読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳がんブログ 健康ハンター Mio 自然療法で乳癌と向き合う

乳がんを代替医療(自然療法、自然治癒、自然治療)で治した方法をブログでお伝えしています。乳がん相談も実施しています。乳癌の悩みを持つ方々に、この乳がんブログがお役立てになれば嬉しいです。| 代替医療研究家

肝臓と乳がんの関係②

ここ最近、私がよく記事にしている「肝臓」ですが、肝臓は「沈黙の臓器」と言われ、限界ギリギリまで症状が現れないので、普段の生活の見直しが乳癌予防・再発防止のキーポイントなんです。症状が出た時は、堪忍袋の緒が切れた時。その前に、ケアしてれば、文句を言う事はあっても、「キレる」まではいかないんじゃないかと・・・。自分の経験から思います。

 

私は、乳癌宣告を受けた当初(1年半前)からずっと考えてる事があります。

それは、「自分の何が、免疫力を落としたんだろう?」って。私は長年、かなり健康的な生活を送っていたと思ってたから、何が?って本当に不思議だった。子供の様に免疫力が燃えたぎってたら、癌細胞なんて成長する前に消してるはず。それなのに、私の「何」が免疫力の活動を遮ったのかな?ってずっと不思議でした。でも、最近わかった。

 

それは「肝臓の機能低下」です。

 

肝臓と乳癌。一見関係ないようで深く関わっています。そう思う理由は、食生活を根本的に変えたら、今まで身体にいかに負担を掛けてたかってハッキリわかったから。

「健康的に食べよう!」と思っていた乳癌発覚までの数年間の食生活。

逆に

「極力抜こう!」と思っている最近の食生活。

今の方が、断然身体が楽。食べないものを先に決めて、食べる物を徐々に厳選していくと、最終的に残るものが「自分に必要なもの」だと思う。

 

私が個人的に「食べないモノ」に決めたのは

・糖分(たまに食べますが、回数は激減)

・肉類(消化が大変)

・乳製品(重いと感じる)

・大豆製品(乳癌にはよくない)

・炭水化物(糖分が多い&欲しない)

・油モノ(消化が大変)

 

参考記事:ケトン体について

参考記事:プチ断食①  

参考記事:ファイトケミカルについて

 

逆に「厳選した食べ物」とは

・酵素ドリンク

・発酵食品

・野菜

・還元水

・アルカリ性の水

 

参考記事:必須アイテムリスト

 

特に酵素・発酵食品は食生活の中心です。理由は、肝臓を元気にする源は「酵素」だからです。酵素については詳しくこちら(参考記事:とにかく酵素)をご覧ください。

 

この食事を基本に、あとは自分と相談しながら食べていくと、胃袋が縮まって、「必要な物」がわかってくる。

欲しいモノ」必要なモノ」

この違いはデカい。

 

自分にとって何が必要なのか、をちゃんと見ていくと、食生活だけじゃなくて、人との関係、お金の使い道、将来像なんかも、ちゃんと「自分に必要なモノ」が見えてくる。

 

f:id:kenkohuntermio:20170406164846j:plain

====================

という事で、乳癌だけではなく、全ての病も元をただせば肝臓に辿り着くと思うので、ここでもう一度、肝臓について再認識です。

 

肝臓が弱っているサイン

①朝起きれない

②夢をよく見る

③肩、首が凝りがひどい

④目の疲労が激しい

⑤胃がもたれる・吐き気がする

⑥便通が悪い

⑦食欲がない

⑧下痢を繰り返す

⑨脂っこいものが食べれない

⑩イライラする

⑪すぐ怒る

⑫疲れやすい

 

なぜ、肝臓が弱ると、上記のような症状になるのか?

 

①朝起きれない

②夢をよく見る

③肩、首が凝りがひどい

④目の疲労が激しい

①~④は、肝臓は脳と直結してる事で起こります。肝臓が過労になり、絶えず働いていると、神経も常に休むことができず、長時間の交感神経(緊張状態)により、疲れ果ててしまいます。過去記事:不眠と内臓の深い関係では、その理由を詳しく説明していますが、働き者で頑張り屋の肝臓は、「解毒、分解、排泄、消化」など、500以上の働きをするので、忙しくなると夜中も休まず働きます。それにより、肝臓以外の内臓も、静かに休むことができず、いつも忙しい肝臓に合わせて、神経も一緒に疲れ果ててしまうのです。

 

また、肝臓では神経伝達物質もつくられるので、肝臓から頭蓋骨に直結してる神経の一部である「視神経」の通り道にある「目」に異常が現れます。(視神経とは、視覚を司る神経です。)神経伝達がスムーズに行われてないと、ホルモンバランスも乱れます。それによる自律神経の乱れは、ひどい肩・首のこりの原因となります。これら身体からのサインは、見逃さないようにしたいです。

 

次に

⑤胃がもたれる・吐き気がする

⑥便通が悪い

⑦食欲がない

⑧下痢を繰り返す

⑨脂っこいものが食べれない

⑤~⑨は、食べたものは胃で消化されてから、小腸、大腸⇒肝臓に運ばれ体内で使えるように加工されて、最終的に全身に送られます。その「加工能力=肝臓」が弱まると、「脂肪を分解する消化液」である胆汁の生産力が低下して、体内の殺菌力が低下します。また、糖分が多いと、血糖値が上がらないように調節してくれてるのも肝臓。早い話が、「糖分」という生命維持に全く必要のないモノを分解する為に、肝臓は重労働してエネルギーを消費します。こうして、本来「免疫力」を上げる為に活動する事で癌細胞なども未然に抹消できてるはずの肝臓が、そこに到達するまでに力尽きてしまうのです。これら上記の症状は、糖分や脂分の過剰摂取による、肝臓からの訴えです。

 

そして

⑩イライラする

⑪すぐ怒る

⑫疲れやすい

⑩~⑫についてですが、 肝臓にはもう一つ呼び名があります。それは「怒りの臓器」。文句も言わずただコツコツと黙って仕事をする肝臓にも、さすがに不満は積もります。その不満が、家主である「私の怒り」に通じてないわけがない。肝臓が不満を溜めてくると、私達も怒りやすくなります。精神が安定してないからです。そして、私達も知らずに「我慢」を溜め込み、ある時「怒り」となって爆発します。

自分の肝臓を労わる行動って、自分自身に愛情を注ぐことだから、肝臓が鏡となって、自分の状態を映し出してくれてます。知らずに我慢してた事の多さ。

「肝臓の負担=自分の負担」 全く同じことだと思います。

これが怒りとなる前に対処できたら、結果的に免疫力を下げずに済むから、乳癌になりにくいんだと思います。(完全に個人的な意見です)

 

参考記事:病を治したかったら、まず肝臓を見よ

===============

肝臓は再生能力が非常に高いので、一部を切除しても数カ月で元の大きさ近くにまで再生するそうです。でも、そうなる前に出来る事ってなんだろう?

 

断食、もしくは小食にする事だと思います。

要は、使い過ぎた肝臓を「休ませる」という目的が果たせれば、方法は何でもいいと思いますが。休む過程で、溜まった老廃物が出て、不純物が燃焼されて、肝臓が本来の力を取り戻すまで、充電タイムです。

 

これには食事だけではなく

・ヨガやウォーキング(深い呼吸)

 ・温める(入浴等)

・家族や好きな人との時間を楽しむ

・ぐっすり寝る

・リラックスする環境

などが効果的です。

 

参考記事:リラックスって実はスゴイ

 

食と身体の構造については、医学的な理論も知りたくて、かなりの文献や医学論文も日英両方を読みましたが、結局どんな理論も、試験管の中での研究結果の理論でしかなく、実際に私の身体でどう感じて、どう反応するか。これが極論です。生活環境も国も食も家族構成も考え方も、みんな違うので、自分に合うものを選んでいくしかありません。

 

肝臓を見る事は、生活習慣を変えてみるチャンスです。それによって、肝臓以外の事(家族、人間関係等)も整っていくと私は確信しています。自分を大事にすると、自分の一番近い周りの人から、幸せの波動は広がります。

=============

追記

 我が家の常備品のひとつ。「ふりかけ」

ご飯の上はもちろん、納豆、そば、もずく、おにぎり、ドレッシング、つけもの等、とにかく何にでもパパッと掛けてます。ご参考まで。

f:id:kenkohuntermio:20170406171159j:plain

のり、鰹節、ごま、塩、フラックスシード、(あれば抹茶少々)をコーヒーミルで粉々にして出来上がり(^^)/  (保管は冷蔵庫で)

 

★このブログでは特に「乳癌の治療法」について焦点を当てて書いていますが、実は療法以外の心の事、気持ちの持ち方、思考の変え方などが、その療法を選ぶにあたって大事なのです。直接の治療法だけではなく、それに達するまでの考え方などをメルマガにて配信しています。興味のある方、更に乳がんについて詳しく知りたい方はご登録ください。 

●メルマガ登録はこちらから
乳がんと健康法メールマガジンご登録

 

●私が摂取しているアイテムはこちらから
乳がん必須アイテムリスト

 

●乳癌のご相談はこちらから
乳がん個人カウンセリング

 

★次回の更新は日本時間4月8日(土)21時予定です。

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され乳がん撲滅に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ