乳がんブログ 自然療法で乳癌と向き合う

乳がんステージ3を余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然治癒)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん相談も実施しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

治療方法の決断◉本能を鋭くする方法<乳がんブログVol.148>

2015年10月に乳癌(ステージ3)が発覚した日を境に、「自分でどうにか治すしかない」と決めて取り組んだ「自己流、乳がん治療」ですが、右往左往しながらも、どうにか半年で腫瘍を5㎝以上も縮める事が出来た経緯を、このブログでは詳しくお伝えしています。

============

前回の記事には潜在意識のパワーを知る事について書きました。今回は潜在意識&本能はどうすれば研ぎ澄まされるのか?それがどのように、治療方法の選択などに役立つのか。という事についてです。

============

 

<潜在意識=本能>を鋭くする方法

 

まずはじめに「脳と心臓」の関係を知る事が早道です。

 

私は自分のヨガクラスで、ほぼ毎回「心臓の裏の筋肉を広げるイメージで、息を吸って」と言います

 

なぜ?

 

それは、「心臓と脳」のつながりに、大きなヒントが隠されているからです。

f:id:kenkohuntermio:20170727120440j:plain

 

人間の体内には約5000㏄の血液が流れていると言われていますが、その20%は「脳」に送られます。脳は血液を大量に必要とする臓器なんです。

 

では、その血液の流れを作って、脳に血液を送っている大元はどこでしょうか?

 

心臓です。

心臓の強力なポンプの働きが、5000㏄もの大量の血液を休みなく身体中に送り届けています。その心臓のポンプの働きにより、体内に循環してる血液は、から栄養分を摂り、から酸素を摂って、身体の各部分に渡しています。同時に、毒素を集めて腎臓や肺に渡して、最終的に排出します。

 

驚異的にパワフルで、想像を遥かに超える精密さで、一寸の狂いもなく巧妙に動いているのが、私達の身体なんです。

 

その大量の血液を体内に循環させてる心臓は、何でできていますか?

筋肉です。休む事無く膨らんだり、縮んだりして、血液を絶え間なく循環させています。

 

その筋力が弱ると、どうなりますか?

ポンプの働きが弱って、血液が全身に行き渡りにくくなります。血液が滞ると万病の元どころか、脳梗塞などになります。だから、「脳」が正常に機能しないのは、脳の問題ではなく、「脳へ十分な血液が届かない為に起こる=心臓の弱さ」が原因ともいわれています。

 

だから、この「元気な心臓」があってこそ、「元気な脳」が「元気な思考」と「元気な精神」を作り、結果「元気な身体」になると思うのです。

 

そして、その「元気な心臓」を作るのは「呼吸による収縮運動」なんです。深く大きな呼吸を繰り返す事で、筋肉でできてる心臓の筋トレができます。

 

だから、普段は意識しなくても動いてくれてる心臓に、せめてヨガの時くらいは、溢れるアテンションを注いであげて、心臓をサポートしてる「心臓の裏側の筋肉」にも息を大きく吸い込む事で、筋肉の収縮が活発になって、元気な心臓の筋肉を保てると思うのです。これが「心臓の筋トレ」であり、それは呼吸でしか行えません。

 

それが、私が自分のヨガクラスで毎回繰り返し「心臓の裏の筋肉に呼吸を」と伝えてる理由です。

=================

で、「潜在意識と本能の研ぎ澄まし方」ですが、この場で今すぐ実践できます。

 

まず「心臓の裏の筋肉を膨らますように」呼吸してみて下さい。

ゆっくりと、大きい呼吸です。

 

心臓に意識を送って

心臓に呼吸を送る

心臓に大きく息を吸って

心臓から大きく息を吐く

 

これを繰り返してみて下さい。

出来るだけ長く。

出来るだけゆっくりと。

出来るだけ深く。

 

何度も繰り返してみて下さい。

 

心臓に大きく息を吸って

心臓から大きく息を吐く

 

この状態が既に「瞑想」です。

 

更に繰り返してみて下さい。

出来るだけ長く。

出来るだけゆっくりと。

出来るだけ深く。

 

 

だんだんと、身体が静かな状態になってきます。

 

この、今の状態での静かな脳波が、α波

 

先日の記事でお伝えした「潜在意識と一番繋がりやすい脳波=α波」になるのです。頭での思考が緩やかになって、ガチャガチャした思考がスーッと海底に沈む砂みたいに落ちていく。この穏やかな「脳波=α波」が潜在意識をオープンにさせて、「本能」を感じやすくする状態に導いてくれます。

 

朝起きてすぐ

夜、寝る直前

は、一番潜在意識と繋がりやすい身体の状態です。なので、目覚めたらまず、深い呼吸を繰り返してみて下さい。夜も寝る寸前に、意識して深い呼吸を繰り返してみて下さい。

 

そして、その時に感じた事や、頭に浮かび上がった事は、スルーせずにきちんと受け止めて、深く掘り下げてみて下さい。

==============

結局、人生で起こる全ての事の答えは「自分の中」にしかない。

どんなに「外」に答えを求めても、ありません。

 

でも「自分の中の答え」のヒントが現れても、私達は「世間体」とか「過去の経験」とか「人からの助言」などにより、却下してしまう。だから、「身体に聴く」癖をつける。「これでいいのかな?」って静かな状態で、自分に問うと、「本能」が答えを教えてくれると思う。

 

私はいつも、そうしてます。

 

なぜなら、私はブレるし、不安にもなる。一喜一憂するし、喜怒哀楽も激しい。

だからヨガや瞑想で自分をセンターに持ってく。私がヨガをするのは、上達したいからじゃない。私にはヨガが何より必要だし、大好きだから、毎日やってるという事もありますが、それに加えて、私にはヨガの時間がないと、自分と静かに向き合う事が難しいです。なぜなら、ヨガをやってると、一切の邪魔がなく、全ての神経を自分の体内に集中できる。だから自分の思考の位置を、常にフラットにする為にヨガは必要不可欠で、ヨガの無い人生は考えられない。

 

でも結果、心臓の筋肉は強くなるし、脳の動きもクリアーになる。肝臓も腎臓も肺も丈夫になる。いい事づくめ。このブログの過去記事でも、背中を広げる大切さや、身体を中心に保つ大切さについては書いてきました。必要な方はご覧ください。

 

是非、多くの方が「完璧なポーズのヨガ」なんかじゃなくて、「自己流のヨガ」を深めていけたらいいな、と思います。スタジオなどに通わなくても自宅でできるヨガビデオのお勧めはこちらです。

 

「本能」なんて、自分だけのものなんだから、自分の中にしか見つけられない。そして、一人一人が「全く違う本能」をもって生まれてきてるんだから、人と比較した答えじゃなくて、「自分の答え」を見つける事が、乳癌治療だけでなく、自分らしい人生を送るのに必要だと思います。だから、治療方法に迷いがあっても、結局は自分と相談して進むしかありません。

 

 ●その他、私が毎日摂取している必須アイテムこちらからご覧いただけます。

 

●その他、乳がんの情報と説明については、こちらをご覧ください。

 

このブログでは特に「乳癌の治療法」について焦点を当てて書いていますが、実は療法以外の心の事、気持ちの持ち方、思考の変え方などが、その療法を選ぶにあたって大事なのです。直接の治療法だけではなく、それに達するまでの考え方などをメルマガにて配信しています。興味のある方、更に乳がんについて詳しく知りたい方はご登録ください。 

●メルマガ登録はこちらから
乳がんと健康法メールマガジンご登録

 

次回は7月29日(土)21時更新です。

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ