自然体で乳がんと向き合う

乳がんを余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然療法、無治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん動画も配信しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

毎朝10分間の瞑想を2ヶ月続けてみた。<乳がんブログVol.303>

 

事の始まりは

どこかで聞いたこの言葉だった。

 

=====

 

もし本屋さんに入って

どんな本を探しているのか

はっきりしてない場合

 

全ての本が必要な感覚になる。

もしくは

全ての本が不必要な感覚になる。

 

料理本も

健康についての本も

自己啓発の本も

旅行の本も

 

何もかも

なんとなく必要な気がして

なんとなく必要じゃない気がして

決定弾がない。

 

でも

 

もしクリアな意志があって

「これを」探してるってわかったら

その本を5秒で見つけることができる。

 

つまり人生も

これと同じだ。

 

=======

 

という内容でした。

 

その通りだと思った。

 

要するに

 

・自分のやりたい事がわからない

・探してるものがクリアじゃない

・人の意見に左右される

・どれもこれもすぐに飽きそう

 

そんな場合は

 

どんな情報であっても

自分に有益にはならない。

 

どんなに投げまくっても 

的にダーツが当たらない状態と同じ。

 

つまり

 

その時その時に

明確な自分の意思があれば

 

どんな声にも邪魔されずに

自分の望みに向かって進んでいける

 

けど

 

大して意思がクリアじゃないと

フラフラする状態が続く。

 

だったら

 

欲しい対象がクリアになるまで

そもそも本屋に行かない

という選択もある。

 

 

言い換えると

 

本心を覆っている

邪念を払う為の行動をしてから

動き出すと

 

ストレートに欲しいものが手に入る。

 

その「邪念を払う行動」が

 

瞑想。 

 

=====

 

 

ということで

 

毎朝、10分間の瞑想を

2ヶ月続けてみました。

 

f:id:kenkohuntermio:20180606063235j:plain

 

瞑想というと

ピンと来ない方も多いかもしれない。

 

座ってるだけでしょ?

そんな時間ない。

忙しい。

 

色々あります。

 

でも

 

朝10分早く起きるだけ

と思ってやってみた。

 

理由は

特に朝は思考がまだ穏やかな状態だから、様々な情報や周囲の言葉に邪魔されていない「素の自分=自分が一番自分らしい」状態なのです。特に朝起きた直後は、寝ている間のα波(脳波が潜在意識と一番繋がりやすい状態)がまだ引き続いているので

 

ハット気づく事

ひらめく事

直感で何かを感じる事

 

そんな感覚に一番敏感になれるのが「朝」起きてすぐ。

 

その時に「何かに気付こう」とか「何かを知ろう」とか努力せずに、ただただ静かに座るだけ。そして後は「宇宙の力にお任せします」といった手放しの感覚で、何かのヒラメキがあってもオッケー、なくてもオッケー、としてただ座る。

 

自分の頭がまるでココナッツになってしまったかのように、ただ首の上に乗ってる物体として置いておくだけで、何かを考えようとかせずに、頭の中を真っ白にして、ただ呼吸する。

 

何も期待しないで座る。

期待しないで座ると言うことにすら、期待しないで座る。何かが良くなるとか、何かに気づくとかも期待しないで

 

ただ時間を流す。

 

一見「だから?」と思うけど

 

私はここ数ヶ月

朝の10分の瞑想を欠かさなかったら

自分の中に変化が起きた。

 

これはやった人にしかわからない

なんとも言えない感覚だと思いますが

 

始めて1ヶ月くらいで

瞑想なしで一日を始めると

なぜか落ち着かない自分に気づく。

 

その日一日を落ち着いて過ごす事って

そもそも選択の連続で成り立ってる

私たちの生活には

とても大事な精神状態。

 

そんな意味で

たった10分の朝の瞑想は

かなりの効果があると個人的には思うのです。

 

ただ

ここで犯しがちな勘違いがある。

 

それは

 

自分の意思をクリアにする

=頭をフル回転させて考える

 

と思いがちですが

実は全く逆で

 

私たちが「思考」を使って考えられる事なんて、今まで「経験」してきた事をベースとしているに過ぎない。

 

自分のほんのわずかな「経験」なんて

地球誕生から見たら点にも満たない。

 

その限られた「経験値」の中で

アレコレ考えるのではなくて

 

そもそも

 

重力や

生命誕生などという

突拍子もない未知な世界に

生きてる自分の状況に

 

身を任せて

委ねてみる。

 

それが瞑想。

 

=====

 

こうして心と体は繋がっていける。

 

心と体と頭(潜在意識)が繋がった時

自分の「本能」と直結するから

 

本屋さんにいったら5秒で必要な情報を探せるように、日常生活でも自分の望む情報が手に入りやすくなる。

 

だから

 

もし朝10分早く起きて

心静かに座ってみたくなったら

 

何も期待せず

 

ただ宇宙の真ん中に座るように

 

何も考えないで

深い呼吸を繰り返す。

 

できれば2ヶ月。

 

きっと何かに気づくと思う。

私がそうだったように。

 

すると

すぐに現れる変化の1つに

 

「迷いが消える」

と言う現象が起こる。

 

具体的な例を挙げると

 

あそこのサイトでは

人参ジュースが癌治療に効くといい

 

こっちの本では

人参ジュースには糖分が多すぎて

逆に癌細胞を成長させるという。

 

または

 

向こうのサイトでは

朝ごはんはしっかり食べろといい

 

こっちのサイトでは

朝ごはんは抜いた方がいいという。

 

「もぉ、どっちなの!」

と言うそんな感覚も

 

「どっちも正解」ってわかる。

 

自分にとって「心地いい」って感じる方が

常に100%正解なのは

もう決定事項。

 

ただ

 

その

 

「自分にとって心地がいい」が

はっきりわからないから苦労するだけで

 

それも次第に

瞑想するとわかっていく。

 

本当に自分が欲しているのか

頭で理解しようとしてるだけなのか

心の底から求めているのか

誰かに植え付けられた思想なのか

人の反応を気にしてるのか

権力者の言葉だけ信じているのか

 

わかるようになってくる。

 

私は

 

独自で乳がん治療を

1人でコツコツ続けてきたから

 

その揺らぐ気持ちや

不安な気持ちがよくわかる。

 

つまり

 

誰よりも人の意見に左右されやすい私が

自分の意思を知りたいと思って始めたのが

 

瞑想。

 

でも今は

意思を知りたいとすら思わない。

でも意思があるとはわかる。

 

とにかく 

昔からヨガで瞑想はしてたけど

やっぱり朝一の10分間の瞑想は

スペシャルな気がします。

 

わたしは瞑想する朝の10分が

何とも言えなく大好きです。

 

※ちなみに人参ジュースですが、私は2年程前は人参+リンゴジュースを飲んでいて、途中で飲みたくなくなったのでやめて、その後人参の発酵ジュースを作って飲んで、それもまたやめて、最近はコールドプレスで人参を毎朝2本分飲んでいます。これもまた、いつやめたくなるかわからないけど、今は飲みたいと思うので飲んでいます。だからそれぞれのタイミング。それぞれの必要性。 体が答えを知っている。その答えが、瞑想をしてるとヒョッコリ現れてくるのです。(わたしの場合)

 

●私の「免疫力アップ」必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

●乳がん克服に必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。

 

次回の更新は、6月8日(金)午後6時になります。

  

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ