乳がんブログ 自然療法で乳癌と向き合う

乳がんステージ3を余命宣告を受けながらも、代替医療(自然療法、自然治癒、自然治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん相談も実施しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

わたしの乳癌治療法<基本形>

この丸の大きさ、なんだと思いますか?

約7.2cm原寸大(PCだとたぶん原寸大。端末の種類によって原寸大より小さくなってしまいますが、だいたい手の指4本分です)

f:id:kenkohuntermio:20170526130405j:plain

 

私の右胸の癌腫瘍、発見当初の大きさでした。

 

っつか、気付けよっ!って突っ込みたくなる大きさ。

我ながら、何で気付かなかったんだろう?と不思議ですが、それほど自分にアテンションを向けてなかったのでしょう。内臓にできた腫瘍は見えないし触れないから、自覚症状が出るまで気づかない場合もありますが、私の乳癌はそれとは違い、右胸に堂々とできた腫瘍なので、一瞬でも触れてれば気付いたはず。

 

当時の私は、自分は健康で、元気で、ハッピーで、ヘルシーで、幸せで、活発で、なに不自由なく、大した悩みもなく、優しい家族や友達に囲まれて、毎日楽しく過ごしてる!と思っていても、この始末。まさか自分が癌になるなんて微塵も思ってなかったから、ケアもしてこなかった。こんな巨大な腫瘍に気付かないんだから、今思うと、表面的な幸せや楽しさを追い求めてただけで、自分の嫌な所や弱い所を見ない、見せない、さらけ出さない、気付きたくない生活をしてたんだなぁ。。と心底思っています。

 

それから必死で自分と向き合って、約半年後。腫瘍はこんなに小さくなっていた。

1.9㎝原寸大(これもスマホや他の端末では大きさが異なってしまいますが、人差し指でちょうど隠れるくらいの大きさです)

f:id:kenkohuntermio:20170526130551j:plain

 

下の写真(端末によって見える大きさに誤差アリ)

赤丸が発見当時の癌腫瘍の大きさ。(約7.2㎝)

青丸が、6か月後の縮小サイズ。(約1.9㎝)

f:id:kenkohuntermio:20170526150503j:plain

どうやって?

==============

寝る間を惜しんで探し続けた、膨大な量の癌に関する情報の中には、ウソなのか本当なのか分からないことだらけ。それでも試しながら試行錯誤して結果をみて、最終的に私にとっての確信となった事が幾つかあります。

 

<信じた事>

①癌腫瘍は、一日1000カロリー以下では成長しない。

②癌腫瘍は、ブドウ糖のみが栄養源なので、ブドウ糖(糖分)を摂取しなければ成長しない。

③癌細胞は、低体温(35度台)で活発に成長し、逆に高体温(平熱36.5度以上)では繁殖力が極端に衰えるので、基礎体温を上げる事を常に考える。

④癌細胞は、酸性(=脂肪分過多、糖分過多、満腹状態)で活発に成長し、逆にアルカリ性(=酸素が豊富で血液サラサラ状態)だと生息できない。

⑤癌細胞は、ストレス満載の体だと活発に成長し、逆にリラックス状態では成長速度が衰える。

 

<その結果、実行した事>

①必要最低限なもの以外、食べない。

必要なものとは:

・発酵食品⇒体内の免疫力の7割を司ってる「腸内環境」を整える事が可能。腸が元気だと、強い免疫力が保てる。

・野菜⇒酵素の摂取。年と共に減少し、体内での自発的な生産ができない「酵素=細胞を動かす力」は、食事として外部から取り入れる。

・アルカリ性の水分⇒体内70%を占める水分を、アルカリ性に調節する事で、癌細胞が住めない環境にする。

・食べ方⇒食べる時間帯は昼間12時から5時くらいまでの間のみ。それ以外は食べない事で、内臓を休ませる。

 

②免疫力を上げる

16時間断食

プチ断食

⇒食べない事で内臓の負担を減らし、サラサラな血液を作る。また、過剰な食べ物が入ってこない事で、今までこびり付いてた不純物が排出され、癌の元である「悪玉菌」を除去する事ができる。

 

③深い呼吸と共にするヨガ

身体を動かすだけでなく、自律神経を整える事。そして精神を安定させる事。自分の体に集中する時間を持つ事は、私にとっては必要不可欠です。その重要性についての記事はこちらからご覧ください。

=============

とにかく、これらを徹底的に守り抜いた結果、わずか半年で癌腫瘍を5㎝以上も縮める事が出来たんだと思います。(私の場合)

食べなくなったものは、野菜と発酵食品以外のほとんどの食品。大好きだったケーキも、お寿司も、パスタも、お米も、味噌汁も、ヨーグルトも、バーガーも、ラテも、カツサンドも、クロワッサンも、チーズも、パンも、全部禁止しました。

辛くないの?と聞かれますが「めちゃくちゃ辛い」です。当たり前だけど。でも、癌で死ぬわけにはいかないので、やるしかない。

 

そんな生活も1年半以上続き、最近は徐々に食べる事を許せるようになってきた。「何が」食べれるのか、というより、その時の気分で目にしたものを「食べて消化できるかどうか」を自分の体に聞けるようになった。そして、身体からの答えをキャッチできるようになった。

 

ちなみに絶対に私が欠かさないものは。。。

①朝の白湯(体内液とほぼ同じ成分の白湯の作り方はこちら

②発酵ドリンク(最近は自家製のビーツ発酵ドリンクを飲んでいます。なければ市販の酵素ドリンクや、ヘモグロビンを増やすドリンク)

③黒ニンニク

④還元茶

⑤ビワ茶

⑥亜麻仁油

⑦アップルサイダービネガー

⑧乳がん初期には重曹+メープルシロップ

(上記の商品アイテムは全てこちらからご覧いただけます。)

 

どのステージの乳癌の方でも、この様な食生活を参考に取り入れる事で、体内の免疫力=白血球は上がり、私の様に巨大な癌腫瘍ができる前に縮小させる事が可能なんじゃないかと、私は実践から思うのです。(ちなみに白血球の上げ方はこちらの記事をご覧ください。) 

 

ただ、私が実践した事は上記だけではないです。乳癌治療は、食事だけじゃない。心の中を見つめる事も重要だし、現実を受け入れる日々の行動も必要。それらを一度で書ききれないので毎回思いつく事を記事にしています。例え化学療法を選んでも、3大治療が済んだらオッケー!じゃなくて、再発防止に少しでもお役に立てれば・・という思いが強いのです。

 

本当に本当に、乳癌になる女性が一人でも少なくなって欲しい。また、乳癌だと診断された方の苦しみが少しでも軽減されて、回復へと突き動かす力になって欲しいと思う。

 

乳癌を治すのに必要な事は「固定概念を取っ払う」意識改革。

本当の恐怖は、癌腫瘍ではなく、自然治療に踏み切る怖さや、周囲から「抗がん剤、しないの?」というプレッシャーや、医師からの「今、抗癌剤すれば生存率は何パーセントだけど、自然療法なんかでいいの?」と、威圧的に伝えられる事で「揺らぐ自分」をどうする事もできない怖さ。化学療法を拒否したいと思ってる方にとって、全てを跳ねのけてまで「自分の道」を進むのは、やっぱり怖い。

でも、この世に「正解」はなく、敢えて言うなら「自分が安心する方法」が正解なので、自分で決める以外に方法がないのが現状です。なので私は自分の自然療法を勧める為に、このブログを書いているわけではないです。ただ、情報の一部として、読んだ方の何かの参考になれば、幸いです。

 

最近、迷いから抜けられない方々から話を聞く機会が多かったので、私も切ない気持ちでいっぱいです。 まとまりのない文章になってしまいましたが、これも素の想いです。

 

このブログでは特に「乳癌の治療法」について焦点を当てて書いていますが、実は療法以外の心の事、気持ちの持ち方、思考の変え方などが、その療法を選ぶにあたって大事なのです。直接の治療法だけではなく、それに達するまでの考え方などをメルマガにて配信しています。興味のある方、更に乳がんについて詳しく知りたい方はご登録ください。 

●メルマガ登録はこちらから
乳がんと健康法メールマガジンご登録

 

●私が摂取しているアイテムはこちらから
乳がん必須アイテムリスト

 

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ