自然体で乳がんと向き合う

乳がんを余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然療法、無治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん動画も配信しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

血液、肝臓、腎臓、こころ<乳がんブログVol.269>

 

 血(赤血球)が

 ⇐このくらいの大きさだとしたら、

 

血管は

⇐このくらい。(例えですが)

 

赤血球の方が

血管より大きいので

血管を通る時

 

赤血球は  こんな感じに

細くなります。

 

でも

糖分や脂分が血液中に多いと

脂分が邪魔して ❚ に変形できなくなり

 のまま無理やり血管を通る事になります。

 

すると

 

細い血管から徐々に

太い血管まで詰まっていきます。

 

これらの現象は癌だけでなく、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞の他、万病の元になります。

 

当然

 

血管が詰まると、酸素や栄養ををスムーズに体内に届ける事ができません。すると、栄養が届かない免疫細胞たちは、死滅します。こうして免疫細胞が減ると、ガン細胞を除去する体の力が衰えます。

 

そして先日のこちらの記事にも書いたように

内臓が大打撃を受け

機能が過労し

免疫力が低下します。

 

全ての病は

免疫力の低下と関わっている。

 

それにより

 

はじめに強く影響を受ける内臓は

 

◎腎臓(じんぞう)

血液の洗浄が一番の大仕事である腎臓は、老廃物をろ過して、尿に排出し、体内の水分調整をし、血液をアルカリ性に整えます。単純に考えて、その機能が全て衰える、という事です。

 

ここで

 

すぐ実行できることは

食べるものを制限すること。

 

特に

糖分、脂肪分、炭水化物、肉、揚げ物

一切NG

 

初めは辛いけど「とにかく1年は続けてみよう」と自分に言い聞かせて、私は実行しました。何事も「習慣だから」やっている(食べている、好きだと思っている)だけで、それが果たして「本心から欲しているか」とは別問題なのです。

 

そして強制的でも

食事制限を1年続けてると

 

必要なもの

不必要なもの

必要な量

が自然にわかる体になっている。

 

こういった行動は

「昨日の自分が全てではない」というマインドのリセットにも効果的です。いつからでも自分は「意識の持ち方次第」で新しい自分になれるのと同じように、体も新しい体として、細胞を目覚めさせる事は可能だと思っています。

 

 参考記事:命の臓器<腎臓>

 

 

同じく

 

◎肝臓

肝臓は、脂肪分が多すぎると、それらを吸収して肥大します。例えば

 

脂肪分の過剰摂取

加工食品の過剰摂取

薬の過剰摂取

栄養が極度に偏ってる

飲み過ぎ

により肝腫大になる場合がありますが

ここでのキーポイントは「過度」です。

 

何かの過剰摂取や、過度な偏り。

 

この「過度」という実態を見て

自分の心の中の

「何が自分を過度に行動させているのか」

を直視するべき時期にいる

と考えてみる事です。

 

例えば

「何に」怯えて薬を過剰摂取するのか。

 

「何の欲求」を紛らわしたくて

脂肪分の多い食事を過剰に摂取するのか。

 

「何を恐れて」

栄養失調になってしまうのか。

 

それ以外にも

過度の運動

過度の仕事

過度のストレス

過度の愛情

過度の心配

 

全ての根源は「恐れ」です。

 

つまり

 

「偏り」は自分の中の恐れの表現であると「行動をみて知る」事で、何かにこだわり過ぎている時や、ちょっとやり過ぎてるかな、と気づいた時はその「サイン」を受けて立ち止まり、修正する。

 

何事もフラットな状態=中庸

が心地いいと個人的には思うので

自分を客観的に見る練習を積み重ねています。

 

また肝腫大とは反対の症状で

肝硬変というのがあります。

 

これは

 

肝腫大により肝臓の細胞が死滅して、今度は肝臓が硬く小さくなる状態を指します。これは癌への特急便です。

 

「病を治したければ、まず肝臓を見よ」

 

という言葉通り、肝臓の機能低下がもたらす衝撃は身体全体に影響するので、今現在、乳がんなどの病と向き合っている方は、ぜひ癌腫瘍だけにフォーカスするのではなく「肝臓・腎臓」の機能を活発にする事に目を向けてみて下さい。

 

約1500グラムもある肝臓は

 

添加物、有害物質、毒素、化学物質、老廃物、などを取り除き、分解して、体内で使えるように加工し、全身に送ります。それ以外にも細かい作業を合わせると500以上の働きを担っています。

 

第二の心臓と言われる肝臓を思う気持ちは

心にも体にも反映されていくのです。

 

つまり

 

肝臓・腎臓の機能を活発にする

具体的な方法は

 

「自分に優しくする」ですよ。

 

参考資料:病を治したければ、まず肝臓を見よ

 

f:id:kenkohuntermio:20180330092116j:plain

 

要するに

 

癌治療の基本は

内臓を丁寧に扱うことから始まります。 

 

・生野菜、果物

発酵食品

発酵ドリンク

・根菜類、海藻類

アルカリ性飲料

 

などで調整しながら

 

温かい緑茶をゆっくり飲んだり

丁寧にビワ茶を煎じたり

お風呂に温まったり

早寝早起きしたり

深い呼吸を意識したり

 

内臓(特に肝臓・腎臓)の活動を妨げる事なく、それぞれの働きを出来るだけ引き出せるように

 

自分の体を見て

自分の心を見て

 

自分の行動を心地いい方向に変える。

 

こうして

 

自分の時間を大事に過ごしていくと

 

自分の中でのバランスが取れ

吸収と排泄のバランスが取れ

稼働と休息のバランスが取れ

左右のバランスが取れていきます。

 

ちなみに

 

身体の右側は

男性性、太陽、行動性、陽、積極性、向上心、リーダーシップ、父親などを表し

 

身体の左側は

女性性、月、感性、静寂、芸術性、優しさ、共感、想像力、受容性、母親などを表しています。

 

人間の体はバランスを中庸に保つ事が必要であり、その結果、精神的にも肉体的にも安定していくのです。

 

とにかく体は

 

私たちが頭でいくら計算しても出来ないことを

生まれてから今までずっと休むことなく

続けてくれています。

 

免疫細胞は今、この瞬間も分裂しています。

新しく元気な細胞で体を塗り替える事が

意識、知識、行動でできると信じています。

 

●私の「免疫力アップ」必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

 

●乳がん克服に必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。

 

次回の更新は、4月1日(日)午後6時になります。

  

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ