乳がんブログ 自然療法で乳癌と向き合う

乳がんステージ3を余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然治癒)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん相談も実施しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

再発してしまう人の共通点<乳がんブログVol.232>

 

このブログは、私自身が実践した乳がん治療において、読み進んだ数々の論文や医学資料が、とても難しく書かれており、理解するのに多くの時間を費やし、そして失敗を繰り返しました。その為、皆様がその労力と時間のロスを省けるように、出来るだけ分かりやすくお伝する事をモットーとしています。Mio

 

=========

 

「食事で癌は治らない」

 

と言う医師が多いけど

 

私はそうは思わない。

 

 

食事は抗がん剤などの投薬とは違い、癌細胞を「直接」攻撃できる訳では決してないけど

 

では

 

私たちの体は「抗がん剤」で作られていますか? NO

 

私たちの体は「食べるもの」で作られていますか? YES

 

細胞が食べるもので作られてるのなら

癌細胞も「食べたもの」で作られた

可能性も一部ある。

 

本当に純粋な理論です。

 

「食べたもの」で作られたなら

その原因の食材を「食べなきゃいい」だけ。

 

つまり

 

「癌を育てた」栄養を抜く。

 

今すぐできる方法って沢山ある。

 

========

 

例えば

 

ちょうど線路を走る電車のように

私たちの人生には「分岐点」がある。

 

今まで乗ってた電車に不備が見つかり

部品を変え

点検をし

ようやく新しく生まれ変わった電車。

 

→と、ここまでが

乳がんと診断され

癌治療をした

私たちの身体。

 

その後

 

その新しい電車に乗って

行き先を決める。

 

こっちは「今までの線路」からの延長。

f:id:kenkohuntermio:20180113071529j:plain

 

ここで

 

今までと同じような生活をして

今までと同じような食事をして

今までと同じような思考をして

 

何も変えずにいたならば

 

今までと同じ行き先に辿り着く。

 

でも道は他にもある。

 

こっちは「新しい線路」へのチャレンジ。

f:id:kenkohuntermio:20180113071417j:plain

 

景色も知らない。

どうなるかわからない。

 

でも

 

線路がキラキラ光ってて

遠くに明るい光が差してて

なんか楽しそう。

 

行ってみたい。

あの遠くの光の中に行ってみたい。

呼ばれてる気がする。

心がウキウキする。

 

行きたい。

 

だったら

 

「路線」を変更する。

 

そのままだったら左へ向かうはずの線路を

ガチャっと音を立てて

グイッとレバーを引いて

右方向に変えればいい。

 

f:id:kenkohuntermio:20180113071439j:plain

 

その「路線を変える力」が

食事=免疫力を上げるための

「行動力」なのです。

 

==========

 

自分の人生を

客観的に見下ろしてみる。

 

今までと同じように

砂糖、添加物、油、炭水化物や肉類の過剰摂取、乳製品、コンビニ食などで体を作り上げてた場合、「治療後」もまた同じ食生活に戻ったら、どうなると思いますか?

 

特に3大療法をした後に

 

今までと同じ食生活をしていると

 

ただでさえ

抗がん剤などの影響で弱ってる

体内70兆個の細胞は

それでも必死で働きながら

 

・抗がん剤等の毒素を分解する作業

・正常細胞を活性化する作業

・造血

・NK細胞の構築

 

そんな重大な作業をしてる最中に

 

私たちが 

適当なものを食べてしまうと

 

体内では

 

更に添加物等の毒素を

「分解」する作業

 

更に糖分を

「分解」する作業

 

更に油を

「分解」する作業

 

そんな「エキストラ」の作業を

しなくてはいけない。

 

これらのように

 

避けられるのにあえて加える

不必要な労働を

「負担」と呼びます。

 

つまりその「負担を」

自分で自分に掛けてる結果

 

免疫力が高まらないので

新たな癌細胞が生まれた時に

それを退治する強い免疫力が

備わっていない状態

 

=前と同じ状態

 

を自分で作り上げてしまう。

 

だから

 

「再発する人の共通点」として

 

食生活を変えない

 

が上位にあるのは

 

つまり

 

今までと同じだから

今までと同じ結果になる。

 

と言うシンプルな事実です。

 

癌の再発予防は

医師の話1割

自分の努力9割

 

とよく言われるように

 

「自分」の行動が大きく左右します。

 

今までの食生活

→癌になった

 

のだったら

 

食生活を変える

→癌にならない

 

に変えていく事を「再発防止」と呼ぶと思う。

 

私は自分の乳癌治療中に「食事を変えるくらいで良くなるなら、いくらでも変えてやる」って思った。食べる量を減らし、質を変え、食べる時間を調整するだけで

 

再発防止になる

免疫力が上がる

食費も浮く

 

いい事づくめ。

 

癌細胞の退治や

投与した薬の分解で

免疫力が奪われているなら

 

食事で

免疫力を増やしてあげたい。

 

元気な細胞を自分で作って

楽しい人生を送りたい。

笑って生きていきたい。

好きな事をやりたい。

家族のそばにいたい。

 

そこに辿り着く事をしていく。

 

だから

 

目の前の「できる事」から始めていく。

 

すると

 

16時間断食は当たり前。

 

それに加えて

 

発酵食品などで腸内環境を整える。

 

そして

 

日々のちょっとした事を変える。

 

電子レンジを使わない。

水道水を直接飲まない。

参考記事:電子レンジ+水道水=老化

 

とか

 

油を変える、減らす。

 

最近私が使用しているカナダ産の「カメリナオイル」はビタミンE、ビタミンA、ファイトケミカル等の天然抗酸化(=体内のサビ防止)の成分が豊富で、熱してもオメガ3がほとんど壊れず、高い栄養価を保ったまま摂取できます。また、開封後2ヶ月経ってもほとんど酸化しないと言う優れものです。

 

癌細胞の成長の原因は「酸化=サビる状態」です。だから、体内を酸化させる原因になり得るものを、徹底的に排除するのは癌治療において必須であり、基本中の基本なのです。

 

カナダ産カメリナオイルについては、念のためリンクを貼っておきますので、詳しい情報はこちらからご覧ください。

 

体内をできる限りアルカリ性(酸性の逆)に保つ為に、日常的に使う「水」や「油」を変える事って、食材選びと同様に、習慣にするべき大事な事だと思います。

 

※食用油についてはこのブログでも繰り返しお伝えしています。

参考記事:キャノーラ油の恐怖

 

その他

 

<体内を酸性にする食品>

肉(大量生産され、抗生物質で育ったもの)、養殖の魚、GMO、農薬、添加物、揚げ物、ケーキ、スナック菓子(ポテチ等)、脂肪の多い食品、加工肉、ビール、菓子パン、インスタント食品等

 

逆に

 

<体内をアルカリ性にする食品>

・発酵食品(黒ニンニク、発酵野菜、漬物、麹等)

・発酵ドリンク(ビワ茶、野菜発酵汁、還元水等)

・生野菜、海藻類、果物

・梅干し、レモン、モズク、黒酢、梅肉エキス等の酸っぱい食品。(酸っぱい食品は「酸性」ですが、身体の中に入ると「アルカリ性」に変身する特性をもっています。)

これら商品の詳細についてはこちらに記載しています。

 

自分で作った「癌細胞」は

自分でだったら縮小させる事ができる。

 

闇雲に怖がって

体を弱めるのではなく

癌という性質を知って

体を強める。

 

そんな「行動」の積み重ねの毎日が変化を生みます。

 

●私が毎日摂取してる必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

●乳がん克服に絶対必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。

●乳がんメルマガこちらからご登録いただけます。

 

次回の更新は、新年1月15日(月)20時になります。

 

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ