自然体で乳がんと向き合う

乳がんを余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然療法、無治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん動画も配信しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

乳腺&胸腺<乳がんブログVol.376>

 

私が勝手に尊敬している

こまがた医院の依子先生のブログでも

本当にわかりやすく乳房の事とか

教えて下さっていますが

 

胸が張る

生理痛がひどい

生理不順

 

とか

 

体にとって何1つとして

無意味に起こっている現象はなく

 

全てが完璧なまでに

 

精巧に

「自分の思考が具現化された」現象を

 

「症状」と呼ぶんだよね。

 

つまり

 

胸が張るのも

生理痛がひどいのも

生理が不順なのも

 

自分が自分で確立した

「生活スタイル=思考の現れ」の中で

 

これらを引き起こす「何か」があるから

それ(症状)が現れてる。

 

言い換えると

 

例えば生理痛に対して

 

毎月ひどく苦しいのに

何もしてこなかった

=体からの声を無視してた

 

から

 

自分の思考の現れが具現化されて

「現在の状態=苦しい生理痛」

を創っているし

 

何らかの処置をしてたとしても

楽になってないとしたら

 

それでも方法を変えずに

結局そのままの状態を維持してたら

それもそれで同じ事で

 

自分の思考の現れが

今の「現状」を創り上げている

 

という事になるのかな。

 

どれだけ今まで

自分を大事にしてきたか

 

とか

 

生理という現象を通して

どれだけ自分に向き合ってきたか

 

ということの集大成として

表現されてる「現実」なだけ

なのかもね、

 

って考えたら

 

じゃ、もっと真摯に

自分と向き合うには

 

自分の為に何をしたらいいんだろう?

 

って感覚が強くなるかもしれない。

 

先生いわく

 

生理前に胸が張るのは

 

老廃物が溜まってるから

 

っていうのも

まさにその通りだと頷けるのは

 

老廃物を溜める生活スタイルや

老廃物(ストレス)を溜める思考

 

があるから

 

老廃物が溜まるのであって

 

それを解消するには

 

老廃物を溜めないような

「行動」を変えていく必要があるよね。

 

 

あとこの一文もヤバかった。

 
胸が大きい人には
2種類のタイプがある
 
 
乳腺が発育して大きい人
 

 
脂肪の容積が増えて大きい人
 
 
乳腺が発育してる人ってのは
体重が減っても
あまりサイズは変わらない人
 
脂肪の容積が増えて大きい人は
体重が減ると
とたんにサイズが小さくなる人
 
乳腺が発育してるタイプの人は
流れがよくて
ちゃんと栄養が送られてるから
温かいおっぱいの人が多い
 

 
脂肪組織の容積が
増えてるタイプの人は
 
流れが悪くて乳腺が冷えて
脂肪が増えてるって人もいるから
 
意外に冷えてるおっぱいの人多い

 

 

なぬ?

 

って衝撃的すぎて

何度も読み返してしまった。

 

私は完全に

脂肪組織の容積が

増えたタイプの胸だから

 

冷えてる可能性は大ですね。

 

だから

 

依子先生がご紹介して下さっている

乳腺マッサージとか

本当に興味ある

 

けど

 

それ以前にやっぱ

 

「ただの冷え」とか

「ただの不調」とかって

 

自分を適当にあしらってきた

自分自身に対して申し訳なく思う。

 

======

 

そこで

 

乳腺はとっても大事で

乳腺マッサージも大事なので

 

行ける方は是非

依子先生に実際に会いに行くのがいいと

私は思いますが

 

それ以外に

今すぐできることもある。

 

それは

「なぜ乳腺が大事なのか」

という理解をする事ですが

 

乳腺がほぐれて

通りが良くなるということは

 

体が温まる

 

というのはもちろんの事

 

ほぐれて温まった乳腺から

 

①「胸腺」に流れ入る

血液とリンパ液が増加し

 

胸腺が活発化すると

 

②T細胞の製造が活性化されて

 

免疫力が上がり

癌細胞への攻撃力が高まる

 

という一連の流れがあるのです。

 

まず

 

①胸腺

胸腺については

過去記事でもお伝えしていますが

 

胸腺とは胸の中央に位置する

 

免疫の司令塔

 

と呼ばれる大事な部位で

胸骨の内側に守られるようにある

小さな臓器です。

 

胸腺が温かく緩むと

胸腺に流れ込む血液が増えるので

 

胸腺の機能が活発化します。

 

胸腺の機能とは

ズバリ「免疫力の司令塔」なので

 

胸腺の活性化は

もろに免疫力アップと直通しています。

 

②T細胞

免疫力アップとは

つまり「T細胞の威力」のこと。

 

このブログでお馴染みの

NK細胞(ナチュラルキラー細胞)も

 

T細胞も

もう1つあるB細胞も

 

みんな「リンパ球」の仲間ですが

 

T細胞は「胸腺で」

3つの細胞に分かれます。

 

その3つはどれも

免疫の司令塔の役割として

 

癌細胞が発生したら

攻撃し体を守り

常に体を保護している細胞の事です。

 

要するに

 

一日5千個も生まれ続けている

癌細胞から体を守ってくれてるのは

 

T細胞の働きによるものなので

 

そのT細胞を創っている

「胸腺」をマッサージしたり

温めてケアすることは

 

つまり

 

自分自身で

癌細胞を退治してる

=強い免疫力を創っている

 

という事と同じ事なのです。

 

確かに

 

免疫力は年齢とともに減速するけど

 

その減速するペースを遅らせることは

自分でできると思います。

 

つまり

 

胸の中央に手を当てて

優しくマッサージすることで

 

胸腺に

血液やリンパ液が流れ込み

免疫力がアップするって事だから

 

簡単に出るケアだけど

とても効果的だと思う。

 

胸腺ケアについては

バストケアのスペシャリストの

こちらのサイトもご参考ください。

 

 

f:id:kenkohuntermio:20181118143932j:plain

 

 

私はヨガを毎日する時に

 

例えば

「腕を上げる」という

動作1つをとってみても 

 

ただ腕の筋肉を使って

腕をヒョイっと上げるのではなく

 

胸の中央にある「胸腺」を

 

両側に広げながら

胸腺から伸びる

神経回路を伝わりながら

呼吸で広がる内臓と共に

腕が浮くように上にあがる

 

という

 

なんともマニアックな事を

意識しながらヨガしてますが

 

こうして「意識」する事だけでも

体は温かくなるよ。

 

何をするかは自分の選択だけど

 

それこそが

 

思考による行動

=現状

 

って事だから

 

変えたかったら

自分で変えられるし

自分でしか変えられない。

 

乳がんを克服するには

あらゆる「ピン」ときたものを

 

それは「改善」に向かってるんだって

腑に落としてから進む事だと思う。

 

<体内70兆個の細胞は食事で創られる>

●私の「免疫力アップ」必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

 

<体・心・頭を繋げた乳癌治療法>

●乳がん克服に必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。発酵瓶の作り方も詳しくお伝えしています。

 

♡お知らせ♡ 

同じ乳癌経験者として心の内をぶっちゃけて話せる「話し相手」がいたら心強いな、という私の個人的な希望を形にした「ぶっちゃけトーク」ですが、11月末をもって一時終了いたします。ご希望の方はお早めにご連絡ください。

 

内容は、カウンセリングなどの「聞く側、相談する側」という上下の関係は無しにして

 

・医師の話に納得できない事

・家族にも相談できない事

・誰にも理解してもらえない悩み

・家族だからこそ言いづらい事

・乳癌への不安

・治療法への疑問

・投薬への不安

etc

 

それぞれが抱える「問題」だと思っている問題を解き放す事で、心の奥底に溜め込んでいる思いをデトックスできたら、それも立派な乳癌治療だという個人的な信念の元に行います。ご興味ある方はこちらをご覧ください。  

****

 

次回の更新は、11月21日(水)午後6時になります。  

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ