読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳がんブログ 健康ハンター Mio 自然療法で乳癌と向き合う

乳がんを代替医療(自然療法、自然治癒、自然治療)で治した方法をブログでお伝えしています。乳がん相談、カウンセリングも実施しています。乳癌に関する、お悩みを抱えてる方々のお役に立てれば嬉しいです。| 乳がん代替医療研究家

乳癌予防・治療[日和見菌 (ひよりみ) 菌を味方につける]

ガンを治す 免疫力アップ

私の場合ですが、乳癌になった原因とは複数だから特定できないと思っています。ただ代わりに、これかな?と思う事を見つけたら、一つづつ排除してく。再発を防ぐには、癌に恐れない自分になるまで、これを繰り返し続けるしかない、と思ってます。

今回お話しする腸シリーズ2「日和見菌」についても、私にとっての乳癌の発症原因の一つだと思うから、出来るだけ体質改善を効果的にして、癌体質を根本からチェンジです。

==============

以前お伝えした「腸」の大切さについての第2弾は、計り知れないパワーを秘める「腸」の働きと、それを機能させてる身体の働きについてです。知れば知るほど、身体って有難い。。。下記の参考記事を読んでない方は、読んでから進むと更に腸への感動度UPです。

参考記事:乳癌治療と予防<免疫力と腸内環境>がポイント

 

上記の過去記事で、体内の7割もの免疫力は「腸管」でつくられる。というお話をしました。同時にこの腸管で、身体に有害な細菌やウィルスを退治して、排出しているのです。例えるなら根から栄養を吸い上げ、根から排泄する大きな木のように、私達の身体は腸を根として生きています。そこに住む細菌の事を「腸内細菌」と呼びます。

 

そして、その腸内細菌は3種類に分類されています。

玉菌(免疫)

玉菌(癌の発生源)

③日和見菌(どちらでもない)

この3種類の菌の割合は :7

そう、日和見菌が断トツで多い割合を占めてます。

 

f:id:kenkohuntermio:20170319200738j:plain

==============

の腸内細菌のそれぞれの働き

 

腸内に存在できる細菌の数を10とします。

この10のうち、「7」は日和見菌が占領しています。

残る「3」玉菌と玉菌で奪い合っています。一方が増えると、一方は減る。なので、腸の中ではいつも激しい座席争いです。

 

健康体の人の腸内は、玉2:玉1です。

 

問題はこれからです。

「日和見」という意味は「優位な方の味方に付く」という言葉の通り、日和見菌とは態勢が優位な方になびくのです。身体が健康体の時は無条件にありがたい。だって、「玉菌2+日和見菌7=」に対して「玉菌1」が闘う訳なので、余裕で免疫細胞が勝ちます。

 

でも、何かの影響で玉菌が2になってしまうと、優位な方につく日和見菌はすぐに寝がえり、「玉菌2+日和見菌7=」で玉菌の1に対抗するので、癌細胞などが優位に立ち増殖を始めます。

 

これが、日和見菌の最大の特徴です。

だから、常に体内を「玉菌が優勢な状態」に整えておくのが大事なのです。

===================

 

<善玉菌の増やし方>

善玉菌の栄養は主に

「植物繊維」と「発酵食品」

この2種類の栄養をもとに、その人に必要な各種ビタミン、ミネラル等を生産してくれます。当然ですが善玉菌を活発に増殖させる事で、免疫力は強くなります。

 

◎食物繊維◎

野菜全般、根菜類、果物、穀物、海藻等

参考記事:乳癌治療中に実感した「古代穀物」のすごさ

 

◎発酵食品◎

酵素ドリンク黒にんにくアップルサイダービネガー、麹、梅干し、ぬか漬け、ザワークラウト等(尚、ヨーグルト・チーズ(乳製品)、納豆・味噌・醤油(大豆のイソフラボン)、キムチ(塩分過多)の為、私は一応避けてます)

参考記事:知らなきゃいけない酵素の重要性

参考記事:乳癌必須アイテムリスト

(上記発酵食品についての詳細は、各リンクからご覧頂けます)

 

繰り返しますが、腸内では免疫力の70パーセントが生産されます。

その免疫力こそが、癌細胞を抑制してくれるのです。

 

<悪玉菌が増える時>

 ◎食事◎

糖分、菓子類、インスタント食品、炭酸飲料水、菓子パン、アイス、冷凍食品、食品添加物の多い食品、スナック菓子、過食、間食、夜食、タバコ、飲酒、肉・乳製品の食べ過ぎ、等によって悪玉菌は優勢になります。

 

悪玉菌の勢力が優勢になると、癌細胞の増加はもちろん、アトピー性皮膚炎、アレルギー、喘息、花粉症、うつ病等精神病、肥満、糖尿病、認知症、自閉症、等多くの病が出てきます。

=============

 

善玉菌を増やす方法として16時間断食も効果的ですが、繰り返してお伝えしているように、断食後に食べるものによって、善玉菌と悪玉菌の増え方が大きく左右されます。断食後、一番初めに摂取するものが、一番多く吸収されるので、その時に善玉菌を増やすものを摂取して、日和見菌をグイッと引き寄せて味方につけるようにして下さい。

更に、発酵食品等を摂取しても、体内の善玉菌vs悪玉菌の戦いは常に行われています。摂取した食品の栄養素は4~5時間ほどしか体内に留まらないので、飲み物によっても身体をアルカリ性にするよう、調整します。

 

参考記事:乳癌治療法「酵素」

参考記事:乳がん自然療法の基本「水」

参考記事:乳癌治療法「アミグダリン」の摂取

参考記事:乳がんと「アルカリ性体質」の大切な関係

参考記事:16時間断食は常に体内をキレイにする

 

これが「大変~」と思ってると疲れますが、身体の体質を改善していくことは、結局は身体の状態がよくなるので、気分も良くなります。それもそのはず、幸せホルモンの90%は腸で作られてるんですから!

行動を変える

身体が変わる

気分も変わる

これは「気のせい」じゃない。そもそも身体は、幸せに生きる為につくられてる。それを自然のフローに乗せていければFeel Goodです (^_-)-☆

 

また、このブログでは特に「乳癌の治療法」について焦点を当てて書いていますが、実は療法以外の心の事、気持ちの持ち方、思考の変え方などが、その療法を選ぶにあたって大事なのです。直接の治療法だけではなく、それに達するまでの考え方などをメルマガにて配信しています。興味のある方、更にガンについて詳しく知りたい方はご登録ください。

 

●メルマガ登録はこちらから
乳がんと健康法メールマガジンご登録

 

●私が摂取しているアイテムはこちらから
乳がん必須アイテムリスト

 

●乳がんのご相談はこちらから
乳がん個人カウンセリング

 

★次回の更新は日本時間3月21日(火)21時予定です。

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され乳がん撲滅に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ