自然体で乳がんと向き合う

乳がんを余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然療法、無治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん動画も配信しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

乳がん克服に必要な知識(保存版) <乳がんブログ Vol.218>

 

このブログは、私自身が実践した乳がん治療において読み進んだ数々の論文や医学資料が、非常に難しく書かれており、理解するのに多くの時間を費やし、そして失敗を繰り返しました。その為、皆様がその労力と時間のロスを省けるように、出来るだけ分かりやすく伝えるように努めています。Mio

 

f:id:kenkohuntermio:20171217065409j:plain

私は自分の乳がん発覚と同時に

 

世界中の文献と実例を調べましたが

 

乳がんでは

 

基本的に死ぬことはありません。

 

 

乳房は臓器ではないので

 

「乳がん」は

直接の死因には

なりません。

 

乳房に癌が出来ても

大きくなるだけです。

 

乳がんの直接の死因は

 

乳房の癌が

リンパ節を通じて

他の臓器などに転移した場合

 

その転移先の臓器が機能しなくなり

合併症を引き起こし

死に至ります。

 

乳がん治療において

本当に怖いのは

 

乳がん腫瘍そのものではなく

 

「癌細胞の転移」

 

なのです。

 

=========

 

2015年、癌の知識など何もなかった私が、自分の乳がん発覚から余命宣告を受けた事を期に、必死に世界中から集めた情報や論文を元に、自分で実践して効果のあった方法を、ブログを使ってお伝えし始めました。

 

特に、乳がん治療の文献や資料のほとんどが英語で書かれおり、日本に伝わっていない事が多かったのですが、幸いにして私はカナダで生まれ育っているので、英語も日本語も理解できます。

 

そうやって得た乳がん治療に関わる重要な事項を、乳がんに苦しみ、思い悩む日本の方々に伝える事が必要だと感じ、ブログを始めました。

 

それには以前

私が心から慕い

尊敬していた方の

癌による他界や

 

私と同じ時期に

乳がんを発覚した友人の存在が

強く私を突き動かします。

 

現在、一般的な乳がん治療は「手術・抗がん剤・放射線治療」が主流ですが、例えば抗癌剤は癌細胞を破壊する絶大な効果と同時に、確実に正常細胞も破壊していきます。

 

毛細血管

頭皮の細胞

全ての臓器

骨髄

造血器官

消化器系

生殖器

骨密度

腸内環境の破壊

 

このようなリスクを負うものの

 

癌細胞は

確実に

死滅します。

 

代表的な例として、抗がん剤や放射線治療により、髪の毛が抜けるということは頭皮の細胞の死滅や損傷が原因ですが、もちろん、それは目に見える現象だから目立つだけで、実際には、体内の細胞においても同じことが起こっています。

 

髪の毛など、外見的な部分は視覚からよく分かりますが、それは同時に体内においても、癌細胞と共に多くの正常細胞も、髪の毛の細胞同様に、死滅や損傷していることを意味します。

 

しかし、人間には死滅や損傷した細胞を、再び蘇らせる強い力が備わっています。

 

抗がん剤治療や放射線治療を受けても、髪の毛が再生するのはその影響だし、当然体内でも同じように、死滅や損傷した細胞を蘇らせるように働きます。

 

この

 

当たり前に人間に備わっている力

 

これを

 

<自己免疫力>と呼びます。

 

だから

 

日々の生活を見直す事で少しでも、抗がん剤や、その他の体内の細胞を損傷させる事柄から、「リスクの回避・軽減=細胞の回復」を意識する生活をすることが、再発を防ぐ最も効果的な方法なのです。

 

それには

 

絶対に

絶対に

絶対に

 

知っておくべき必要のある

「知識」

があります。

 

それが

 

<自己免疫力>

についてです。 

 

そして、乳がんに合った自己免疫力の具体的な強化方法と実践です。

 

つまり

 

人間には

 

「免疫力=自然治癒力」

が備わっていて

 

まるで傷口を治すように

破壊された細胞

破壊された内臓

を修復してくれます。

 

この

 

「修復作業」に

絶対的に必要なのが

 

「免疫力」

 

であり

 

この免疫力が強ければ強いほど

正常細胞が元に戻る速さは増し

同時に癌細胞を攻撃する力も増える事で

治癒への道へと進みます。

 

つまり

 

抗がん剤や放射線治療によって

 

消滅した「癌」細胞

 

 

消滅した「免疫」細胞

 

どちらも消滅したけど

どちらもゼロからの

同じスタート地点。

 

どっちの「再発」が早いか。

 

これが

 

免疫力の強さで

決まります。

 

この時に

癌細胞を退治できる程の

強い免疫力を

身につけておく事

 

それこそが

 

癌治療であり

 

それこそが

 

今後の人生を

大きく左右します。

 

========== 

 

<自己免疫力>

 

というと、なんとなく難しく聞こえますが

 

要は

 

例えば

止血

カサブタ

風邪からの回復などの

 

「自分を回復させる力」

 

の全てが自己免疫力です。

 

そして

 

その免疫力とは

子供の傷はすぐに治るけど

歳を取ると治りが遅くなる

と言うのと全く同じで

 

子供の免疫力

大人の免疫力

 

とは格段の差があり

それを一般的に「老化」と呼びます。

 

要するに

 

老化の原因は

「免疫力の低下」

そのものなのです。

 

つまり

 

免疫力の低下

=体内の老化の加速

=癌細胞の発症

だと言うことです。

 

========

私たちは皆、一日5千個の癌細胞が体内では生まれてきていると言われています。今までは、それらを毎日「免疫力」によって退治できていたにも関わらず、何らかの原因で、いつからか、その全てを退治することができず、免疫細胞からの攻撃をすり抜けて生き延びた癌細胞が5〜10年ほどの長い年月を掛けて、ひっそりと成長し、確認できる大きさの癌細胞へと変貌を遂げます。

 

それに気づかず

 

「免疫力の無駄遣い」

をしていると

 

癌細胞は益々勢力をつけ

次第に内臓の機能を奪い去り

癌の発症へと繋がります。

 

つまり

 

自己免疫力の強さ

VS

癌からの生還は

 

比例しています。

 

実際に

 

自己免疫力が弱いと

免疫細胞は

癌細胞への攻撃力も失うので

 

更に癌細胞は威力を増し、

 

臓器や骨に転移を繰り返すことで人々の命を奪います。

 

癌治療において

「治療後に」

命を落とす方が多いのは

その為です。

 

でも同時に

 

世界中には 、乳がん克服事例が数多くあり、その方法も様々ですが、最終的に「治癒」と呼べる状態になっている多くの方々は、「自己免疫力」の偉大さに気づき、それを最大限に引き出す日々の生活をしている人々だと言う事実を知りました。

 

つまり

 

免疫力を強くすれば

その強い免疫力から生まれる

強い自己治癒力により

身体の機能を

正常に戻すことが出来るのです。

 

例え

 

抗がん剤や放射線で

内臓機能が破壊されても

免疫力さえ高めておけば

その修復機能で

体は元に戻ります。

 

私が1年間

 

このブログを通して

「免疫力に集中」して

その機能を上げる方法を

できるだけ具体的に発信してるのは

その為です。

 

免疫力強化とはまず、体内を掃除する作業から始め、日々食べるものから、食べる物、食べる必要のない物、食べてはいけない物を整理し、それを生活習慣にします。それに肉体的な部分と精神的な部分にアプローチすることを加え、日々繰り返すことで、身体が劇的に変わります。

私は乳がん発覚する前に比べ、免疫力が高くなったことで、基礎体温が上がり代謝が良くなり、身体が本当に元気になり同時に若返った感じです。

 

乳がん発覚とは、同時に自分の身体と人生を良い方向に変えるチャンスでもあるのです。

 

●私が毎日摂取してる必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

●乳がん克服に絶対必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。

●メルマガはこちらからご登録いただけます。

 

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ