乳がんブログ 自然療法で乳癌と向き合う

乳がんステージ3を余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然治癒)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん相談も実施しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

WHOLE生活ってなに?①方法 <乳がんブログVol.144>

 

2015年10月に乳癌(ステージ3)が発覚した日を境に、「自分でどうにか治すしかない」と決めて取り組んだ「自己流、乳がん治療」ですが、右往左往しながらも、どうにか半年で腫瘍を5㎝以上も縮める事が出来た経緯を、このブログでは詳しくお伝えしています。

 

乳がんになって、一番初めに取り組んだのが、当然「食の改善」。理由は今すぐに、この瞬間から実行できるから。つべこべ言ってる間に転移してしまう癌なので、迷ってるヒマはなく、取りあえず考えられる全ての事を、片っ端からトライする上で「食の改善」は、まず真っ先に取り組んだ事でした。でも「改善」と言っても、以前から普通レベルの健康オタクだった私(添加物ナシ、農薬ナシ、水道水ナシ、電子レンジなし、レトルト食品ナシ等)にとっては、「足す」ことよりも、まずは「抜く事」から始めた。

 

それが16時間断食プチ断食への挑戦の始まりでした。

 

ここまでは、よかった。

 

ただ、その後が問題でした。

 

せっかく抜いて綺麗になった体内に、サプリを大量に摂る事をしてしまった。

当時は「癌の唯一の栄養素である糖分を、とにかく抜いて、でも同時に身体に栄養を与えるべき!」と思ってたので、ご飯(糖分)を食べずに栄養をガッツリ摂る為には?・・・と考えた結果、ビタミンもミネラルも「凝縮」されてるサプリを、空腹に10種類以上摂取してた。

 

やっぱり空腹に摂るものは効き目抜群で、「栄養の過剰摂取(自己診断ですが)」により癌腫瘍は逆に大きく成長してしまった。今思うと、不自然な事したなーって思う。

 

約2カ月間のサプリ生活での出来事です。(詳しくはこちら。)

 

それに気付いた瞬間に、全てのサプリを捨てて「栄養はWHOLE(全体)で頂く事に意味がある」って、顔に冷水を浴びせられたように、ハッと目が覚めた。

 

ここからが、「WHOLE生活」の始まりです。

 

自称WHOLE生活とは、野菜の皮も、種も、身も、全てを余すところなく、栄養素を破壊することなく、吸収を最大限に得られるよう、私なりに考えて食べる方法です。

 

①何も捨てない

野菜の皮&種&芯は、実は栄養の宝庫。特に種(アボカド、桃、梅干し等)は、私にとっては宝物。野菜や果物を切った時に出る「クズ野菜=宝」は、いったん「発酵」させます。発酵と言っても、ちょー簡単。瓶に次々にクズ野菜を入れて、水をヒタヒタまで入れて、冷蔵庫で2~3日保管するだけ。

f:id:kenkohuntermio:20170719143226j:plain

 

写真の瓶の内容は、イチゴのヘタ、梨の種&芯、アボカドの種、梅干しの種、ニンニクの皮、タマネギの皮、ニンジンのヘタ、など。

 

以前はジップロックに入れて冷凍してましたが、冷凍より発酵の方が、クズ野菜から出る栄養をジワジワと出し切る事ができるので、最近はもっぱら発酵です。出来上がりの目安は「水の色が変わったら」です。水の色が変わる(茶色くなる)という事は、野菜や果物の糖分がすっかり抜けきったという合図。すぐに使わなければ、そのまま冷蔵庫で1~2週間大丈夫ですが、中のクズ野菜がたっぷりの水に浸っているようにして下さい。

 

使い方は、そのまま鍋にバシャっとあけて、軽く煮出してから野菜を漉せば出来上がり。汁はスープ、味噌汁、煮物、お米を炊く、など何にでも使えます。すぐに使わない場合は、漉した汁を冷蔵or冷凍保管してください。漉された野菜は、コンポスト行きです。

 

②野菜と果物の発酵水

●果物

特に美味しいのが、

・梨

・アプリコット

・青梅

・リンゴ

煮沸した瓶に、好みの果物を入れて、たっぷりの水を入れて、冷蔵庫で3日保存。その後常温で1日放置すると、プクプクと泡が出始めます。それで出来上がり。その後保管は冷蔵庫で。発酵具合は日にちが経てば経つほど増します。ただ、日本の気候では発酵の速さが違うので、様子を見ながら(各自調べて)やって下さい。

f:id:kenkohuntermio:20170719143354j:plain

この液が甘くてショワショワしてて、美味しいのです。

 

●野菜

上記と全く同じ方法ですが、塩を一つまみ足します。野菜も果物も、発酵液はどんな料理にも使えます。

f:id:kenkohuntermio:20170719143420j:plain

 

f:id:kenkohuntermio:20170719143441j:plain

 

出来上がった果物・野菜の発酵液は、そのまま飲んでもいいし、Kombuchaやウォーターケフィアと割って飲むと、抜群に美味しいです。

f:id:kenkohuntermio:20170719143510j:plain

 

●ミックス野菜で味噌汁の具

シイタケ、ニンジン、タマネギなどの野菜を、鰹節と昆布に入れておくと発酵します。これを味噌汁を作る時に、汁ごと鍋に入れると味わい深くなります。また、お蕎麦の具や、煮物に使ったりもできて、冷蔵庫に1瓶あると何かと便利です。

f:id:kenkohuntermio:20170719143843j:plain

 

もし発酵に興味があったら、発酵の簡単なルールを一度きちんと調べるか、ワークショップなどに参加されるといいと思います。バンクーバーでのお勧めWSはこちらです。日本は元祖・発酵食文化の国なので、色々と調べていくと知らない事が満載で面白いです。お勧め情報は、こちらや、こちら

 

上手に出来ると発酵

失敗すると腐敗

微生物のミラクルで出来上がる発酵食品は、「生きて」ます。面倒を見ながら行うので、自分が「美味しく作りたい」と思ってると美味しく出来上がります。逆に、投げやりに適当に作ると、本当に適当な味になるので不思議です。

 

また、今までの生活習慣による腸内環境の悪化具合にもよって、発酵食品を受け付けない人もいます。そんな場合は、発酵食品を作るタイミングは「今」じゃないかも。なので、作りたくないけど試してみたい、という方は市販品でも構わないと思います。(但し、市販品は砂糖を使っていたり、酵素が既にない状態のものが多いので、購入の際にはきちんと調べて下さい。)

 

要は「イイ事かも?と思ったことは躊躇せずにやってみてから決める」という実行力です。

 

③発酵後の野菜&果物

●野菜

瓶の野菜を取り出して、そのまま生で使うと元気な酵素が身体に浸透します。また、加熱してスープの具として使っても、酵素はなくなるけど、ミネラルは残ります。サラダ、ドレッシング、スープ、漬け汁、ソース等、使い方は無制限。

 

●果物

果物は、色が茶色くなります。これは、果物の糖分が抜けた合図。なのでそのまま食べても、全く美味しくありません。私は茶色く変色する前に取り出して、スープなどに入れちゃいます。もし、既に茶色くなってたらコンポスト行きです。

===============

発酵食品は、作る回数を増やしていくと、自分のやり方がどんどんクリアになってきます。料理をする時、私は音楽やテレビは基本的につけません。シーンとしたキッチンで、一人無心になったり、逆に考え事したり、その時の気分に浸りながら、何かを作る時間が好きなのです。

 

みなさんは、料理する時、どうしてますか?どんなに忙しくても「何でもいいから適当に」だけは避けて、逆に「作る気持ちが適当じゃなければ(真剣なら)、具材は何でもいい」に変えてみると、更に美味しい食卓になると思っています。

 

 ●その他、私が毎日摂取している必須アイテムこちらからご覧いただけます。

 

●その他、乳がんの情報と説明については、こちらをご覧ください。

 

このブログでは特に「乳癌の治療法」について焦点を当てて書いていますが、実は療法以外の心の事、気持ちの持ち方、思考の変え方などが、その療法を選ぶにあたって大事なのです。直接の治療法だけではなく、それに達するまでの考え方などをメルマガにて配信しています。興味のある方、更に乳がんについて詳しく知りたい方はご登録ください。 

●メルマガ登録はこちらから
乳がんと健康法メールマガジンご登録

 

次回は7月21日(金)21時更新です。

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ