乳がんブログ 自然療法で乳癌と向き合う

乳がんステージ3を余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然治癒)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん相談も実施しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

ほうれい線の真の原因<乳がんブログVol.140>

ほうれい線が浮き出てくるのは、胃の分泌機能が弱ってる証拠であり、また鼻の脇の膨れてる部分が何となく紫色の場合は、これも胃の炎症の現れだと一般的に言われています。

f:id:kenkohuntermio:20170709051311j:plain

 

 胃の消化機能が弱まると、唾液の量が減ります。唾液が少ないと、食べ物を食べた時の「消化」が悪くなります。なぜなら、口から入った食べ物は、まず唾液に含まれる「消化酵素」によって分解されるからです。その消化酵素が弱いまま、胃に入るから、胃の負担が増えて、胃の働きがが弱ります。これが、胃の悪循環の始まりです。

 

なので「ほうれい線=顔の筋肉の弱り、たるみ」なのですが、同時にその筋肉の弱りが「どこから?」きてるのかという根源を探ると、この場合は「胃の弱り⇒唾液腺の弱り⇒唾液の量が減る⇒口で消化されない⇒胃に負担が掛かる」という事になり、結果、様々な免疫機能も低下して、「顔の筋肉も弱る」という事だと思います。

 

身体の症状は、ほうれい線一つとっても単に美容だけじゃなくて、内臓と密接な関りがあります。ほうれい線が目立ち始めてきたら、「歳だから」で済まさずに、「胃のケアが必要ですよ」という合図をキャッチして下さい。

===============

 

でも、本当に原因は「胃」だけ?

もし、胃に負担が掛かる物をほとんど食べてない人は?

私のように、炭水化物全般を始め、肉も、魚も、卵、乳製品、揚げ物、インスタント食品、アルコール等ナシな人は、胃に負担が少ないから、ほうれい線はないの?

いいえ、びっちりありますよ。自慢じゃないけど。

 

胃が弱ってる訳でもないし、胃に負担も掛けてないのに、ほうれい線が現れるのは、コラーゲンがどうの、という表面上の話ではなく、実はもっともっと奥深い所につながるのです。

 

それは、腸と腸の間に溜まってる脂肪

先日のこちらの記事にも、「腸と腸の間に溜まってる脂肪」については書きましたが、私はそもそも、そんな所に脂肪がある事も知りませんでした。一般的に「内臓脂肪」といいますが、「腸と腸の間にまで?」とかなり驚きました。

 

たくさん食べてて、脂肪が増えるならわかる。

運動しないで、太るのもわかる。

胃に負担が掛かる物を日常的に食べてて、ほうれい線が出るのもわかる。

食生活が荒れてて、肌が荒れるのもわかる。

 

でも、

 

それ程食べてないし、

長年、運動もしてるし、

食事の内容もいいはず。。

なのに、脂肪は取れないわ、ほうれい線は出るわ、乳癌にはなるわ、って何?と思っている方。(私)

 

はい。私は、この謎が、不思議で不可解で、ずっと「基礎代謝が弱いから」としか答えが出せずにいたけど、「じゃぁ、そもそも何で基礎代謝が弱いのよ?(昔から健康優良児だったのに)」の答えは出せずじまいでした。

 

そのモヤモヤがやっと解けた。

 

要するに、一番深いと言われる「腸と腸の間の脂肪」が溜まってるが故に、免疫機能を妨げてるのだと気づきました。そして、そんな奥深い所に長年脂肪が溜まってたら、乳癌だけでなく、あらゆる病気を引き起こしかねないという事です。

====================

そこで、日々の生活を「腸と腸の間の脂肪を取る」事を少しだけ意識してみる事で、明日、1か月後、1年後の身体が変わってくると思います。そこで気付く事がもう一つ。「乳癌治療」でも「内臓脂肪を取る」でも、やる事は全く同じだと言うことです。結局は「余計なもの(不純物)を捨てて、体内の循環を良くする」という結論に至るのです。そして、「不純物」は身体の奥底に静かに沈殿しながら、でも着実に、日々積もっていきます。それを一気に洗い流すのは難しい。

よって、こびり付きを落とすには、毎日毎日の洗い流しを、コツコツと諦めずに続ける事のみだと思っています。

 

一年に一度の大掃除より、一日一回の掃き掃除の方が大事だという事です。

という事で、

発酵食品

発酵ドリンク

ビワ茶

還元茶

野菜

を主に毎日摂取しながら、身体の質を「常にアルカリ性」に保ち、「酸性=サビ」を落とす事が全体の循環を促すのにとても大事なキーポイントだと思います。

 

また、プチ断食も効果的に内臓脂肪を排除します。

なぜなら、食事制限にきちんと取り組むと、体内のケトン体が増加して、脳の視床下部にある満腹中枢が刺激されるんです。だから、ある時期を超えると空腹感が減ります。また、ケトン体のスゴイことろは、脳の神経細胞を活性化する為、ケトン体が増加すればするほど、脳がα波(最高にリラックスレベルの脳波。潜在意識と繋がる脳波と言われています。)になるのです。だから、身体も脳もリラックスして、潜在意識(本能)が発揮されて、穏やかな状態になると立証されています。

そのケトン体が最も作られ始められるのが、本断食を初めてから4日~7日です。一日一食のプチ断食の場合は、もう少し長く掛かると思います。また、16時間断食だと、おそらく数カ月は掛かると思います。(もちろん個人差があります)

 

自分で積み重ねた不純物は、自分の責任で取るしかないのです。

諦めずに日々前進。

 

●ちなみに、食事法などの詳しい方法と説明については、こちらをご覧ください。

 

●また、私が毎日摂取している必須アイテムこちらからご覧いただけます。

 

このブログでは特に「乳癌の治療法」について焦点を当てて書いていますが、実は療法以外の心の事、気持ちの持ち方、思考の変え方などが、その療法を選ぶにあたって大事なのです。直接の治療法だけではなく、それに達するまでの考え方などをメルマガにて配信しています。興味のある方、更に乳がんについて詳しく知りたい方はご登録ください。 

●メルマガ登録はこちらから
乳がんと健康法メールマガジンご登録

 

次回は7月9日(日)21時更新です。

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ