自然体で乳がんと向き合う

乳がんを余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然療法、無治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん動画も配信しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

免疫力について・ぬか漬 <乳がんブログ Vol.199>

2015年10月に乳癌(ステージ3)が発覚した日を境に、「自分でどうにか治すしかない」と決めて取り組んだ「自己流、乳がん治療」ですが、右往左往しながらも、どうにか半年で腫瘍を5㎝以上も縮める事が出来た経緯を、このブログでは詳しくお伝えしています。 

============

<お知らせ>

多くの方から私の「一日のルーティンを教えて欲しい」「食生活を細かく知りたい」「発酵食品の作り方を教えて欲しい」「食生活以外に出来る事は?」など、ご質問を多数頂いています。これらは全て、過去記事を検索して頂けるとわかると思いますが、記事数も多いので、毎回探し出すのも大変だと思います。

なので現在、こういった質問にお答えする為の動画を作成しています。出来上がり次第ブログにてお知らせしますので、もうしばらくお待ちください。

 

============

 

前回の記事では「死を意識したら見えた感情」について書きましたが、その中で触れた「免疫力に光を当てて、最大限にその効果を発揮させる」という方法について、では具体的に何ができるのか?という事ですが。

 

「免疫力アップ」は生きる過程において、全ての、そしていつでも、どんな状態の時でも、身体にとっては「重要なキーポイント」です。

 

免疫力の偉大さについては過去記事でも再三取り上げていますので、こちらをご覧ください。

癌の性質+自分の体質=乳癌治療

Life Force Energy(生命力)

 ・癌の特効薬はNK細胞

乳癌発症、キーポイントは「がん幹細胞」

家族に「乳癌になっちゃって、迷惑かけてごめんね」はやめよう

などなど

 

この「免疫力を上げる方法」とは、

食べ物だけでもなく

心だけでもなく

運動だけでもない。

 

その時の自分が、一番「今はこれが心地よい」って思うことが、免疫力アップの答えなのです。24時間という1日の中で、それが「食べ物」の時もあるし、「瞑想」や「運動」や「会話」や「笑い」だったりするので、その時その時の、自分の「いいね」を大事にすることの積み重ねが、実は免疫力をアップさせているのです。

 

繰り返しますが、免疫力アップは食事からだけではありません。

 

心が喜ぶことの全てです。

 

でも

 

もちろん、食事は大事な要素の一つ。

だから、効率よく、内臓の負担を少なく、栄養価が高くなるように取り入れたい。

 

そこで

 

昔の日本人、まだ人力車を引いていた時代の車夫の話はご存知ですか?彼らは、たった一人で14時間という長い道のり(しかも舗装されていない道路)を、人を乗せて走り続けることが可能でした。

 

どうやって?

➡︎それは免疫力(=スタミナ)が強いから。

 

何を食べて?

➡︎玄米と糠漬。

 

どのくらい食べて?

➡︎腹八分目。

 

つらい、とかないの?

➡︎頭を空っぽに(瞑想状態)で走るから。全神経を、目の前に続く道と、自分の呼吸に当てて、余計なことを考えず、ただひたすらに黙々と、目的地に向かってリズムを取りながら足を動かす。

 

スタミナ的には、現在のオリンピック選手をも超えると言われている車夫さん。世界中でも他に例のない「日本人」の凄さです。食とマインドの理想的なコンビネーション。すごいですよね。

 

そして

 

そのスタミナの源である「食事」とは

f:id:kenkohuntermio:20171106131549j:plain

 

そう。

ごく至って粗食の玄米&糠漬のみ。 

 

日本人にとって、糠漬とは「スーパーフード」です。北米人とも違う「日本人独特」な腸の構造により、やっぱり食事も「パンとミルク」ではなく「ご飯と漬物」「ご飯と納豆」が心地いいと思うのが、日本人流=日本人の腸なのです。

 

糠漬の効能については、もはや説明は必要ではないとも思いますが、あらゆる種類のビタミン群(ビタミンA、B、E群)、カルシウム、リン、亜鉛、鉄、タンパク質、脂質、繊維質、ナイアシンなどなど、ありとあらゆる栄養素が詰まりまくっているのが「糠床」です。

 

その極上にパワフルな「糠床」に新鮮な野菜をつけるので、もちろん野菜からのビタミンCなどの栄養素もたっぷり加わっていくわけですから、要するに、どんなサプリよりも効果があると個人的には思っています。

 

マクロビや、玄米菜食などの形にこだわりすぎず、何だったら「糠漬」を積極的に取り入れればいいと思うし、もちろん私は、サプリより糠漬=発酵食品の方が自然体として身体に馴染むと思っています。

 

また

 

糠漬は、植物性の乳酸菌なので、悪玉菌を減らして善玉菌を増やす効果が絶大なので、便秘や下痢を始めとする、慢性の腸内環境の乱れを一気に整えてくれます。善玉菌の整った腸内環境は、食中毒にさえなりにくい体質に変えるというから、驚きです。

 

これが、よく聞く「糠漬の酵素は、生きたまま腸に届く」とは、体内に糠漬が入った時に、胃酸や胆汁で分解されずに、小腸を通過して、大腸にまで行き届くという事で改善される腸の働きの事なのです。

 

つまり「植物性乳酸菌=糠漬と消化酵素は仲良し」という事。あれだけ強い胃酸にも、胆汁にも栄養素が分解されないのです。

 

しかも

 

植物繊維がめっちゃ豊富なので、既にある「善玉菌」の栄養素になる事で、体内の70%の免疫力を作り上げている「腸」を活発にする事に絶大な効果をもたらします。その「腸」が元気な状態だと、当然のごとく良質な血が作られ、良質な栄養素が回り、結果的に体内70兆個の細胞の一つ一つが元気になっていくという循環です。

 

古い細胞を、新しい細胞に変える「細胞分裂」を活性化させる事って、免疫力なのです。特に、小腸は癌細胞より細胞分裂が早いと言われているので、どんどん活性化させて、癌が住み着く暇のない腸内環境を整えていきたいと思っています。

 

ということで、マイ糠漬、仕込み中です。

f:id:kenkohuntermio:20171106132118j:plain

 

 

私はカナダに住んでいるのでオーガニックの米ぬかが入手困難な為、小麦ふすまでの糠床です。小麦ふすまも米ぬかと同じ栄養素をもち、プラス繊維質がとても豊富なので、糠床にはバッチリです。

 

スーパーなどに売っている糠漬は、逆に添加物満載のものがありますので、ご購入の際にはよく選んでくださいね。

 

もちろん

 

糠漬以外にも、発酵食品は栄養の宝庫です。

免疫力をあげることって、実は楽しい。

頑張らなくても、大地からの恵みと一緒に生きてくっていう思いが、体を強く整えてくれます。

 

その他の発酵食品

黒にんにく

発酵ドリンク

発酵野菜

アップルサイダービネガー

 

などなど、積極的に取り入れて、免疫力を美味しく楽しくあげていきましょう。

 

※バンクーバーにお住いの方にお勧めの発酵WSはこちらです。

 

●元気な腸育!私が毎日摂取してる必須アイテムこちらからご覧いただけます。

●乳がん治療に必要な8つの事についてはこちらをご覧ください。

●その他、乳がんの情報と説明については、こちらをご覧ください。

 

このブログでは特に「乳癌の治療法」について焦点を当てて書いていますが、実は療法以外の心の事、気持ちの持ち方、思考の変え方などが、その療法を選ぶにあたって大事なのです。直接の治療法だけではなく、それに達するまでの考え方などをメルマガにて配信しています。興味のある方、更に乳がんについて詳しく知りたい方はご登録ください。 

●メルマガ登録はこちらから
乳がんと健康法メールマガジンご登録

 

次回は11月8日(水)20時更新です。

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ