自然体で乳がんと向き合う

乳がんを余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然療法、無治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん動画も配信しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

心の安定とは?<乳がんブログVol.253>

 

このブログは、私自身が実践した乳がん治療において、読み進んだ数々の論文や医学資料が、とても難しく書かれており、理解するのに多くの時間を費やし、そして失敗を繰り返しました。その為、皆様がその労力と時間のロスを省けるように、出来るだけ分かりやすくお伝する事をモットーとしています。Mio

 

=========

 

前回の記事「乳がん2年・私の実験結果」では沢山の反応を頂きありがとうございました。それぞれ自分に必要な所だけ、自分にいいように抜き取って、実生活に活用していただけたら嬉しく思います。

 

=========

 

 

乳がんになって

 

ありがとう

 

とは別に思わないけど

 

1つだけ確かな事は

 

「強くなれた」キッカケの

人生の一コマにはなってる。

 

常に

 

ある種の「恐怖」があると言う事が

当たり前の日常を照らしてるのは確か。 

 

ここで言う

「強くなる」とは本当の意味での強さ。

 

頼まない

弱音を吐かない

意地をはる

命令的になる

威張る

 

とかでは全くなくて

完全にその逆

 

「心の強さ=本当の強さ」って

自分と、とことん向き合う事

 

つまり

 

「許容」だと思う。

 

自分の全てを許容する。

自分の過去を認める強さ。

 

それが育つと

 

他人に優しくなれる

 

だって

他人と自分を完璧に

「違う存在」だと認識できるから

 

他人と意見が違っても

「イラッ、なにそれ」ではなく

「あっ、そ。オッケー」になるから

 

イライラが激減して

 

毎日心が穏やかになる。

 

それが

 

免疫力をあげる

特効薬の一つです。

 

ただそれは一日じゃ育たない。

魔法じゃないから。

 

でも毎日常に意識してると

確実に育つ。

 

食物が種から成長するのと同じで

心の成長にも段階があるのだと思う。

 

f:id:kenkohuntermio:20170203204750j:plain

 

 

加えて

 

乳癌治療の視点からみると

 

乳癌とは遺伝である可能性は低く

全体の約95%以上が

 

食生活や

環境因子

が原因だと言われています。

 

例えば

 

母親も乳がん

 

だから

 

自分も乳がんになった

 

つまり=遺伝

 

という位置付けではない。

 

よく挙げられる例題が

 

母親の生き方、食べ方、考え方の影響をモロに受け、生活習慣や思考壁が極度に似てる場合や

 

母親が「正しい」という固定観念が強いあまり、自分自身を無意識に閉じ込め「母のような自分」や「母に気に入られる自分」を演じすぎて、「自分の本当の心」が悲鳴をあげてる状態は

 

遺伝ではなく

 

「依存」としての精神面の偏りが

 

免疫力を低下させて、様々な症状を発する要因である場合もあります。(※あくまでも一例です)

 

ただここで

 

だから母親が悪いとか

だから自分が悪いとか

 

はたまた食生活が悪かったとか

 

そんな事では全くなくて

 

「自分以外の人生を生きてますよー」

 

と言う警告を兼ねて

「乳癌」と言う現実が

症状として体に現れてるかも、

という可能性の一つです。

 

子供は母親の真似をしなくてもいいし

母親は子供の責任を負わなくてもいい

 

つまり

母とか子とか、この際脇に置いといて

 

それぞれ

「自分の人生を生きよう」

 

だって

「違う人間」なんだから。

 

血とか家族とかその前に

違う人間なんだから

違っていいよ。

 

心配しあって生きるんじゃなくて

尊重しあって生きていこう。

 

それに気づかせる警告として

 

母親と同じ乳がんになったとしても

不思議ではないと言う事です。

 

 

ここでのポイントは

 

何でもかんでも

遺伝だの

環境だの

母親だの

食事だの

 

乳癌になった原因を

「外」に求めるのではなく

単体としての「自分という存在」に

目を向けることが必要なのです。

 

もし自分が5%以下の

「遺伝子が原因の乳癌」でなければ

 

環境因子が原因なのだから

 

「自分で変えられる」

という事になります。

 

だってその環境を作り上げてるのは

自分自身以外にはいないんだから。

 

実際に

 

乳がんになった私たちは

 

この苦痛や

この恐怖や

長い道のりから

 

得られる「何か」を与えられている。

 

その「何か」を日々感じて生きる事が

 

結果的に

 

強い心の自分を作り上げ

強い免疫力を持つ身体を作る。

 

========

 

チベット仏教の尼僧

ペマ・チョドロンの言葉から抜粋

 

You are the sky.

Everything else is just the weather.

 

そうなの。

 

勝手に訳してみると(個人的な思いです)

 

あなたの存在は空

そのものです。

 

それ以外の全てのものは

ただの天候。

 

あなたは「空」として

不動の地位を自分の中に築いてけばいい。

 

堂々と誇り高く存在して

常に無限に広がり続ける。

 

周りに起こる全ての事を

どう感じるかはあなた次第。

 

あなたの存在は

自分で思っているより

遥かに大きな存在なのです。

 

虹も黒雲も、太陽も嵐も

輝く朝日も、夜の闇も

 

自分の受け取り方次第で

怖い存在にもなり

美しい存在にもなる

 

でも

 

元は同じ「空」。

 

天候を恐れたり

憎んだりするのではなく

 

「空の彩り」として楽しむ事が出来たなら

虹も一過性であり

暗闇も一過性であるってわかる。

 

人生も

 

一過性のものに左右されるのではなく

空の移りゆく幻想的な変化のように

 

自分の輝きを信じて

全てを客観視できれば

全てをギフトとして受け取れる。

 

こんな風に

この言葉を感じます。

 

瞑想もね

 

私はこの方の瞑想方法をしてると

体の細胞が落ち着く感じを受けます。

 

方法を簡単に説明すると

 

毎回の「吸う息」で

 

自分の気になる事

=私の場合は乳癌細胞や、それにまつわる「恐怖」という感情や、不安や嘆き、心配という自分の心を暗くする事なら「なんでも」いい

 

を吸い込みます。

=現実を受け入れるという事

=実は怖がってる自分を知るという事

 

そして吐く息で

フーッとその想いと共に、吐き切ります。

 

吐くときは何も期待せず、結果を求めず、変化を求めず、ただ「吐き切る」を繰り返してください。

 

YouTubeにあったのでリンクします。

興味のある方はご覧になってみてください。

 

www.youtube.com

 

食事も自分が必要とするものを。

生活も自分が楽しいと感じる方法を。

接する人も自分の心が安堵感を得られる人を。

 

そうやって1つづつ自分を知る事が、既に「健康」という状態に向かっている証拠。

 

自分の人生だから

自分の感覚を信じてみよう。

 

●私の「免疫力アップ」必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

●乳がん克服に必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。

 

次回の更新は、2月28日(水)20時になります。

 

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ