自然体で乳がんと向き合う

乳がんを余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然療法、無治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん動画も配信しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

自分でできる「癌治療」とは<乳がんブログ Vol.234>

 

このブログは、私自身が実践した乳がん治療において、読み進んだ数々の論文や医学資料が、とても難しく書かれており、理解するのに多くの時間を費やし、そして失敗を繰り返しました。その為、皆様がその労力と時間のロスを省けるように、出来るだけ分かりやすくお伝する事をモットーとしています。Mio

 

=========

 

私たちの体は

 

70兆個

 

という膨大な数の

 

「細胞」でできています。

 

髪も

皮膚も

目も

腸も

乳房も

心臓も

 

全部細胞でできている。

 

だから

 

「細胞を元気にする」

 

って普通に考えて当然必要。

 

これは当たり前にして

これぞ癌治療の

基本中の基本だと思う。

 

f:id:kenkohuntermio:20180119132636j:plain

 

では

 

>「細胞」はどうやって元気になるのか?

 

それは私たちが、食事から「細胞」を摂取する事で、体内の細胞が元気になる。だって私たちの70兆個の細胞の栄養は「細胞」だから。

 

 

>「細胞」を得られる食べ物とは?

生野菜、果物、発酵食品、ナッツ類、海藻類など

 

 

>「細胞」を含まない食べ物とは?

加工食品、インスタント食品など

 

だから

 

「細胞」を食べて

自分の「細胞を生かす」。

 

これは究極でありながら

理論的であり

基本中の基本の原理です。

 

>体内70兆個の細胞は「何で」できているか?

 

タンパク質

カリウム

マグネシウム

リン酸

 

細胞は主にこの4種類が成分です。

 

だから

 

この4種類の栄養を「食事から」摂取して、細胞に栄養補給すれば、細胞は元気になる。

 

それには

 

できるだけ、この4種を多く含む食品を摂取するようにします。

 

>野菜、果物、ニンニク、ごま、豆類、海藻、ナッツ、梅干しなど

 

これらが「細胞の栄養源」なので

これらを食べて細胞に栄養補給すれば

必然的に細胞は元気になる

 

単純だけど

効果的。

 

私はそう体感します。

 

でも

 

せっかく摂取した栄養も

体内が分解できない場合がある。

 

>体内の細胞が栄養を分解できない場合とは?

 

36度以下の低体温

 

細胞は体が冷えていると活動が鈍ります。よって分解、排出、吸収等の基本作業ができず、内臓に負担をかけ、免疫力を弱める事で、癌細胞が成長してしまいます。

 

また

 

>細胞を弱らせる食品とは

 

●肉類

脂肪分がリンパや血管を汚す。

消化酵素を大量に使う。

内臓に負担をかける。

 

●糖分

癌細胞の唯一の栄養源

肝臓に負担をかける

 

●乳製品、卵、大豆類

GMOの肥料で育てられた牛や、自然飼育されてない鶏は細胞を傷つけるので極力避けます。また大豆類は乳がんの活性化に関わるエストロゲン刺激するので、しばらく制限します。

 

=======

 

まとめると

 

「細胞」を摂取する

 

●野菜、果物、発酵食品の摂取。

●ジュースで大量摂取しても体が冷えない人は、人参・りんご・生姜などのジュースを飲む。

 

 

ブドウ糖の制限

 

●癌細胞の唯一の栄養源なので、糖分を含むデザート類、白砂糖類、白米、うどん、パン、パスタなどの摂取を控える。また1日のカロリーを1000カロリー以下に抑える意識をもつ。

 

 

体温を上げる

 

●癌細胞は39度台で合成が止まり、42度台で死滅します。また、体温が1度下がると免疫力は37%低下し、癌の発症率は5倍に増えます。

 

●お風呂に入る(体力のある人はできるだけ汗をかくまで)

●部屋を常に温める

●カイロなどを体に貼って、常に体温を維持する

 

自分の体温が24時間できるだけ温まってる状態を保つ。

 

 

私が個人的に効果があると思う食品の詳細はこちらをご覧ください。

 

加えて、ビデオ「乳がん克服に絶対必要な知識」ではその更に詳しい情報を出来る限り具体的にご紹介しています。

 

=========

 

たった「3つの原則」を

とりあえず試みて、自分を観察します。

 

こうして

 

癌を克服する自分

再発しない自分を

「自分で」作る。

 

また

 

メープル重曹の癌治療に対する効能はこちらでもご紹介していますが、メープルシロップは蜂蜜の20倍ものカリウムとマグネシウムを含みます。加えて重曹が、癌が生息することが出来ない「アルカリ性」の環境へと体内を変えていくので、私は個人的には効果があったと思ってます。

 

もしメープル重曹の味がどうしても無理だったら、生姜とアップルサイダービネガーを足すと飲みやすいらしいです。

 

結果を変えるのは「自分」です。

常に「自分」をセンターにおいた生活をして

怖さを強さに変えていこう。

 

今現在

治療中でも

治療後でも

再発が怖くても

 

免疫細胞を強くするのは

いつからでもできる。

 

意識を「癌治療」に飲み込まれずに

意識レベルから「治った自分」を

明確に思い描いて

行動していく。

 

人生まだまだ。

 

●私が毎日摂取してる必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

●乳がん克服に必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。

 

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ