自然体で乳がんと向き合う

乳がんを余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然療法、無治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん動画も配信しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

目指すは基礎体温36.5度 <乳がんブログVol.238>

 

私はなぜか

 

寒い日や、雨が降ってる日に、乳がんの部分摘出をした手術の傷痕がピリピリ痛む時や、切除したリンパ節に沿って体の側面に違和感を感じる時があります。

 

また

 

メスを入れた裏側(肩甲骨)あたりが重かったり、足の付け根が重かったりする時もある。こんな日は、体の左右の違い(左側がやけに重いなど)を感じたり、ヨガをしててもどちらか片方が硬かったりします。

 

この痛みや違和感って「体が冷えてますよ」というサインなんじゃないかなぁ〜と思って、ある時から、体のどこかが痛む時は集中的に体を温めてみた。

 

そしたらやっぱり私的には確信に近い感覚で「温めると楽になる」と心身ともに感じました。

 

参考記事:HSP(ヒートショックプロテイン)

の過去記事でもご紹介したように、人は「温めると発生する、特別なタンパク質」があります。

 

加えて

 

温まる事で、細胞自体が緊張から解き放たれて、ホッと緩むのだろうと思いますが、血管が広がり、血が豊かに行き交う事で活力が増します。

 

目に見えない体内に、思いを馳せながら、色々と考えたり感じたり、試したりしながら、体と会話をするのは面白い。

 

 そこで

 

いくつか温める方法をご紹介します。

 

=======

 

<体を温める>

 

癌細胞は39度でその合成が止まります。

そして42度で死滅します。

 

だから思いつく限りの方法で、体を温める事に専念していると、基礎体温が上がり、免疫力が上がる事で、癌治療へとつながります。

 

その中でも特に

 

<子宮を温める>

 

という事は免疫力のアップには必要不可欠です。体の中心である子宮を温める事で、頭からの神経も、脊髄神経も、足の指先の末端神経まで、全てに暖かさが広がっていきます。逆に子宮が冷えてると、同じ原理で体の全体が冷えていく。

 

特に体内の7割の免疫細胞をコントロールする「腸」は、NK細胞(癌細胞を唯一、直接攻撃できる免疫細胞)の生産場所でもあり、子宮との位置も近いので、子宮を温めながら、腸も連動的に温めることができます。

 

参考記事:癌の特効薬はNK細胞

 

目標は基礎体温

 

36.5度

 

これをキープできるように

私は色々試しています。

 

①カイロを上手に使う

1枚目のパンツにカイロをはり、その上にもう一枚パンツをはく(パンツ2枚重ね)をしていると、24時間まるで「よもぎ蒸し」状態で子宮内から、体全体が温まります。この時使用するカイロは、「低温タイプ」のものをお勧めします。(特に局部はデリケートなので、低温火傷にはくれぐれもご注意の上ご使用ください。布ナプキンなどがある場合は、温度によってはご使用ください。)

 

また、腰に巻く「温熱パット」があればいいのですが、それがない場合は、生理用のパンツなどの少し大きめのパンツ全体にカイロをはり、同じ大きさのパンツをもう一枚履くことで、膣周りだけでなく腰全体と、下腹部も広範囲で温まります。

 

日本には様々な種類のカイロがあると思いますが、海外に住んでる方は、冬場などにコスコでも販売されている、つま先用のカイロが大きさ的にも温度的にもいいと思います。

f:id:kenkohuntermio:20180127172555j:plain

 

 

②温熱パットの使用

夜寝る時は、大きめの温熱パットを自分の体の下に敷き、その上に寝ます。そして、更に自分のお腹の上にももう一枚の温熱パットを乗せる事で、自分をサンドイッチ状態にして寝ます。例えば6時間睡眠だったら、6時間ずっと体内が温まっているという状況は、基礎体温の上昇に役立ちます。

 

※重ねますが、上記の方法を実行する際には、低温火傷には十分ご注意の上、ご自身の判断でご使用ください。

 

③入浴

入浴しても体力が著しく低下しない状態の方は、入浴がお勧めです。リラックスした時の副交感神経が優先になっている状態で、免疫力は一番活動的に生産されます。

 

この時に、汗をかくほど熱いお湯に浸かり、汗を出すのが気持ちいいと感じる方と、温かいお湯にゆっくり浸かるのが気持ちいいと感じる方に分かれるので、ご自分の気分が安らぐ方を選んでください。

 

また湯船でリラックスしてる時には、あまり癌の事は考えず、できるだけ頭を空っぽにして、体全体の力を抜いて、奥歯の力を抜いて、とにかく身を委ねる事をお勧めします。

 

副交感神経(リラックス)が優位に立っている時、脳は「潜在意識」と繋がりやすいα波(アルファ派)へとシフトします。潜在意識とは、自分の意識しない深い所に眠っている「底力」だったり、「無限のパワー」であったり、とにかく想像を絶する「叡智の世界」です。言い換えると「宇宙」そのものが自分の潜在意識であり、自分の潜在意識そのものが宇宙でもあるのです。

 

このリラックス状態の時に「ピン」と閃く事や、「やってみよう」と無意識に湧き上がる思いには、私は無条件に従うようにしています。

 

人間の体って面白い。

体温を通して

色々な繋がりを感じられる。

 

======

 

また食事では

 

発酵食品が代表的ですが

それ以外にもハーブを活用したり

スパイスを活用したり

スーパーフードを取り入れたりします。

 

この際の注意点は

 

一種類に偏ったり

毎日続けて同じものを摂取し続けたり

効果があると思って大量に摂取したり

 

するのではなく、できるだけ多種多様な物を適量づつ摂り入れて、体内のケメストリーが、1箇所集中型ではなく、どちらかと言うと「浅く広く」、できるだけ多くの種類の細胞と反応することで、細胞自体の活動を活発化させる事を目標にします。

 

すると

 

その細胞の活動が広範囲で活性化され、徐々に体中が温まります。

 

その中でも

 

まだこのブログでお伝えしていなかった私の腸活食品のひとつ

 

サイリウム ハスクPsyllium Husk(=オオバコ)

 

のパウダーも、基礎体温アップに貢献してくれています。

 

オオバコとは、よく空き地に生えている

 

f:id:kenkohuntermio:20180127163415j:plain

 

これです、これ。

よく目にしますよね。

 

雑草の中でも取り分け生命力の強い植物です。

 

この葉の部分はお茶にしたりするそうですが、私は種の殻の部分(サイリウムハスク シード)を含んだパンやナンなどを、たまに頂きます。

 

f:id:kenkohuntermio:20180127164059j:plain

 

<効能>

 

「結腸洗浄剤」とも呼ばれる高い整腸作用を持っています。特にヨーロッパでは「過敏性腸症候群」の薬として古くから利用されていて、腸内にガスを溜めずに排出する効能が強くあります。

 

漢方でも、整腸作用、利尿作用を高める薬草として使用されている他、咳止めや血糖値の降下作用として使用されています。

 

また不溶性食物繊維を多く含むので、体内に入ると胃では消化されにくく、腸へそのまま届きやすい性質を持っています。その為、腸の働きが促進され、便秘解消となります。(豊富な繊維質は少量の摂取でレタス1個分と言われています。)

 

便秘とは体を冷やす原因の1つです。また宿便により悪玉菌が増殖し、癌細胞が好む体内環境=癌体質へとなり得るのです。

 

なので、子宮や腸を温めると同時に、便を溜めない体にすることが、基礎体温の上昇と、癌体質の改善となるのです。

 

尚、サイリウムハスクを使ったレシピは検索すると色々出てきますが、私は通常、近所のパン屋さんで小麦粉を使わないパン(スペルト、サイリウムハスク、ライ麦、ナッツ等を混ぜたパン)が売っているので、それをたまに購入します。

 

f:id:kenkohuntermio:20180127164021j:plain

 

日本ではお好み焼きや、たこ焼きに入れるレシピも多いですね。

 

それ以外の私の常備品はこちらです。

 

(繰り返しますが、過剰摂取は控えてください。)

 

=========

 

癌細胞を「強敵」とみなして、抹消する事だけに殺意のエネルギーを注ぐのではなく、もしくは再発するかどうかもわからない不安に満たされた日々を送るのではなく

 

わかること

できること

 

=免疫力を上げること

=体温を上げること

 

に集中していくと

自分で実行できる事が多いので

「やってる感」に満たされて

体内の免疫細胞も元気になる。

 

こちらもご参考まで。

参考記事:腸内体温39度と、癌の自然退縮について

 

体の不調は、常に常に体からのサインです。違和感をスルーせずに、ちょっとづつでも「できること」を摂り入れていくと、体の声が聞きやすくなる。

 

まずは「基礎体温36.5度以上キープ」の為に、日々あれこれ試しています。

 

●私が毎日摂取してる必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

●乳がん克服に必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。

 

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ