自然体で乳がんと向き合う

乳がんを余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然療法、無治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん動画も配信しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

癌より怖いもの <乳がんブログVol.175 >

2015年10月に乳癌(ステージ3)が発覚した日を境に、「自分でどうにか治すしかない」と決めて取り組んだ「自己流、乳がん治療」ですが、右往左往しながらも、どうにか半年で腫瘍を5㎝以上も縮める事が出来た経緯を、このブログでは詳しくお伝えしています。 

============

前回の記事には、外食を楽しむコツについて書きました。また、文章中のオレンジ色の下線部分は全てリンクです。必要な方はご覧ください。

============

<お知らせ>

多くの方から私の「一日のルーティンを教えて欲しい」「食生活を細かく知りたい」「発酵食品の作り方を教えて欲しい」「食生活以外に出来る事は?」など、ご質問を多数頂いています。これらは全て、過去記事を検索して頂けるとわかると思いますが、記事数も多いので、毎回探し出すのも大変だと思います。

なので現在、こういった質問にお答えする為の動画を作成しています。出来上がり次第ブログにてお知らせしますので、もうしばらくお待ちください。

================

 

 

私が住むカナダでは、年々癌患者の生存率は伸びています。

 

人間ドックなんてない国なのに、なぜでしょう?

 

しかも、マンモグラフィは被爆のリスクの方が高いという理由で、対象年齢は基本的に50歳以上となっています。大腸がん検診は上限74歳までと定められているし(QOL優先)。2年に一度だし。社会人の定期検診とかないし。しかも無料なのに、検査へ殺到する人も少ない。

 

「早期発見」が義務みたいになっている日本とは、大きく異なります。

 

更にカナダでの

・抗癌剤治療率は約5%。(日本は20倍)

・手術は6%(日本は17倍)

・手術+抗癌剤は3%(日本は33倍)

 

なのに、癌の生存率は日本より高いのです。

 

QOL(Quality Of Life・生活の質)を最優先に考え、その「生き方自体」を治療とする。

 

このブログでも繰り返しお伝えしているように

癌治療とは「自分治療」です。

自分の為の人生を

自分の為に満喫する

という事が、治療の大前提にまずなきゃいけない。

 

自分が自分として、自分らしく生きる事から外れた時に、身体は「病」という手段を使って、身体を不自由な状態=症状として現し、「自分の道を生きなさい」と教えてくれる。だから、その辛い状態=病から、自分が「自分に無理強いをさせてた所」を見つけて、軌道修正する。

 

それが癌治療です。

 

「自分」を知らずして、

どうやって癌を知り、

癌になった自分を知り、

癌治療しようと言うのでしょうか?

 

自分にとって

心地いい食べ物

心地いい空間

心地いい人間関係

心地いい仕事

心地いい眠り

心地いい24時間

 

これを知らずに人生終わるって、

癌よりよっぽど怖いと思うのです。

 

・・・わたしはね。

 

=============

 

ご存知ですか?

 

「癌細胞はパワフルだ」と恐れおののく世の中ですが、実はそんなパワフルな癌細胞を遥かに上回る威力を持つものがあるのです。

 

それは

 

私達の「正常細胞」

 

特に、血液を作る骨髄造血細胞を始めとして、全身にはびこる毛根細胞、消化器官の粘膜細胞口腔粘膜細胞等は、実は癌細胞よりも激しく増殖を繰り返しているのです。

 

だからその分、抗癌剤などを投与すると、癌細胞と同じ勢いで正常細胞も消滅していくので、副作用としての症状が現れます。

 

・骨髄造血細胞=血液の生産が間に合わなくなり、貧血、ダルさ、むくみ、感染症など。

・毛根細胞=頭髪、眉毛の脱毛

・口腔粘膜=激しい口内炎

・消化官粘膜細胞=吐き気、下痢、食欲不振

 

生命力の強い癌細胞が消滅する程、威力がある抗癌剤を投与した場合、例えどんなに強い正常細胞だって、流石に一度はやられる。それは仕方ない。

 

でも、生き返ります。

両方、生き返ります。

 

その時に、

癌細胞が早く生き返るか

正常細胞が早く生き返るのか

 

ここからが勝負です。

 

今までと全く同じ「自分」だったら、また同じ結果になる。でも、根本を変えれば、当然結果も変わってくる。

 

私達は、パワフルな正常細胞で創られている生命体なので、その正常細胞のパワーさえ引き出す事ができたら、数でも圧倒的に勝ってる正常細胞が優位に立つ事ができる。

 

癌細胞が一日に発生する数

5000

 

正常細胞の数

70000000000000

 

ね。

 

だから「癌治療」とは

「いかに正常細胞のパワーを上げるか」

がキーポイントとなるのです。

 

そして、その「免疫(正常)細胞」の70%が作られるのはどこでしょうか。

 

「腸」です。

 

そして「腸」を丈夫に保って、善玉菌を増やすには、全身が「アルカリ性」である必要があるのです。

 

アルカリ性については、このブログでもしつこいくらいに記事にしていますが、私が自分の身体で体感したアルカリ成分表は、こんな感じです。(あくまでも私の身体での実感なので、一般論は参考にしていません。)

 

<強アルカリ性ボディーになる>

発酵食品

ビワ茶 

レモン、梅干しなどの酸っぱい食べ物

アップルサイダービネガーなど、「酢」系の摂取

・野菜

16時間断食かプチ断食

 

 

<酸性ボディーになる>

・白砂糖

・添加物、揚げ物、農薬、脂肪分

・インスタント食品、冷凍食品

・肉、魚類(少量ならOK)

・乳製品、卵

============

 

癌細胞は、木に例えると「葉っぱ」にしか過ぎない。その葉っぱが癌になったとしたら、

 

その幹

その根

その栄養素

を変えていく事が、根本治療です。

f:id:kenkohuntermio:20170919142357j:plain

 

自分にとってその幹、根、栄養素は何だろう?それをどうやって変えられるんだろう?って、探った分だけ、自分(答え)を知る事ができる。

 

そうやって自分を知る人生を謳歌して、生きていきたいと思うのです。

 

●私の「免疫力アップ」必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

●乳がん克服に必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。

 

次回は9月21日(木)21時更新です。

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ