自然体で乳がんと向き合う

乳がんを余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然療法、無治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん動画も配信しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

乳がんは治療後が大事です。<乳がんブログ Vol.235>

 

このブログは、私自身が実践した乳がん治療において、読み進んだ数々の論文や医学資料が、とても難しく書かれており、理解するのに多くの時間を費やし、そして失敗を繰り返しました。その為、皆様がその労力と時間のロスを省けるように、出来るだけ分かりやすくお伝する事をモットーとしています。Mio

 

=========

 

最近知ったこの本

 

白血病の息子が教えてくれた医者の心

丹羽靱負 医師が書かれた本です。

 

とても胸を打たれました。

 

私達は今、この瞬間生きていて

「生きる」という時間をもらっている。

 

私はステージ3の乳がんを経験し

7センチ以上の大きさの腫瘍と

リンパへの転移と

余命宣言をされたけど

 

その状態から

 

わずか半年で癌腫瘍を

5センチ以上も縮小させる体験をした。

 

そこに抗癌剤の使用はなく、放射線の治療もなく、あったのは食事療法を始めとする日々の細かい事の改善と、思い付く事「全て」の見直し。

 

それを私は

 

「独自の治療法」

 

と呼んでいる。

 

その過程で確かだと感じたものは

「体は細胞で作られている」

という事実。

 

細胞に集中すると

細胞は応えてくれる。

 

そんな体験を経て今に至り

 

現在も引き続き

 

「再発防止」には

一体何をしたら効果があるのだろうか?

 

日々考えながら生きている。

 

何がどう作用するのか。

自分を知っていくのは興味深い。

 

先にご紹介した本の著者である丹羽先生が、ご自分の「医師として」の癌患者への診察方法の在り方を、ご自分の最愛の息子さんを白血病で亡くされるという世にも悲しい出来事を経験する事で、もっと深く知り抜き、深い悲しみを負いながらも、今現在も癌治療に携わる毎日を送られているように

 

私達も「癌になった経験」を無駄にせず、そこから新たな自分を見つめる事で、今後の人生観に深みを増す機会を与えられたんだと思う。

 

私は乳がんになって

 

本当に欲しいもの。

失ったもの。

発見したもの。

心を動かされたもの。

見えなかった愛。

深い悲しみ。

枯れない涙。

心からの喜び。

 

そんな貴重な感情を知った。

 

だから

 

それを糧にして生きていく。

 

常につきまとう

「再発」という恐怖も

自分を知る事自体が

再発防止の最良の方法

ではないかと思ったりもする。

 

f:id:kenkohuntermio:20180121154648j:plain

 

 

そんな中

 

乳癌を体験した方の記事もよく読む。

 

するとかなりの割合で

多く目にするのが

 

手術したから

抗癌剤したから

放射線したから

 

もうオッケー!

 

と言って

食生活を元に戻し

 

ご褒美だと言って、ケーキを食べ

記念日だと言って、焼肉を食べ

楽だからと、インスタント食品を食べ

宴会だからと、唐揚げを食べ

朝は牛乳を飲み

ついつい間食をし

テレビを見ながら夜食を食べる。

 

たまにはいいと思うけど

頻繁にはどうかな?と思う。

 

せめて治療後1〜2年は

じっくり過ごそう。

 

実際に

 

一番大事なのはその時期

 

つまり

 

「治療後」なんだ。

 

せっかく治療で癌細胞がなくなったのに

また新たな癌細胞を

同じ方法で成長させてはいけない。

 

苦しんだ治療を無駄にしない為にも

「治療後の過ごし方」

について真剣に向き合おう。

 

今の自分の状態が

 

癌予防でも

癌治療中でも

癌治療後でも

再発防止でも

 

関係ないよ。

 

今からでもどんどん自分を知って行こう。

 

すると

 

自分を大切にする日々に変わる。

自分の細胞が愛おしくなる。

 

体も心も

根本から変わる。

 

========

 

前回の記事にも書きましたが

 

私たちの原点は「細胞」です。

 

私たちは

 

「細胞」で出来ている。

 

私たちは

 

70兆個の細胞の塊です。

 

その細胞の栄養源は

 

野菜、果物など

 

「細胞を持つ植物」なのです。

 

だから大地と一体となって育つ「植物」から栄養を頂けたら、基本的に私達の細胞は元気に育つ。

 

つまり

 

加工食品の代わりに

野菜を食べよう。

 

お菓子の代わりに

ドライフルーツを。

 

ポテチの代わりに

ナッツを。

 

白米の代わりに

キヌアや豆類を。

 

ジュースの代わりに

発酵ドリンクを。

 

白砂糖の代わりに

メープルシロップを。

 

水道水の代わりに

ビワ茶を。

 

サプリや薬の代わりに

黒ニンニクを。

 

胃腸薬の代わりに

アップルサイバービネガーを。

 

キャノーラ油の代わりに

カメリナオイルを。

 

化学製品やワックス配合の乳液より

フラックスオイル(亜麻仁油)を。

 

歯磨き粉の代わりには

重曹を。

 

化学薬品のクリーナーの代わりに

お酢や重曹を。

 

朝一のコーヒーの前に

白湯を。

 

そして、16時間断食を習慣にする。

 

また、治療後は栄養価の高いものを摂取することを勧められますが、食べ物を選ばないと逆効果になります。要は「何にとって」栄養価が高いものを食べる必要があるのか。

 

例えば

 

病院が勧める栄養価の高いもの

肉、魚、炭水化物、卵など

 

でも

 

実際に細胞が必要な栄養価

酵素(細胞)

>野菜、果物、発酵食品

 

なのです。

 

治療後の体を整えるのは

高カロリーではなく

酵素。生きた細胞。

 

酵素無くして細胞の再生はない。

だから酵素のない肉類を食べても

細胞は育たない。

 

身近な所からちょっとづつ

暮らしをシンプルに戻す事。

 

これも治療の一環です。

 

上記に挙げた必須アイテムの詳細についてはこちらでご紹介しています。

 

日々の生活は「すぐに変えられる」もので囲まれています。当たり前だと思ってた食生活、化粧品、掃除用品などから化学薬品を抜くことも「行動」です。

 

行動をして

結果を変える。

 

これが大事。

 

動かなかったら

何も変わらないよ。

 

自分のペースで

一歩一歩、進んでいこう。

 

●私が毎日摂取してる必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

●乳がん克服に必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。

 

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ