乳がんブログ 自然療法で乳癌と向き合う

乳がんステージ3を余命宣告を受けながらも、代替医療(自然療法、自然治癒、自然治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん相談も実施しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

レモンを日常生活に取り入れる

ビーツ発酵ドリンク(ビーツクヴァス)

f:id:kenkohuntermio:20170516041726p:plain

いい感じで発酵中。

=============

写真にあるビーツクヴァスにも入れている「レモン」ですが、抗酸化作用が絶大なレモンは、酸っぱいので酸性?と思われる方も意外と多いのですが、レモンの酸は、癌体質に多い「酸性=錆びてる身体」を弱アルカリ性(健康体として理想の状態)に変える働きがあります。

 

酸性:錆びて汚れている体内の状態

「腐敗菌と活性酸素」の話は、以前こちらでしましたが、酸性の状態というのは、活性酸素が正常細胞を傷つけて、癌細胞を増やしてしまう事です。なぜなら、癌細胞が一番繁殖しやすい体内環境とは、金魚も弱ってしまうような水槽の水(酸素不足⇒細菌・雑菌が増える⇒腐敗菌が増える)に似た体質であり、その状態で大繁殖します。(これを「癌体質」と呼びます)私達の身体の70%以上を占める水の質を「癌体質」にしない為にも、バランスのとれた生活を保つ事が必要です。

 

弱アルカリ性:血液サラサラ

血液がサラサラ流れるのは、血管の中に邪魔するもの(糖分や脂分)が少ないから。血がサラサラ流れる仕組みについては、こちらの記事でも以前書きましたが、そんな綺麗な状態を保つためには、腸を始めとする内臓が元気よく活動する必要があります。

 

体内の「酸化」を防いで、「弱アルカリ性」を保つのに効果的な食品として、レモンや野菜類、果物が挙げられます。これらは新陳代謝を活発にするので、体内に不純物が溜まる前に除去する事や、その栄養価によって免疫力が高まり、結果として善玉菌も増えるという、理想的に綺麗なサイクルが自分の体内に作られます。

 

癌体質の代表

・酸性体質(錆びてる)

・高血糖(血液ドロドロ)

・低体温(代謝が悪い)

 

の真逆を目指し、

・抗酸化作用が機能(錆びない)

・弱アルカリ性(血液サラサラ)

・活発な新陳代謝(基礎体温UP)

理想的な健康体であり、そんな身体を創り上げる方法を出来るだけ自分に取り入れて、「癌細胞が住めない体内環境」に自分自身で変えていきます。

 

その方法とは(私にとっては)

①16時間断食・プチ断食

②発酵食品

③水分(還元水、アルカリ水、ビワ茶、白湯)

④運動

⑤睡眠

になります。詳しくはこちら

================

冒頭で触れた「レモンの栄養素」はビタミンCを始め、クエン酸、エリオシトリンなどありますが、私は栄養素は単体で摂取しても効果がないと思っています。本当に不思議な事に、身体って、いくら「イイ」からと言って、レモンをじゃんじゃん毎日大量摂取!ってするよりも、出来るだけ多くの種類を組み合わせて、バランスよく摂取した方が、単体で摂る以上の効果を発揮するものなのです。

 

また、身体が一度に吸収できる栄養素の量は決まっているので、摂ればいいってもんじゃない。食べても、まず消化して、「吸収」出来なかったら、余った分は排泄されるだけです。それよりも、一度に消化&吸収できる丁度いい量を、数時間おきに、小まめに摂取する方が、体内が常に「弱アルカリ性」の状態に保てるので効果があると思っています。

 

私が自分の乳癌治療中に犯した最大の間違いとは、「サプリの過剰摂取」によりガン細胞を成長させてしまった事です。何事もバランスが大事だということです。特に「一日20錠のビタミンCサプリが癌には効果的!」など、よくある宣伝は、(実際に私も勧められましたが)気を付けて下さい。特に肝・腎臓機能障害のある方は、腎シュウ酸結石のリスクが高まると言われています。できるだけ「自然なものを、自然な形で、自然に消化できる量を」摂取します。

===============

摂取方法のアイディア

レモンのビタミンCは水溶性です。なので、栄養を体内に蓄積する事はできません。一定の量を超えたビタミンCは、尿と共に排出されてしまうので、適量は一日1~2個程のレモンを、食べる直前に絞る事です。常にちょくちょく補充するのが効果的です。

・熱に弱いので、レモンを使った加熱料理からのビタミンC摂取はできません。

・麹にレモンを漬ける「レモンの麹漬け」は、麹に含まれる100種類以上の酵素の力により、レモンの栄養価はグンとUPします。また、消化と吸収を助けてくれるので、内臓への負担も減ります。

 

私のレモン常備品

 

①レモン麹

麹にレモンを入れて、5日~1週間放置。(レモンは無農薬を使用)

f:id:kenkohuntermio:20170516163849j:plain

使い方は、ドレッシング、肉や野菜を漬ける、調味料代わりに使うなど、自由自在に使えます。また、麹を作る時にレモンの皮を一緒に入れて発酵させたり、レモンを塩漬けしてから麹に入れたりと、方法は様々です。自分の好みの味を作ってみて下さい。

 

②シナモン、生姜、レモン、ハチミツ漬け

f:id:kenkohuntermio:20170516164941j:plain

早い話がハニーレモンにシナモンと生姜を足して、漬けてるだけです。シナモンは抗酸化作用の他にも数多くの効能があるので、色々と使っていますが、気を付けたいのは「本物と偽物」のシナモンがあるという事です。

f:id:kenkohuntermio:20170516165241j:plain

パッケージにもTrue Cinnamonと書かれています。セイロン(Ceylon)という種類のシナモンです。

f:id:kenkohuntermio:20170516165354j:plain

内部のレイヤーの数が違うので、すぐにわかります。

 

この他にも、レモンを使ったレシピや発酵料理は色々あります。調べて試してみて下さいね。

 

 

 このブログでは特に「乳癌の治療法」について焦点を当てて書いていますが、実は療法以外の心の事、気持ちの持ち方、思考の変え方などが、その療法を選ぶにあたって大事なのです。直接の治療法だけではなく、それに達するまでの考え方などをメルマガにて配信しています。興味のある方、更に乳がんについて詳しく知りたい方はご登録ください。 

●メルマガ登録はこちらから
乳がんと健康法メールマガジンご登録

 

●私が摂取しているアイテムはこちらから
乳がん必須アイテムリスト

 

●乳癌のご相談はこちらから
乳がん個人カウンセリング

 

★次回の更新は日本時間5月18日(木)21時予定です。

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され乳がん撲滅に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ