自然体で乳がんと向き合う

乳がんを余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然療法、無治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん動画も配信しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

乳癌に負けない身体の作り方・基礎編 <乳がんブログVol.182>

2015年10月に乳癌(ステージ3)が発覚した日を境に、「自分でどうにか治すしかない」と決めて取り組んだ「自己流、乳がん治療」ですが、右往左往しながらも、どうにか半年で腫瘍を5㎝以上も縮める事が出来た経緯を、このブログでは詳しくお伝えしています。 

============

前回の記事には、糖分カットと発酵食品で乳癌が治るの?という事について書きました。また、文章中のオレンジ色の下線部分は全てリンクです。必要な方はご覧ください。

 

================

 

例えば

 

プロレスラー

  対

編み物をしてるお婆ちゃん

 

f:id:kenkohuntermio:20171003135548j:plain

 

 

身体の「基礎=エネルギー」が強いのはどっち?

 

と聞かれたら、即答できない。

 

「お婆ちゃん」になるまで実際に生きているお婆ちゃんの方が、どちらかと言うと、汗だくで筋肉モリモリのプロレスラーより、身体の基礎はしっかりしてるのかもしれない。

 

「基礎」って

 

善玉菌の強さ

骨盤の安定

基礎体温の安定

柔軟な心

 

その組み合わせであって、筋肉とか強さとか、全く関係ない。

 

だから

 

私達の身体の「基礎」とは、上記の4つが安定してる事で更に強化される。すると健康に生きる為に十分なエネルギーが、ちゃんと発せられて、身体は整う。

 

 

・・で?

 

どうやって安定した「基礎」を創るの?という事ですが、

 

繰り返しますが、身体の基盤とは

 

①体力(骨盤の安定)

②免疫力(善玉菌の強さ)

③基礎代謝力(基礎体温の安定)

④精神安定力(柔軟な心)

 

この4つ。

 

でも、この4つを同時に強くするなんて・・

 

難しそう

大変そう

面倒くさそう

辛そう

苦しそう

お金掛かりそう

時間かかりそう

 

ですよね。。。

 

そうなんです。

文字に惑わされるとちょっと面倒なんです。

 

だから別に覚えなくてもいい。

 

だって、これを手繰り寄せていくと、どちらにしろ「1つ」の内臓に繋がっていく。アレもコレもって考えなくても「大元は1つ」の事実に置き換える事が出来てしまう。

 

1つだったら、できるかも。

 

何が何でも最優先にして、

何が何でも守り切る。

その1つを常に頭に置いて、

とにかく「やる」。

 

で、やってみた。

 

たった1つの事を軸として。

 

 

その1つとは

 

 

「小腸」を守る。

 

まずそこ。

 

============

 

小腸に生息してる免疫細胞は2500億個と言われ、全身の60%を占めています。何だかんだいっても、癌細胞より圧倒的に数では勝るので、その一つ一つを大事に扱って、強くして、小腸に存在する正常細胞(善玉菌)を強化していく事で、丈夫な身体の基礎を創り上げる事ができるのです。

 

また、ハッピーホルモンの90%が腸で作られると言うように、整った腸とは、柔軟な思考をつくるので、自分の為になる行動を選択するようになる。

 

するとストレスも減り、運動をしたくなる。

 

すると骨盤も安定して、体温もあがる。

 

身体は繋がっている。

 

だから

 

「免疫細胞が、癌細胞を排除できるレベル」の体内構造を創るのは、「小腸」を整える事が最優先であり、最短であると思っています。

 

取りあえず、まずそこからやってみる。

 

実際に

 

小腸の表面の細胞は「癌細胞より頻繁に」分裂を繰り返しています。

 

という事は、癌細胞を攻撃できる免疫細胞を増やすには、「小腸」をどんどん強くしていく事がポイントとなる訳です。

 

===========

 

<強い小腸の作りかた>

※出来る事から取り入れてみて下さい。

 

①食事療法

・炭水化物、肉、魚、乳製品、卵、砂糖、添加物、飲酒等の摂取を極力控え、内臓の負担を減らす。(乳癌発覚から最低1~2年)

・過食、間食、夜食は厳禁。

スパイスを取り入れる(特にカイエンペッパー、ターメリック)。

・飲み物は発酵ドリンクアルカリ性飲料ビワ茶、還元茶)、白湯など。

 

②腸内環境を整える

発酵食品を摂り入れて、善玉菌を増やす。

3種類の酵素の力を蓄え、免疫力をUPさせて、NK細胞を増やす。

腹八分目

 ・体内の毒素を包み込んで排出してくれる「食物繊維(スピルリナ)」等を積極的に摂る

 

断食

16時間断食もしくはプチ断食により、ケトン体にする。

 

 

「小腸」を強くする方法は一つじゃないので、これ以外にも色々とあると思います。自分が出来そうなことを選んで、色々試して続ける。自分で考えて「一つの目的」に向かって直進する。

 

(ちなみに、これらの方法の全ては、私が実際に自分で試して、効果があると思う方法であり、完全に個人的な意見です。)

 

目的地に着くのなら、方法は何でもいい。

方法は自分で選べばいい。

 

つまり、自転車でも新幹線でも、目的地に着けばいいって事です。ただ、私の場合、どうせなら新幹線の方がラクだし、早そう。という個人的な意見に基づいていますが、これにも当然、個人差はあると思います。

 

とにかく

 

f:id:kenkohuntermio:20171003141313j:plain

 

「目的=小腸を強くする」

 

その為に出来る事を、毎日やろう。

 

ポイントさえ揺らがずに、直視してれば、生活習慣なんて自動的に変わってきます。だから難しく考えすぎず、ただ「小腸」だけにフォーカスしてみる。すると、他の事も変わる。

 

健康維持とは自分の意志なのです。

 

●私が毎日摂取してる必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

●乳がん克服に絶対必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。

●乳がんメルマガこちらからご登録いただけます。

 

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ