自然体で乳がんと向き合う

乳がんを余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然療法、無治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん動画も配信しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

乳がん治療 1−2−3 <乳がんブログ Vol.202>

2015年10月に乳癌(ステージ3)が発覚した日を境に、「自分でどうにか治すしかない」と決めて取り組んだ「自己流、乳がん治療」ですが、右往左往しながらも、どうにか半年で腫瘍を5㎝以上も縮める事が出来た経緯を、このブログでは詳しくお伝えしています。 

============

<お知らせ>

多くの方から私の「一日のルーティンを教えて欲しい」「食生活を細かく知りたい」「発酵食品の作り方を教えて欲しい」「食生活以外に出来る事は?」など、ご質問を多数頂いています。これらは全て、過去記事を検索して頂けるとわかると思いますが、記事数も多いので、毎回探し出すのも大変だと思います。

なので現在、こういった質問にお答えする為の動画を作成しています。出来上がり次第ブログにてお知らせしますので、もうしばらくお待ちください。

 

============

 

前回の記事で「何が起きても自分の呼吸だけは乱さない」と言う事について書きましたが、自分の核心の思いに気づく事は、治癒を早めることに繋がると思う。

 

つまり

 

乳がんとは、シンプルに

 

体内の「酸性状態」を知らせてくれてる警報機、だと言う現実をまず受け入れる。

 

自分では見えない「体内」が

酸性に偏り

毒素が溜り

血が滞り

悪玉菌が増え

免疫力が低下してる

 

その状態を「癌」と呼ぶのです。

 

だから、

 

癌に怯える日々を過ごすのではなく

 

体をどうすれば、できる限り「赤ちゃん」に近い状態=ピュアに戻すか、という意気込みを治療と呼ぶ。と個人的には思っています。

 

もちろん赤ちゃんと同じクオリティーにはなれないけど、自分を一度リセットするという事は可能だと思う。

 

それには

 

もちろん体の状態もそうですが、心の状態もそう。

 

思考癖も取っ払って

トラウマも手放して

面倒な思い込みも捨てて

 

「誰からも愛されてる」と信じて疑わない「赤ちゃん」の状態に身を戻していく事。それには心と身体の両方からのアプローチがあるといい。

 

f:id:kenkohuntermio:20171112155950j:plain

 

・自分は治ると設定する

・16時間断食

・ピュアなものを取り入れる 

この基本形をしっかりと身につける。

 

 

①自分は治る、と設定する

「治したい」ではないですよ。

いっそ「治った」でいい。

 

「治った」自分は何をしてる?どんな表情で、どんな服を着て、どこで、誰と、なにをしているの?

 

想像してみる。

一番楽しい自分の姿。

 

”治ったら”やりたい!と思う事を、できるだけクリアに描いたら、実は「今から」それができるっていう事実に気付くかも。

 

治るのを待って何かをするんじゃなくて、

その「何か」を達成するためには

「治ってる」必要がある。

だから「やっちゃう」。

という自分に設定してください。

 

思考とは時にトリッキーで

脳➡︎行動を決める

行動➡︎脳を変える

どちらでもできる。だから、思考癖を変えたい場合は、時に「先に行動」することで思い込みを手放すことが可能です。(参考記事:自分を「癌を治した一人」に設定する

 

それには「不必要な思考」は取っ払った方がいい。

 

それは例えば、「ありがとう」を毎日自分に1000回言う習慣をつけたい、と言う人に先日会いましたが、私はやめた方がいいと思う。1000回なんて、物凄いプレッシャーだし、できなかった時に

 

「昨日は100回足りなかったから、悪化するかも」

とか

「悪化したのは、あの日500回しか言えてなかったからだ」

とか

ものすごく不自然で、変なプレッシャー、変なストレス、変な結果、変なエネルギーを生むことになる。

 

「ありがとう」は自然に湧き出る言葉。

 

もし意識して言うならば、1000回とかじゃなくて

朝目覚めたら1回

夜寝る前に1回

 

そして

自分を支えてくれてる人に、心から1回。

 

それで十分だと思う。

 

ありがとう

ごめんなさい

許してください

愛しています

を自分に言うことで潜在意識のクリーニングをする「ホ・オポノポノ」などもありますが。

 

無理やではなく、湧き出る思いと一緒に生きよう。

もう既に頑張ってるんだから、「ありがとう」まで頑張らなくていいよ。

 

いっその事「乳がんになって、ありがとう♡ なんて言ってられるか!」でもいいんじゃないの?と思うけど。

 

自分の思いに嘘つかないで。

いい子ぶらなくていい。

疲れることは、もうやめましょう。

 

 

②16時間断食 or プチ断食

身体を「再起動」をするのに何より効果的なのは、まず必要ないもの=不純物を抜くこと。ゴミ箱を毎日空にするように、溜まってる不純物は出す。それにはまず「断食」が即効性があります。

 

断食方法と効果については、過去記事で多数載せていますのでご覧ください。

Whole生活って何?

ケトン体って何だっけ?① 

プチ断食の重要性

 

③ピュアなものを入れる

断食で不純物を抜いた綺麗な体内に入れるものは、やはり揚げ物より生野菜がいいな、と言う感覚で、出来るだけピュアなものを選ぶ。内臓が最小限の動きで、最大限の効果を引き出せるようにと考えて、私が辿り着いたのは「発酵食品」です。

 

個人差はあると思いますが、発酵食品は日本人の腸にも馴染んでいる食品なので、腸内の善玉菌を増やす為にも、私はどんどん取り入れています。

 

免疫力について(糠漬)

進化した私の「ABCドリンク」

私の常備品「発酵食品」

 

乳がん治療は、一つの方法に頼らず、自分自身を360度から見つめること。私も日々そう勤めていますが、なかなか難しいけど、限りなくシンプルでもあるような。そんな気がしています。

 

●元気な腸育!私が毎日摂取してる必須アイテムこちらからご覧いただけます。

●乳がん治療に必要な8つの事についてはこちらをご覧ください。

●その他、乳がんの情報と説明については、こちらをご覧ください。

 

このブログでは特に「乳癌の治療法」について焦点を当てて書いていますが、実は療法以外の心の事、気持ちの持ち方、思考の変え方などが、その療法を選ぶにあたって大事なのです。直接の治療法だけではなく、それに達するまでの考え方などをメルマガにて配信しています。興味のある方、更に乳がんについて詳しく知りたい方はご登録ください。 

●メルマガ登録はこちらから
乳がんと健康法メールマガジンご登録

 

次回は11月14日(火)20時更新です。

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ