12月8日(土)午後6時になります。  

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ