自然体で乳がんと向き合う

乳がんを余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然療法、無治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん動画も配信しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

もはや何が本当なのか?<乳がんブログVol.259>

 

ネットに溢れる情報なんて

 

もはや何が本当で

何が嘘なのか

さっぱり解らない。

 

癌治療の研究者の意見は?

 

ある意味、正しいのだと思う。でも記号を使って説明されたり、栄養素の分子とか、ミクロの話をされてもさっぱり理解不可能だし、何よりそれを「自分の体に」適応させる為には、何をどうすればいいのかわからない。

 

f:id:kenkohuntermio:20180310125235j:plain

 

結局、私達は感情を持って生きているから、体内で起こる生体反応を読み取って、それに従って生きていくなんて不可能です。マウスや試験管での反応ならともかく、実際の体内の反応は

 

100人いたら100通り違う。

 

つまり

 

研究結果は「知識」でしかないし、その知識すら専門的すぎると、そもそも難しすぎて「理解した上で実行」など、限りなく不可能に近くなるわけです。

 

かと言って

 

井戸端会議のように「隣の◯◯さんが、◯◯をして癌を治した。」などの情報も全く参考にならない。私は以前、同じような経緯で、知り合いから「このビタミンCの錠剤を一日30錠飲んだ方ら癌が消えるんだって」と言われ、大きなビタミンC錠剤の瓶を手渡されたけど、かなり迷惑だった。(しかもそれは中国産だったし。)

 

手渡す人は「良かれ」と思っているのは十分承知していますが、実際に乳癌を発症して、(私のように)食事制限をして限られた栄養源で体をメインテナンスしてる場合は、その「一粒」は貴重だし、その「一粒」が何かに過敏に反応する可能性は高い。それがいい方向に反応すればいいけど、逆の可能性もある。

 

 

だから

 

そもそも

 

その「専門的VS素人」の

バランスを取るために

 

「医師」がいる。

 

一般人には理解できない論文や、研究結果や、専門医学レベルの「難しい話」を、噛み砕いて説明してくれる存在が医師であり、同時に毎日接している「患者」からの生の声を聞き、生の反応を実際に診ながら

 

医師は患者の

「道しるべ」的な存在となる・・

は ず 。

 

意識の高い医師は中にはいます。そして、そんな医師を直感的に信じて行動する人も多く、それは幸せな巡り合わせだと思う。

 

ただ

そんな医師に出会えている方はラッキーで

 

実際には

 

そんなラッキーな人ばかりではない。

 

医師との運命的な巡り合わせを経験していない多くの患者は、ある程度自分で進んで行く必要があるのです。

 

========

 

そこで

 

素人の私たちは「すぐに実生活に活かせる」方法を知ることが必要になってきます。

 

頭で理解してても、体で実感できないと、やる気も出ないし、力も湧いてこない。

 

そこで

 

判断基準となるのが「味覚」なのです。

 

食べた瞬間の

「これ、いいかも」という直感です。

 

例えば

 

ニンニク、ニラ、ネギ、玉ねぎ、ラッキョウ

と呼ばれる五葷(ごくん)とは

 

「私的には」積極的に取りたい食材だと思うのですが、

 

精進料理的に言うと

体に強すぎるので「食べない」方がいいとされています。人間が本来持っている「気」を傷つける野菜だとも言われています。

 

マクロビ的に言うと

陰陽のバランスを崩すので避けられています。

 

懐石料理でも

品格がある料理には、五葷は存在感が強すぎる為、味が下品になると言われ避けられている食材です。

 

古来の糠床では

ニンニクは糠床の乳酸菌を消してしまうと言われ、使うことはありませんでした。

 

一部のベジタリアンには

肉や魚を食べない体に、五葷は強すぎて体調を壊すとされています。

 

このように

 

ニラ=肝臓を痛める

ニンニク=心臓を痛める

ラッキョウ=膵臓を痛める

ネギ=腎臓を痛める

玉ねぎ=肺臓を痛める

 

と言われていますが

 

でも

でも

でも

 

「わたし」は

どれもこれも必要だと感じる。

 

五葷全部、「私の」内臓に悪いとは思えない。

 

だから

 

結局「自分」なのです。

 

五葷も発酵食品も「わたし」にはいいと思うけど、全ての人に当てはまるわけでもないと思う。こちらの商品も同じように、「私は」いいと思うし、体にもあっていると思っています。

 

なにが

自分の免疫力を上げ

 

なにが

自分の腸を整えるのか。

 

それを自分自身で見極めて行くのが

自分の体に責任を持つと言うこと。

 

口に入れるもの

一つ一つを

自分の体と照らし合わせて

知っていこう。

 

自分自身を一番知っているのは

「自分」でありたい。

 

●私の「免疫力アップ」必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

●乳がん克服に必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。

 

次回の更新は、3月12日(月)になります。

  

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ