乳がんブログ 自然療法で乳癌と向き合う

乳がんステージ3を余命宣告を受けながらも、代替医療(自然療法、自然治癒、自然治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん相談も実施しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

食生活が乱れてる人は、食事療法の効果抜群 ・乳癌治療で食生活を改める

食生活の乱れと、食事療法の関係について

●乳癌になっても、乱れた食生活を変えれない方へ

 

乳癌治療の一環として、大きな意味を持つ事の1つに、「食事の選択肢は他にも色々あるのに、わざわざそれを「選んだ」自分を知る」という事があると思います。特に食生活が乱れている人の特徴として多いのは、

 

「今日くらいはと言いつつ、実は毎日甘い物を食べてたり、

「忙しい」を言い訳にして、インスタント食品を食べてたり、

「料理苦手だから」と出来合いの物を食べてたり、

「無添加」って書いてあるからと冷凍食品を食べてたり、

「安いから」といって欲しくない物を選んでいたり、

その他、市販の菓子パン、肉、揚げ物、白米、パスタ、お酒、ラーメン等を日々食べていたりする。千円で買えるもので、上記のような物を選ぶのか、それとも野菜や発酵食品を選ぶのか。これは完全に自分の選択です。

 

でも、実はこのように乱れた食生活をしてる人に、食事療法は効果抜群なんです。

 

また、レストラン大好き。夜食大好き。食べ歩き大好き。自称グルメ。1日3食+過食+夜食+デザート+つまみ食いしてる人。

 

そんな方にも、食事療法は効果抜群です。

 

また、タバコはやめたくない、夜更かしも大好き、栄養ドリンクやサプリが主食、運動嫌い、嫌な仕事を続けてる、付き合いだからと嫌々人間関係を築いてる、愛想笑いが多い、いつも怒ってる、幸せそうな人を見るとムカツク、体調不良をすぐに薬で隠す人。

 

そんな方にも、食事療法は効果抜群です。

 

NOと言えない、自分に特技がないと思ってる、劣等感が強い、罪悪感が強い、嫉妬感が強い、自分が世界で一番不幸、生き甲斐がない、家族や子供の為に自分を犠牲にしてると思ってる人、羨ましいとすぐに言う人、何でも人や世間のせいにする傾向にある人。

そんな方にも、食事療法は効果抜群です。

 

f:id:kenkohuntermio:20170424165047j:plain

=================

 

食事は、あなたの全てです。

 

まだ若い人や独身男性に対してではなく、「乳癌だと診断されてもまだ尚、この食生活を続けてる人」という方を前提にお話ししています。

 

「自分で」野菜を洗って、切って、食べる。という手間を省く人や、出来るだけ「フレッシュ」な状態の物を食べるという意識の低い人。「安くて早ければ何でもいいや」と思ってる人。

このタイプの人は、「自分で自分の為に何かをする」というのが苦手な人。この苦手意識は、食事に現れていると同時に、その他の事にも全て同じように「人のせい」にしたり、「人に依存」したり、自分を見ずに「他人ばかり見て嫉妬」したりする傾向があるという事です。

 

食とは、その人の考え方全ての反映です。特に「乳癌」になっても食生活を変えられない人は、「自分で治せる認識」が低いが故に、このような生き方(選択)をしてるだけで、スイッチをちょっと変えて、「治せる」に変換すると、今までの反動で凄い力を発揮する場合が多くあります。食を変えるとスイッチが変わって、思考が変わる=結果が変わると言うのは、食事療法では基本的な考え方です。

 

わざわざそこにお金と時間を使ってまで、何を選ぶのか。

「必要な事」より「楽な事」を選ぶ、自分の習慣や、「どうでもいいや」と投げやりな思い癖悪いとわかってても、やめられない甘え

 

これらのチャンネルを変えるには、目に見える「食」という意識を変えると、脳にインプットされる情報がより鮮明になるので、変化を遂げやすいのです。こうして意識と行動を変えていく事は、治癒を早めます。

=============

そして、なぜ?インスタント食品や、出来合いの物が悪いのか。という2つ目の理由は、物理的なものになります。

 

・遺伝子組み換え食品を多く使用している

⇒自然界に存在しない遺伝子を摂取すると、体内のDNAが傷ついて、そこから癌細胞が誕生します。人間はまだ自分たちの「遺伝子」さえも解明できていないのに、人為的にバクテリアの遺伝子を作物に組み込み、GMO(遺伝子組み換え食品)を誕生させているのです。それらの食品を摂取すると、体内では遺伝子情報が狂います。

参考記事:農薬&遺伝子組み換え食品

 

・酸化してる油を使用してる

癌細胞は、そもそも酸化してる体内で最も成長します。いつ、どんな状態で使われたのか分からない油を使った食品を避ける事は、身体の酸化=錆びを防ぐ、大事な行動です。

参考記事:活性酸素について

 

・添加物を大量に含む<例えば市販のジャム>

・固めるために … 塩化カルシウム
・着色に    … タール色素の赤色102号、黄色4号
・匂い … 合成香料のイソ吉草酸メチル、プロピオン酸イソアミル
・甘み     … ソルビット
・利水防止   … シュガーエステル
・変色防止   … エリソルビン酸
・粘り強化   … CMC(繊維素グリコール酸ナトリウム)、アルギン酸
プロピレングリコールエステル、リン酸エステル
・防腐     … ソルビン酸

 

ジャム1瓶で見た事ない言葉の羅列。

一言でキッパリ、「自分の見たこともない物は、口にしない」を基本に食材を選びます。

 

・保存料、漂白剤、トランス脂肪、Ph調整剤、カラメル色素など

これらは、肝臓と腎臓に多大なダメージを与えます。毒素を排出する体の機能に想像以上の重労働を課せる事になるので、体内の酵素(免疫力)を根こそぎ使い果たします。本当は「乳癌の治癒」に使われるべき酵素が、添加物の「毒素排出」に使われてしまうのです。

 

参考記事:肝臓について

参考記事:腎臓について

 

とにかく、食品を選ぶポイントとしては

①成分表を必ず見て、自分のキッチンにない物が入ってる場合はやめる。

②原産地「中国」は購入しない

 

この2つを守るだけでも、食生活はだいぶ変わります。

「意識を変える」とは、そんな難しい事をするんじゃなくて、「自分で自分に与えるものを選ぶ」という事だけです。インスタント食品を手にした時に、「自分は料理する手間を省いたその時間を、一体何に使いたがってるんだろう?」と自分自身に聞いてみて下さい。料理する時間と言うのは、自分自身に向き合う時間と同じことなのです。

 

「食」が乳癌を治すんじゃない。

その「食」を選ぶ自分の思考が、乳癌を治すのです。だから、自分の病を治したいんだったら、自分を治す物を選べばいいだけ。今からでもすぐにできます。

 

このブログでは特に「乳癌の治療法」について焦点を当てて書いていますが、実は療法以外の心の事、気持ちの持ち方、思考の変え方などが、その療法を選ぶにあたって大事なのです。直接の治療法だけではなく、それに達するまでの考え方などをメルマガにて配信しています。興味のある方、更に乳がんについて詳しく知りたい方はご登録ください。 

●メルマガ登録はこちらから
乳がんと健康法メールマガジンご登録

 

●私が摂取しているアイテムはこちらから
乳がん必須アイテムリスト

 

●乳癌のご相談はこちらから
乳がん個人カウンセリング

 

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され乳がん撲滅に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ