乳がんブログ 自然療法で乳癌と向き合う

乳がんステージ3を余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然治癒)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん相談も実施しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

余計な氣を抜く<乳がんブログVol.164>

 

2015年10月に乳癌(ステージ3)が発覚した日を境に、「自分でどうにか治すしかない」と決めて取り組んだ「自己流、乳がん治療」ですが、右往左往しながらも、どうにか半年で腫瘍を5㎝以上も縮める事が出来た経緯を、このブログでは詳しくお伝えしています。 

============

前回の記事には、検診前のドキドキを消す方法を書きました。また、文章中のオレンジ色の下線部分は全てリンクです。必要な方はご覧ください。

============

 

このブログは主に、「乳癌」だと診断された方、もしくは乳癌予防・再発防止を心掛けてる女性に向けて、「乳癌経験者の私」が自分のホリスティックな治療方法(頭・心・身体を繋げた療法)を確立する為にしてきた記録や、実際の体験をもとに書いているものです。

 

今現在「乳癌ではない方」には、食事療法などは厳しすぎる部分もあると思いますので、各項目はご自分の判断で参考にして下さい。

 

私は基本的に、乳癌ではない方々への「乳癌予防」に効果的な事は、「楽しく」毎日を過ごす事、が一番だと思っているので、食事の制限は必要最低限だとしても、後は「楽しむ=免疫力が強化する」という既に備わってる最強の武器=免疫力をあげて欲しいと願っています。

 

強い免疫力(NK細胞)さえあれば、

・まず病気にはならない

・もし病気になっても早く治る

・例え乳癌になっても治る

・どんな治療法でも治る

と確信しています。

 

乳癌ではない方の、必要最低限の食事制限とは

①白砂糖の摂取量を減らす

農薬、インスタント、添加物、冷凍食品を避ける

腹八分目を心掛ける

これに免疫力を上げる食材をプラスしていけば、十分だと思っています。(完全に個人的な意見です)

 

そして何よりも大事なのが「自分の人生を謳歌する」こと。

でも、「何をやったらいいのか、わからない」とか「目標や、やりたい事が見つからない」という方は、

①目の前にいる人を大切に扱う

②他人からの評価を吹き飛ばす

③例え影口言われたとしても、自分を突き通す

④我慢してる事を相手にぶちまけるのではなく、「〇〇だから、こうしたい」と説明できる思考回路にする。常に自分の中で「改善策」を練ってから、その改善策を相手に伝える癖をつける。

 

するとストレスはかなり減ります。

ストレスは万病の源です。

「ストレスを感じてる」と言う事は、紛れもなく「それは自分には合わない」という証拠。それなのに無理に進もうとするから、自分を見失って、「やりたい事がわからない」という、現実が訪れます。

 

あなたは既に、才能の塊です。

この世に生まれた以上、あなたの存在は意味を持ち、幸せを感じながら生きるという使命を許されている。

 

だから五感をフル活用して生きていけばいい。

 

自分らしい歳の取り方をしてると、例え何かの意味があって癌になっても、きちんと自分に向き合える。

 

一番厄介なタイプは

・何でもかんでも自分に溜め込む

・そしてある時、突然怒りが爆発する

・気を抜く事を知らない

・頼まれてないのに自分を後回しにして、挙句の果てに文句言う

・やってあげてる感、満載

・上の④ができない

 

面倒でウザい奴(わたし)です。

 

だから、乳癌を期に、全部やめた。

そしたら、乳癌は治ったよ。

 

これが乳癌を直接治した訳ではないけれど、この「余計な気」を全部抜いて、自分自身に「もう十分だよ、いい加減に肩の力を抜いて生きようよ」って話したら、もう楽で楽で、どんどん自分が解放されてく。

 

自分って「何かをしたから」価値があるんじゃなくて、何もしてなくても、好きに生きてるだけで価値があるんだ。って気づいた。

 

すると、不思議な事に「自分が気持ちよくなる事」がクリアに見えるから、進む道もクリアになる。

 

食事方法も誰に言われる事なく、自分で見つけられる。

 

治療方法も揺らぐ事なく、自信が持てる。

 

日々の過ごし方も、自分最優先+罪悪感ゼロ。

 

特別何かをしなくても、基本、幸せです。

 

目の前を深い霧で曇らせているのは、自分の「余計な気」が全ての原因。それを抜くと、春の風みたいなのが吹いて、さっと霧を晴らしてくれる。そんな感覚が訪れます。自分って自分の好きなように生きていい。自分が許しさえすれば。 

 

f:id:kenkohuntermio:20170828055737j:plain

 

そもそも癌細胞とは、正常細胞が暴れて形を変えた結果です。

 

横一列に並んでいた正常細胞の中でも、暴れん坊がいて、何かに不満をもって騒ぎ出し、癌細胞へと変化します。でも普通は「免疫細胞」がその癌細胞を見つけるや否や、速攻退治してくれるので、癌細胞が増える前に排除できます。

 

ところが、ストレスや食生活の乱れ、タバコや過労、精神的問題、過食、人間関係などによって免疫細胞が弱り切ってる場合には、癌細胞の増殖力に負けてしまうのです。

 

そして癌細胞は、この「免疫細胞が弱り切ってる状態」が大好きなので、私達がそれに気付いて改善しない限り、癌細胞は水を得た魚の様に成長を続けます。

 

だから

 

免疫細胞を弱らせてる「原因」は自分で何だと思いますか?という事です。

 

ホント、何だと思いますか?

 

分からなかったら、瞑想してみて。

瞑想ができなかったら、静かな部屋で自分の呼吸の音を聞く時間を5分でいいからつくってみて。

 

それもできなかったら、今、目を閉じて、頭に一番初めに浮かんぶ「嫌な事、嫌な人、悲しい過去、悲しい現実、苦しい経験」など「自分の胸が一番苦しくなるもの」って何なのか、ちゃんと知ってみて。

 

そして、それを紙に書き出して。

自分の心の中の状態を知る。

 

これをすると、上記の④ができるようになる。

自分を苦しくしてる事柄は、確実にストレスとなる。

それを抜くには、まず「知らないと」抜けないよね。

 

自分を苦しめてる事柄を知ったら、

過去の事だからもういいよ、って「手放す」事で、ストレスは一つづつ消えていく。

 

だから、「ちゃんと自分に向き合う」って治療の第一歩です。

これを飛ばして「抗癌剤」するから再発する。

抗癌剤をするにも、自分を知って、納得した上で投与すれば、再発の可能性はグンと減ります。

 

近道せず、通り過ぎようとせず、飛び越さず、「向き合う」事から始まります。

 

2016年度に癌になった人は100万人を超えました。

医療の進歩と反比例してる数字です。

 

私は、医療は確実に進歩してると思う。

ただ、その医療に「頼りきる」から治らない。

 

癌は医療で「治る」病気ではなく

医療と共に「自分で治す」病気です。

 

西洋医学も

東洋医学も

自然療法も

食事も

薬も

 

全部大事。

でも「心」も仲間に入れてあげて下さい。

きっと凄いパワーを発揮する。

 

乳癌の予防・治療・再発防止には(乳癌でなくても)、ちょくちょく心と頭と体の掃除をして、癌体質を根本から変える必要があるのです。特に再発予防は「もう治った」と思って元通りの生活に戻っては、乳癌になった意味を消す。

 

あなたの「基盤」は毎日の生活です。

24時間という1日です。

 

そして治療とは「日々の習慣」です。

あなたの10年後は、今の積み重ねです。

だから、「今を」受け止めて生きていこう。

 

●ちなみに、私が毎日摂取している必須アイテムこちらからご覧いただけます。

●その他、乳がんの情報と説明については、こちらをご覧ください。

 

このブログでは特に「乳癌の治療法」について焦点を当てて書いていますが、実は療法以外の心の事、気持ちの持ち方、思考の変え方などが、その療法を選ぶにあたって大事なのです。直接の治療法だけではなく、それに達するまでの考え方などをメルマガにて配信しています。興味のある方、更に乳がんについて詳しく知りたい方はご登録ください。 

●メルマガ登録はこちらから
乳がんと健康法メールマガジンご登録

 

次回は8月30日(水)21時更新です。

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ