自然体で乳がんと向き合う

乳がんを余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然療法、無治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん動画も配信しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

乳がん前の自分には絶対に戻りたくない、って思うのは不思議ですか? <乳がんブログ Vol.193>

2015年10月に乳癌(ステージ3)が発覚した日を境に、「自分でどうにか治すしかない」と決めて取り組んだ「自己流、乳がん治療」ですが、右往左往しながらも、どうにか半年で腫瘍を5㎝以上も縮める事が出来た経緯を、このブログでは詳しくお伝えしています。 

============

前回の記事には、毒素を溜めない身体について書きました。また、文章中のオレンジ色の下線部分は全てリンクです。必要な方はご覧ください。

============

<お知らせ>

多くの方から私の「一日のルーティンを教えて欲しい」「食生活を細かく知りたい」「発酵食品の作り方を教えて欲しい」「食生活以外に出来る事は?」など、ご質問を多数頂いています。これらは全て、過去記事を検索して頂けるとわかると思いますが、記事数も多いので、毎回探し出すのも大変だと思います。

なので現在、こういった質問にお答えする為の動画を作成しています。出来上がり次第ブログにてお知らせしますので、もうしばらくお待ちください。

================

 

私は「乳がん発症前の自分」には、心の底から絶対に「戻りたくない」って思う。

 

乳癌とは無縁だと信じ切っていた、2年以上前のわたしは‥と言うと

 

風邪すら引かない健康体で、大きな問題も抱えず、家族も元気で仲が良く、生活環境も申し分なく、お金に困る事もなく、欲しものが思い浮かばない程、全てに恵まれ順風満帆だと感じてた。

 

それに対して、今は順風満帆とは程遠い。

 

今は乳癌との共同生活だし、欲しい物だらけだし、買えないものも多いし、問題山積みだし、一歩間違えたら崖から落ちそうだと感じる時もある今の自分だけど、もう以前の私には戻れない。戻りたくない。戻らない。

 

客観的にみたら、絶対に以前の私の方が「楽しそう、優雅そう」なんだけど、私的には、乳癌を経験した今の自分の方が1億倍「楽ちん」って感じるから、ただ生きてるだけで楽しい。

 

とは言え、次から次へ大変な事ばっかだけど、何か楽しい。

 

呼吸できてるだけで楽しい。

 

でもどうして、大変なのに、楽しんだろう?

 

それは、今の方が「本来の自分」の感覚に沿って、正直に生きてるから。

 

だから「楽しい事=嫌な事がない事」じゃなくてさ、

 

「嫌な事、苦しい事=というただの事実」が目の前に現れてる、というだけで、その事実に「自分は呑み込まれない」ってわかってる。それは自分の非力や無力を責める為のものじゃなくて、ただ単に「そんな感情も感じてごらん」って「現れてる」だけ。

 

お金がある事

時間がある事

友達が多い事

美食な事

旅行に行く事

 

な感じの、セレブ的な要素と言うのを、どれだけ束で集めまくって用意しても、「自分の感覚に素直に生きる」というたった一つの真実には敵わない。これ以上に自分にとって価値があるものなんて、正直存在しない。

 

f:id:kenkohuntermio:20171025160227j:plain

 

それを教えてくれたのが

 

乳癌でもある。

 

つまり、以前の「一見幸せそうな」私は、実は今と同じような「大変さ」を抱えていたのに、そこに蓋をして、見えない、感じない、聴かない、知りたがらない、として上辺の幸せ感を装っていただけなんだ。

 

「偽ポジティブ」ってやつです。

ウゲッ。

 

========

 

病を治すとは

 

「病」を「治す」という前提をやめる。

 

という事に限る。

 

「治す」ってそもそも「今が悪い」っていう決めつけです。

 

でも今は「悪い」んじゃなくて「そういう状態」なだけ。

 

「病=悪モノ」として

「治す=もとに戻す」

という方程式じゃなくて

 

「病=メッセージ」に

「治す=気付く」

 

たとえ私の様に乳癌になったとしても、それを「治す=以前の状態に戻す」為の治療だと恐怖が生まれる。だって潜在意識レベルでは「本心とズレてるよ」というサインとして「病」を表現してるだけなのに、その「ズレてる所」にわざわざ戻っちゃいけないって知ってるから。

 

だから

 

「治す=現実を責める=元に戻る事」じゃなくて

 

癌から教えられた何かを足した「新しい自分」になる、って設定でいいじゃん。

 

という事です。

 

そして、新しい自分のリセット方法(治療方法)の選択については、誰も批判なんてできない。

 

その人が、

どんな思いで、

どれだけ首をうなだれて、

どれだけ涙をながして、

どれだけ布団に潜り込んで

どれだけ恐怖と闘った結果で発してる言葉なのかなんて、誰にも分からない。それを「〇〇治療法のせいで」とかって、おかしいよね。

 

つまり

 

外野に惑わされず、「心地いい」自分の姿を鮮明に思う。毎日思い描く。それにはルールも制限もなくていい。野次が聞こえなくなる程に、それは一見「無謀でしょ」というレベルでいいから、自分の心が笑顔になるような自分を描く。

 

そこで自分に問いかけてみて下さい。

 

本当に心の底から「元のように戻りたい」ですか?

 

しがらみから抜けたいと、心のどこかで願っていませんか?

 

だとしたら、「違う景色を見る」という決断を自分にするだけです。

 

だから自分が「楽」だと感じる「楽」を、自分の胸にみつけよう。

 

●元気な腸育!私が毎日摂取してる必須アイテムこちらからご覧いただけます。

●乳がん治療に必要な8つの事についてはこちらをご覧ください。

●その他、乳がんの情報と説明については、こちらをご覧ください。

 

このブログでは特に「乳癌の治療法」について焦点を当てて書いていますが、実は療法以外の心の事、気持ちの持ち方、思考の変え方などが、その療法を選ぶにあたって大事なのです。直接の治療法だけではなく、それに達するまでの考え方などをメルマガにて配信しています。興味のある方、更に乳がんについて詳しく知りたい方はご登録ください。 

●メルマガ登録はこちらから
乳がんと健康法メールマガジンご登録

 

次回は10月25日(水)21時更新です。

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ