乳がんブログ 自然療法で乳癌と向き合う

乳がんステージ3を余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然治癒)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん相談も実施しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

内臓のテンポを活かす <乳がんブログVol.131>

大腸に溜まった食べ物を消化するのに「20時間」掛かるってご存知でしたか?
 
それぞれの臓器は、いつも一定のテンポで働いている訳ではなく、約2時間おきに「活発に動く」と「休憩」を繰り返しているそうです。
 
その中でも「一番働く2時間」「一番休む2時間」が1日の中に一回づつ、あります。
 
そして、身体の中枢を担う「肝臓と肺」が夜中に順番に「一番休む2時間」の休息時間をとります。
午前1時~3時=肝臓
午前3時~5時=肺
 
その後、「大腸と胃」が朝方から「一番活発に動く2時間」の活動時間をとります。
午前5時~7時=大腸
午前7時~9時=胃
 
身体の主要な働きを担うこの4つの臓器「肝臓・肺・胃・大腸」は、私達を生かす為の「主役の臓器」と言っていいと思います。大きな木で例えるなら、根が胃と大腸。肝臓は太い幹。肺は枝と葉。この連携プレーで成り立ってる私達の身体。
 

f:id:kenkohuntermio:20170621155523j:plain

 

この4つの臓器は、身体の中枢だから、いつも整えておく事が大切です。
 
=============
(オレンジ色の文字部分は、全てリンクです)
 
 午前1時~3時。毎分1.5Lもの血液が流れ込む臓器として「第二の心臓」と呼ばれている肝臓は、毒素の分解、殺菌、加工(その他500以上の働き)をしてくれる臓器です。当然重労働なので、同時に十分な休息が必要になります。「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓についての記事は、こちらをご覧ください。
 
午前3時~5時。呼吸の大切さはこちらでもお伝えしていますが、「意識しなくても出来る事」って、実は「それくらい必要な事」なんです。だから、無意識でもできるようになってる。「息を吸わなかったら死んでしまう」という事は、逆を言えば「息を深く吸えてたら、身体を保つ事が出来る」という事です。そんな大事な「呼吸」について、敢えて意識を向けて、深い呼吸をするだけで、人間はどれ程リラックスできるのか。理屈抜きに感じて欲しいと思っています。同時に人間にとって必要不可欠な「中枢神経、脊髄、経路、ツボ」は全て背中に集まっています。呼吸によって肺が左右に大きく広がると、背中も自動的に広がります。その為、「中枢神経、脊髄、経路、ツボ」などが、伸び伸びとリラックスしていく仕組みです。
 
午前5時~7時。私達が食べた物は、「大腸に20時間残る」と言われています。だから「16時間断食」「プチ断食」が必要なんです。毎回毎回溜め込まずに、その日に食べたものは、夜中の臓器の休息サイクルを通過して、その後、大腸が一番活発に働く午前5時~7時の間に大掃除をしてもらい、綺麗な腸にしてから、また新たに一日の食べ物を入れる事が大切だと思うのです。そうやって私達は、毎朝腸を新品同様にできるのです。
 
だからまず、朝起きたら、「体内液とほぼ同じ成分の白湯」を飲んで、身体を一度温めると、ゆるやかに優しく腸からの排出を促します。
排出がないうちは、食べるの待った方がいいのです。だってまだ、腸の中がパンパンなのに、また新しい物を入れても、腸の中で「酸化=腐っていく」だけです。「出るまで食べない」を厳守する事は、身体を改善したいと思っている方には必須であり、より効果的に最短速度で効果を得られる方法の1つです。
 
そしてその後、
 
④胃
午前7時~9時。今度は「胃が一番働く時間帯」にバトンタッチされます。
この時に摂取する物が、一日のうちで「一番」吸収されます。このブログを通してずっとお伝えしている「身体を何色(どんな栄養素)に染めたいか」という事です。
 
白湯の後に摂取するもので、私がお勧めなのは「発酵ドリンク」
私も始めは市販品を買っていましたが、最近「発酵」が楽しくて仕方ない私が好んで飲んでいるものは。。。
・ビーツ発酵ドリンク
・野菜発酵水
・穀物や豆類(玄米、キヌア、粟、レンティル等)の発酵水(リジュベラックと呼ばれています)
・果物発酵水
・コンブチャ
・ウォーターケフィア
の、どれかをその日の気分で選んで飲んでいます。
 
この時間は出来るだけ固形物は摂らずに、「酵素=発酵ドリンク」を重点的に摂るようにすると、「酵素の力=免疫細胞の力」が増すと思います。
 
今更ですが最近「コンブチャ」と「ウォーターケフィア」のクラスに通い、スコービーを育て始めました。(バンクーバー近郊にお住まいの方、こちらのワークショップに先日参加させて頂きました。丁寧でわかりやすい上に、先生の発酵食品への愛情がハンパない!かなりお勧めのWSです。また、もし私が日本にいたら訪れたい、日本初のKonbucha専門店はこちらです。)
 
コンブチャは発酵過程で砂糖を使う為に、どうしても拒否反応がぬぐえず、今まで横から眺めているだけでしたが、「砂糖の糖分は発酵過程で完全になくなる事」がようやく自分の中で腑に落ちたので、遅ればせながら、早速始めました。ウォーターケフィアも同様、毎朝楽しみに飲んでいます。
 
やっぱり身体が欲しているものは、身体が笑顔になるからわかる。朝に飲む「発酵ドリンク」の美味しさは、私の一日の中で、かなり楽しみな時間となっています。中の具(漬けてる野菜や果物)は、食事の際にサラダに入れたり、つまんだりして食べてます。
 
逆に、朝一で摂取するのはNGだと思うもの。
・コーヒー
・炭水化物
・糖分
●朝食にシリアルや、パンとジャム等は、現在乳がんを発症されてる方は、即やめる事を強烈にお勧めします●
 
また、午前中は脾臓なども活発に動くので(=白血球を作ってる)、午前中に糖分摂取すると、脾臓が血糖値を下げる為に過度に働き、癌細胞を退治する「白血球」の生産が間に合わなくなるので、極力控えて下さい。
 
と、内臓はそれぞれの機能を最大限に生かすよう、順番にバトンタッチしながら働いています。私達に出来る事ってなんでしょう?それは、そんな素晴らしい内臓の働きをサポートする事です。無意識に行われてる内臓の働きの凄さ。頭で考えた所で到底太刀打ちできない凄さです。
 
だから、信じて、サポートする。
こうして、身体のリズムと一緒に私達は、自分の身体をフロー(流れ)に乗せて、生かしていきます。それには、まず、早く寝ないと!ですね。
 

 ●ちなみに、私が摂取している必須アイテムはこちらからご覧いただけます。

 

このブログでは特に「乳癌の治療法」について焦点を当てて書いていますが、実は療法以外の心の事、気持ちの持ち方、思考の変え方などが、その療法を選ぶにあたって大事なのです。直接の治療法だけではなく、それに達するまでの考え方などをメルマガにて配信しています。興味のある方、更に乳がんについて詳しく知りたい方はご登録ください。 

●メルマガ登録はこちらから
乳がんと健康法メールマガジンご登録

 

次回は6月23日(金)21時更新です。

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ