自然体で乳がんと向き合う

乳がんを余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然療法、無治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん動画も配信しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

水素点滴、水素水、水素吸入、水素サプリメント。なぜ「水素」がいいのか?

 

ぶっちゃけトーク

水素療法についてご質問頂いたので

私がわかる範囲内で

この場をお借りしてお答えします。

 

同じような疑問を持っている方の

何かのご参考になりますように。

 

またぶっちゃけトークは

今月一杯で開催を終了します。

次回の開催は未定ですので

ご希望の方はお早めにご連絡ください。

(詳細は本文最後をご覧下さい)

 

=====

 

最近よく聞くようになった

 

「水素」の力。

 

水素水

水素点滴

水素水

水素注射

水素吸入

水素サプリメント

 

色々ありますが

 

最近では癌治療としても

水素吸引機を自宅に置ける

レンタルサービスもある程です。

 

ネットで「水素療法」と調べると

様々な病院やサイトが出てきますが

 

どれも説明がなんか難しい。

 

ので

 

私なりの解釈ですが

私が理解する範囲で書いてみたいと思います。

 

ただし

 

私は水素療法は実践した事がないので

それを勧めている・否定してる訳でもなく

 

ただの情報の一環として

ご査収ください。

 

=====

 

まず「水素」の何がいいのか?

を知るためには

 

「ブドウ糖」について知る必要がある。

 

ブドウ糖が癌の唯一の栄養源だということは

このブログを通して複数回お伝えしているので

ここでは説明を省きますが

 

ブドウ糖が実際にどんな事をするのか

 

というと

 

ブドウ糖を多く含む食事を摂取していると

 

ブドウ糖は細胞の中で

炭酸ガスと水に分かれます。

 

炭酸ガスが作られる理由は

血流を強制的に上げて

ブドウ糖の燃焼をする為に

エンジンをパワーアップしてるのです。

 

これは体内にブドウ糖が

残る事なく燃焼させようという

神的な体の働きなのですが

 

何らかの理由で

その燃焼率が低下していて

ブドウ糖が燃焼しきれずに残った場合

 

余ったブドウ糖は

「ビルビン酸」という物質に変化します。

 

このビルビン酸は活性酸素を作り上げます。

 

これが

 

先日の記事でも取り上げた

強い毒性を持つ活性酸素

=ヒドロキシラジカルの誕生の過程です。

 

 

その毒素(ヒドロキシラジカル)を

中和するのに

 

「水素」が効果的だという事なのです。

 

もちろん水素だけではなく

筋肉や器官の働きによる

新陳代謝が何より大事ですが

 

その源になる物質の1つに

水素はなくてはならない

 

という事なのです。

 

ここで水素が少ないと

 

ヒドロキシラジカルにより

組織や細胞が「酸化」してしまい

細胞が次々に癌化していく可能性があるから

 

酸化を食い止めるには

水素を始めとする

代謝機能と

酸化還元機能が

必要になるのです。

 

だから

 

ぶっちゃけ始めから

特に白砂糖などの糖分を

摂取しなければいいのですが

 

現代に生きてて

それは難しい上に

 

癌になった時点で

過去を振り返っても仕方ないので

 

現状によって違う対処が必要になる。

 

つまり

 

癌にはなったものの

元々の体質が「酸化体質」ではない人は

 

血糖値を上げない食事や

炭水化物や糖分の制限や

アルコールの制限や

肉や脂肪分の制限等によって

 

酸化=ヒドロキシラジカルの生産を

かなり食い止める事ができるから

 

食事療法が効く

=癌細胞も縮小していく。

 

また

 

膵臓には

酸化したものを

アルカリ性に還元する働きがあるので

 

膵臓を始めとする内臓器官が

きちんと働いてる人も

体内の抗酸化作用が強いので

自力で癌腫瘍を縮小できる場合が多い。

 

ただ

 

既に体内環境が

酸性に強く傾いてる人や

 

内臓器官の活動自体が衰えてる人や

 

化学療法を繰り返している人は

 

食事だけでは

酸化を食い止める事が難しい。

 

そんな場合

 

体内に発生するヒドロキシラジカルを

中和する作用がある物質は

 

水素

 

だという事なのです。

 

だから

 

酸化した状態を

強制的に還元する療法の1つとして

 

水素療法が注目されてる

という事なのです。

 

=====

 

ただ

 

そうは言っても

 

体内で様々な細胞の変換を経て

内臓や血の流れと共に

 

自発的に(体内のサイクルの一環として)

自然に「生産」される水素と

 

外から「人工的に」

与えられた水素では

 

体内での活動が

同じかどうかはわからない

 

から

 

水素療法に否定的な意見もあるし

 

逆に肯定的な意見もある。

 

つまり

 

結局たどり着くところ

 

やっぱり日々の生活全てが

体を作り上げているから

 

酸化物質である白砂糖や

肉類

揚げ物類

インスタント食品を

一定期間我慢することや

 

抗酸化作用が強い

発酵食品や

クエン酸を含む食品や

(梅干し、酢、レモン等)

アルカリ性飲料を

参考記事:必須アイテム

 

自分が必要だと感じた量

自分が必要だと感じる方法で摂取する事が 

 

根本からの体質改善(=意識改革)

へと繋がると私は思ってる。

 

f:id:kenkohuntermio:20180907102038j:plain

 

 

つまり

 

「水素がいい」と言われていても

 

それを「一部」として使うならいいけど

 

水素療法に「頼りきる」のは

私的には疑問を感じるし

 

そもそも

取り入れた水素を活性化させる

抗酸化治療とか酸化還元治療とかも

併用する必要が出て来ると思う。

(私はそのいづれも自分で体験していないのでただの意見ですが)

 

要するに

いつもの結論ですが

 

日々の食事は

実際に細胞を作る元になるから

最も見直しが必要な部分だと思うし

 

心を安定させることも

体を動かすことも

血をスムーズに流す事も

体を温める事も

ちゃんと寝る事も

 

当然だけど大事です。

 

世に溢れる情報は

本当に参考程度に留めておいて

 

ピンときたものを

自分の感覚という力量の範囲内で

使っていくといいと思います。

 

<体内70兆個の細胞は食事で創られる>

●私の「免疫力アップ」必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

 

<体・心・頭を繋げた乳癌治療法>

●乳がん克服に必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。発酵瓶の作り方も詳しくお伝えしています。

 

♡お知らせ♡ 

同じ乳癌経験者として心の内をぶっちゃけて話せる「話し相手」がいたら心強いな、という私の個人的な希望を形にした「ぶっちゃけトーク」ですが、11月末をもって一時終了いたします。ご希望の方はお早めにご連絡ください。

 

内容は、カウンセリングなどの「聞く側、相談する側」という上下の関係は無しにして

 

・医師の話に納得できない事

・家族にも相談できない事

・誰にも理解してもらえない悩み

・家族だからこそ言いづらい事

・乳癌への不安

・治療法への疑問

・投薬への不安

etc

 

それぞれが抱える「問題」だと思っている問題を解き放す事で、心の奥底に溜め込んでいる思いをデトックスできたら、それも立派な乳癌治療だという個人的な信念の元に行います。ご興味ある方はこちらをご覧ください。  

****

 

次回の更新は、11月19日(月)午後6時になります。  

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ