読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳がんブログ 自然療法で乳癌と向き合う

乳がんステージ3を余命宣告を受けながらも、代替医療(自然療法、自然治癒、自然治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん相談も実施しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

生きる為に絶対必要な3つの事と、乳癌治療

生きる為に絶対に必要な3つの事

 

呼吸

食べる

寝る

 

これができないと、死んでしまう。

だから、難しい話は抜きにして、これに集中してみようと思った。

そしたら、これがシンプルにして、一番究極だって感じた。

 

なぜなら、当たり前だから。

努力なしに出来ちゃうことは、そこで満足してしまう。

呼吸(生命)

食べる(栄養吸収)

寝る(消化)

この3つを「自分」という箱に、ギューギューと詰め過ぎず、スカスカにし過ぎず、フワッと丁度いい量に収める事の難しさ。

 

それを楽しさとも言うけど。

 

f:id:kenkohuntermio:20170426160347j:plain

==============

 

①呼吸

私達は、両方の鼻から同時に呼吸していません。

右と左、約2時間~2時間半の間隔で、交代しながら片方ずつ呼吸しているのです。試しに手のひらを鼻の下に当ててみるとよくわかります。右と左、交互に呼吸する事で自律神経の働きを一番いい状態に保っているんです。

 

●右の鼻から呼吸してる時

・太陽のエネルギー(陽)

・男性性

・エネルギッシュ

・交感神経(活発な状態)

 

●左の鼻から呼吸してる時

・月のエネルギー(院)

・女性性

・静か

・副交感神経(リラックス状態)

 

右の鼻から吸ってる時は「活発」な状態、左の鼻から吸ってる時は「冷静」な状態を保つ事で、その人のバランスを無意識に整えています。同時に・・

 

右の鼻から吸ってる時は左脳を刺激

左脳:第二感、人間的、思考、論理、言葉

 

左の鼻から吸ってる時は右脳を刺激

右脳:第五感、動物的、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚

 

本当に人間の自然の摂理には圧巻です。

だから、ある程度のストレスがある生活でも、人は本能的に身体を呼吸によってリラックスさせてたり、逆にリラックスしてる状態だと閃く事が多いとか。

呼吸によって、今まで狭い小川だったような体内の気の流れを広げて、川にしてあげると、体内の循環がスムーズにいくから、人間がもってる本来の力が強くなる。そのうち、その川も海となり、体が全体でフローできる状態になるのがベストですが。

 

呼吸って無意識にできちゃってるから「ま、いっか」的な扱いですが、意識すると、ストレス、ホルモン分泌、神経作用、内臓機能、血流、細胞の働きまで変える凄いパワーを持っているんです。

右側は交感神経(活発な状態)であり、左側は副交感神経(リラックスしてる状態)であり、その二つをまとめて「自律神経」と呼ぶので、両方の呼吸が滞りなく行われているという事は、要するに「自律神経」もバランスがとれてると言う事です。

=============

呼吸の方法は色々ありますが、私は個人的に「背中に息を吸い入れる」事って本当に大事だと思っています。背中の筋肉を呼吸で柔らかくする事で、それぞれの内臓の収縮活動がスムーズに行われるからです。また、全ての神経が集まっている「背骨の両側」を緩めるという事は、身体全体を緩めるのと同じ。

 

方法は簡単。背骨から中心に、背中を左右に広げるように呼吸するだけ。できるだけ深くてゆっくりした呼吸を繰り返します。料理中でも運転中でもパソコン中でも、思い出したら何度でも繰り返します。こうして、自分の「身体を意識」する時間を増やしていくのです。

 

参考記事:呼吸について

参考記事:背中への意識

 

②食べる

食べて自分が嬉しくなるものを食べる。

と言うと、じゃぁケーキやラーメンを「嬉しい」と思うなら食べてもいいの?と必ず聞かれます。答えは、身体が本当に必要な物を欲した時の「嬉しさ」ではなく、自分が欲しいと思ってる「エゴ」からの言葉だったら、NOです。(だいたいこのパターン)

私達の身体は「自分が生きていく上で必要な栄養素=本能」を知っています。ただ、そんな本能も、年と共に意識の下の方に沈みます。「本能」を埋めてしまっているのは、欲望、習慣、エゴ、思い込み、刷り込み、親から言われた言葉を信じてる、勘違いな情報に惑わされてる・・などで、それらは、身体が必要じゃないのに「これが欲しい」と表現してきます。

愛情不足を紛らわす為の「甘い物」

不満を解消する為の「過食」

寂しさを紛らわす為の「飲酒」

そんな場合の「欲求」は「本能」ではない。

「欲しい物=欲求」と「必要な物=本能」は違います。

 

<自分が必要な栄養素を本能から見つける方法>

断食は、自分の食生活=思考がリセットされる究極の方法です。

「食を制限する」というのは精神力を鍛えます。それと同時に、思考を柔軟にします。思い込みが薄れて、固定観念が抜けていきます。

一度試したらわかると思いますが、説明とか言葉とかじゃなくて、「心から」自分にとって必要な「発見事項」が浮き上がります。それは些細な事かもしれない。けど、自分にとっては大事な事だから、流さずしっかりと受け取ります。

 

「断食」と言っても方法は色々あります。まず「本断食」と言われる3日~1週間以上の断食は、専門家の監視の下で行わないと危険です。なので、自宅で自分ですぐにできる「プチ断食」や「16時間断食」をお勧めします。

 

参考記事:プチ断食

参考記事:16時間断食

 

この「プチ断食」や「16時間断食」によって体内に食べ物が入ってこなくなると、今度は今までこびり付いてた「不純物」を燃焼し、エネルギーにします。そうやって不純物が減り、身体が芯から綺麗になります。そして、この過程では身体だけでなく、「心の不純物」も一緒に燃焼されます。今まで消化されずに残ってた怒りや悲しみが浄化されるのです。この、「身体と心の不純物燃焼」を行う事で、ストレスからくる過食や、寂しさからくる飲酒はなくなります。

 

ちなみに、私がこのような断食を行って「心から感じた、自分に必要な栄養素」とは

酵素

発酵食品

アルカリ性の水

です。詳しくは各リンク及び

参考記事:私の栄養ピラミッドをご覧ください。

 

③睡眠

理想は9時に寝て、4時に起きたい。

でも、これができない人も多いと思いますので(私を含め)、寝る時間&起きる時間は各自の設定として、とにかく肝臓が休まる夜中2時から5時までは、何があっても起きないくらいの深い深い睡眠を取ります。

・温熱パットをお腹に当てるなど、温かくする

・手のひらは上向きにして、背中への呼吸を意識する

・部屋はできるだけ暗く

・奥歯の力を抜く

 

<安眠の為に、昼間できること>

①発酵食品、スーパーフードの摂取

これだけ食べてれば、かなり活力が漲るので、あれこれ色々な物を食べなくても、相当元気に一日を過ごせます。お腹の中を必要最低限の栄養素で満たす。すると、余計なものが必要なくなる。体内に限られた量しかない「酵素」を無駄使いする事なく、その酵素の力を「消化」ではなく「治癒力」に使えるという事です。自分の中の最優先事項が、例えば私の様に「乳癌を治す」だとしたら、乳癌を治す酵素の使い方をしなければなりません。限られた酵素を、余計に食べた食事の「消化」などに使う訳にはいかないのです。

 

ちなみに、私は現在カナダに住んでいますが、日本から「酵素ドリンク」「黒ニンニク」「ビワ茶」は取り寄せている程、今や必需品です。

 

②午後6時以降は何も食べない

胃袋に消化するものが少ない方が、夜中に内臓が休まる為、副交感神経(リラックス)のスイッチが入って、脳から全身へ「寝る」指令がでやすくなります。

 

③思い出したら、いつでも深呼吸をする

自律神経が緩やかになるので、気持ちがゆったりとします。

アロマなどの自分の好きな香りで部屋を満たしてもいいと思います。

 

=============

〇〇健康法とかに固視するのは、気持ちも身体も振り幅を狭めます。

その日、食べて幸せだと感じる物を、作って食べる幸せ。

奥歯の力を抜いて、大きく呼吸すると広がる肺のありがたさ。

ベッドに入った時の「ふ~ぅ」という安堵感。

それ自体が健康法。

 

自分の優先順位に従った「酵素の使い方」を探し出す為にも、初歩にして一番重要な「呼吸・食べる事・寝る事」に意識した生活から、何かを感じ取ってみてください。私も日々、発見の連続です。

  

このブログでは特に「乳癌の治療法」について焦点を当てて書いていますが、実は療法以外の心の事、気持ちの持ち方、思考の変え方などが、その療法を選ぶにあたって大事なのです。直接の治療法だけではなく、それに達するまでの考え方などをメルマガにて配信しています。興味のある方、更に乳がんについて詳しく知りたい方はご登録ください。 

●メルマガ登録はこちらから
乳がんと健康法メールマガジンご登録

 

●私が摂取しているアイテムはこちらから
乳がん必須アイテムリスト

 

●乳癌のご相談はこちらから
乳がん個人カウンセリング

 

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され乳がん撲滅に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ