乳がんブログ 自然療法で乳癌と向き合う

乳がんステージ3を余命宣告を受けながらも、代替医療(自然療法、自然治癒、自然治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん相談も実施しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

乳がん治療 抗癌剤をしても再発する理由は「がん幹細胞」

乳癌自然療法に関して「癌体質」を改善する事が、体内の36兆個もの免疫細胞をフル稼働しやすい状態をつくる。癌細胞が1日に作り出される数は約5,000個ですので、圧倒的に免疫細胞の方が多く、絶対数で完璧に圧勝なので、毎日生まれる癌細胞を制する事ができるのです。

免疫細胞を強化して、乳癌の予防・再発予防、または抗癌剤、放射線治療からの回復を早めて、癌細胞の活動を衰えさせる。それには、様々な視点から知識を取り入れて、自分に合う方法で癌細胞の繁殖を防ぐ事が必要です。

癌を治す・・というよりも、「癌を治せる自分」に近づけるように、知識を取り入れて自分を変えていく事で、これを読んでいる方々の、それぞれの状態が少しでも良くなるお役に立てたら嬉しく思います。     

 

Mio           

====================

 

「癌細胞」と「ガン幹細胞」は違います。

 

「リンゴ」と「リンゴの種」が違うように、

「癌細胞」と「ガン幹細胞」は違います。

 

●正常な幹細胞とは●

私達の身体は36兆個もの免疫細胞でつくられています。免疫細胞とは、傷を治したり、腎臓で血液を綺麗にする作用を促したり、細胞を新しくしたり(例:胃の細胞は5日で入れ替わる等)、細胞分裂をして、常に体内の細胞を新しく取り替えています。だから私達は生きていられるのです。

 

そして、その細胞を作っているのが「幹細胞」といわれる、細胞の大元です。

 

この幹細胞の凄さというのは、自由自在に何の細胞にも変貌し、弱ってる細胞を補う事ができる、という事です。例えば、

・腸の働きが弱ってたら、腸の免疫細胞に

・骨折したら、骨を修正する為の細胞に

・脳の働きを活発にさせる細胞に

・怪我をしたら、皮膚を修正する為の細胞に

忍術みたいに姿形を変えられる、この幹細胞が、その強さと柔軟性で、弱っている部分の細胞を常に察知して、すぐに補正してくれるので、今日も私達は生きていられます。

 

●ガン幹細胞とは●

正常な幹細胞が細胞分裂を繰り返す際に、何らかの異常で「ガン幹細胞」へと異常分裂してしまった場合にできた幹細胞の事です。ガン幹細胞からは、当然ですが癌細胞が作られます。

 ================

 

「癌細胞」と「ガン幹細胞」の違い

 

●癌細胞

癌細胞とは、「活動的」な細胞です。

パワフルに増殖を続ける為に、絶えず活発に動き回ってるので、大量の栄養分が必要となります。だから正常細胞の数10倍もの勢いで糖分(唯一の栄養素のブドウ糖)を勢いよく奪いに来るのです。なので、抗癌剤を血液に混ぜて送り込む事で、血液中の栄養を取り込む際に、一緒に抗癌剤も取り込み、癌細胞は死滅します。

 

●ガン幹細胞

ガン幹細胞とは、「静かな」細胞です。

活発に動き回る癌細胞とは対照的に、ガン幹細胞はひっそり静かに動きません。まるで冬眠をしてるかのように、普段は細胞分裂もせずに眠っています。

ただ、硬い果物の種のように殻に覆われているので、抗癌剤や放射線が浸透しません。また、栄養を吸収して生きる腹ペコな癌細胞とは違い、ガン幹細胞は栄養がなくても生き続けていけるのです。

抗癌剤、放射線治療などで、体内の癌細胞が死滅しても、ガン幹細胞はひっそりと耐え抜き、冬眠した状態で尚も生き続けています。

そして、ある一定の条件が揃うと、ガン幹細胞は冬眠から目覚め、増殖へと動き出します。

これが、抗癌剤や放射線治療をしても、再発する理由です。

 

 <冬眠してるガン幹細胞が「目覚める」条件>

 この「ガン幹細胞」が一生冬眠し続けてくれればいいのですが、ある一定の条件が揃った時に、ガン幹細胞を冬眠から目覚めさせ、発芽し、活発に増殖を始めさせてしまいます。その一定の条件とは。。。

・食生活により体内の血液が汚れている

・内臓の機能が低下している状態

・運動不足(関節や骨盤を動かしてない)

・低体温(36度以下)

・慢性疲労

・過食、間食、偏食、糖分過多

・ストレス、人間関係

・無笑、無気力、無感動

・睡眠不足

・リラックスできてない

・抗癌剤/放射線による過度な免疫力低下

 

これらの条件がある程度揃ってしまうと、ガン幹細胞を目覚めさせ、幹細胞分裂による増殖を勢いよく行わせてしまうのです。

こうして、転移や再発が発生します。

だから、極力冬眠から目覚めさせない状態に自分をつくる。

 

これも治癒。

 

抗癌剤や放射線治療を受けている(受けた)方は、癌細胞を死滅させてる効果と同様に、免疫細胞(正常細胞)もかなり弱ってしまっています。そこで冬眠中のガン幹細胞を目覚めさせないように、あらゆる事をして、その発生を防ぎます。

また、今現在は化学治療を行っていない方も、癌予防及び再発防止の為に、体内の環境を常に安定して、ガン幹細胞の発生条件に合わないように保つ事が必須です。

 

●現在、乳癌を発症している方は、最低でも1年は厳しく。

●現在、抗癌剤・放射線治療をしている方は、出来る限り全力で1年。

●現在、予防・再発防止の方は自分の方法で最低6年続けられるように。(人間の細胞が全て入れ替わるのに6年掛かると言われているからです)

 

<覚えておいて>

ガン幹細胞は、冬眠から覚めて動き出す時は、非常に弱い細胞です。なのでこの時に、体内が癌体質でなければ、ガン幹細胞は転移・増殖ができずに死滅します。

癌細胞もガン幹細胞も、「癌体質」がなかったら生まれません。なので、根本である「癌体質」の改善が、癌治療と呼べると私は思っています。

参考記事:がん体質 と がん細胞 は違います

参考記事:乳がん発症3大要素と解決要素

参考記事:乳がん治療と予防<免疫力と腸内環境>

(幹細胞の研究については、現在様々な大学や医療施設においてその研究が行われています。癌細胞の大元であるガン幹細胞を、いち早く見つける事が癌の根本治療だと考えられる説に基づいています。)

 

●癌体質の改善方法●

 

①食生活

16時間断食

酵素

発酵食品

アルカリ性体質

※上記は念のため、過去の記事にリンクさせておきますね。

 

また、私が乳癌治療中から現在も引き続き愛用しているアイテムはこちらからご覧ください。

 

②適度な運動

ゆっくりなヨガは下記を全て満たし、改善してくれるのでお勧めです。もしくはご自分に合う方法を続ける事が大切です。(ホットヨガは避けて下さい)

・低体温

・内臓強化

・関節、骨盤等を緩める

・深呼吸

・リラックス

(参考記事:リラックスって実はスゴイ

 

③人間関係の見直し

自分にストレスを与える、と感じる人とは接しない。これは本当に大事なコト。それぞれ考え方が違うから、イイ人とか悪い人、とかじゃなくて、一緒にいて心地いいか、心地よくないか、それだけで決めていいと思います。それが身内でも友達でも同僚でも関係ない。肩書きを抜いて、その人個人を「ひとりの人間」としてみた場合に、一緒にいたいか、心が和むか、尊敬するか等、心の声で決めて構わないと思う。もう誰かに合わせる生き方はやめよう。それが癌細胞の発症に関わるのなら、尚更。今が変える時期だと思います。

 

私にとって乳癌治療とは、考えられる限りの全ての視点から自分を見る。という事だと思っています。それも追い詰めるのでもなく、弛める過ぎでもなく、善悪を付けるわけでもなく、ただただ、知識を増やして自分にフィットする事をする。その繰り返し。

はじめにも言ったように、

 「ガンを治す」んじゃなくて、「ガンを治す自分」に自分がなる。ということ。

================

という事で、今日の私のごはん。

 

f:id:kenkohuntermio:20170315143609j:plain

 

f:id:kenkohuntermio:20170315143633j:plain

 

夫と子供用にはパンを変えて、ボリューミーに。

f:id:kenkohuntermio:20170315143711j:plain

 

また、このブログでは特に「乳癌の治療法」について焦点を当てて書いていますが、実は療法以外の心の事、気持ちの持ち方、思考の変え方などが、その療法を選ぶにあたって大事なのです。直接の治療法だけではなく、それに達するまでの考え方などをメルマガにて配信しています。興味のある方、更にガンについて詳しく知りたい方はご登録ください。

 ●メルマガ登録はこちらから
乳がんと健康法メールマガジンご登録

 

●私が摂取しているアイテムはこちらから
乳がん必須アイテムリスト

 

★次回の更新は日本時間3月17日(金)21時予定です。

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され乳がん撲滅に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ