読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳がんブログ 健康ハンター Mio 自然療法で乳癌と向き合う

乳がんを代替医療(自然療法、自然治癒、自然治療)で治した方法をブログでお伝えしています。乳がん相談も実施しています。乳癌の悩みを持つ方々に、この乳がんブログがお役立てになれば嬉しいです。| 代替医療研究家

乳がん3大原因と解決要素&お知らせ

お知らせ【乳がんと健康法メルマガ配信】

私はこのブログを通して、自分なりに乳がんに真剣に向き合って、調べて、試して、観察した結果をお伝えする事で、患者目線の治療方法で、誰かの何かのお役に立てれば・・と思い、情報を一方的に配信しています。ただ、全ての方に当てはまる訳ではもちろんなく、それぞれの乳がんの進行状態や、種類、その人の精神状態、環境や生活習慣によっても、だいぶ違いが出てきます。なので、これらの情報をご自分に摂り入れる際には、自分自身と向き合って、自分の意志で決めて頂きたいと思っています。

そんな思いも含め毎回、私なりの精一杯の力でブログを書いていますが、まだまだ力不足を実感しています。どうにか分かりやすく、どうにか気持ちが伝わるようにと、試行錯誤していますが、例えば、私が代替医療に興味がある理由などは、私の個人的な興味や性格や過去の経験と繋がりますが、それらは直接的に乳がん治療とは関係ないのでブログには書いていません。でも、私の基盤となる性格によって、今の私がいるのも事実です。

なので、より深く乳がんについて知りたいと思っている方の他に、なぜ、私がこんな考え方をするようになったのか、どんな日常生活をしているのか等、乳がんの情報以外の面も書いていく事で、更に乳がんに対する理解も深まると思うのです。

そんな理由で、メールマガジンを配信させて頂く事にしました。ジャンル問わず、様々な視点から乳がんを見る事に興味のある方は、是非ご登録ください。

●メルマガ登録はこちらから
乳がんと健康法メールマガジンご登録


==============

では、本日の本題へ

 

乳がんが発症する理由なんて、コレ!とか、アレ!とかは言えないと思っていますが、がん細胞を成長させやすくする体内の環境とか、成長を促進するような食品とか、がん細胞がパワーをつけてしまう方法とか、そんなのは確実にあると思う。

それらを知る事で、それらを除外していきましょう。

f:id:kenkohuntermio:20170307164747j:plain

==============

 

乳がん発症の3大要素

<酸性体質、高血糖、低体温>

 

・酸性体質=錆びてる状態

・高血糖=糖分の摂取が多すぎ

・低体温=36℃以下の基礎体温

 

乳がんが成長しやすい状況とは、これらが揃った時に起こる可能性が多いです。一見バラバラに見える<酸性・血糖・体温>ですが、実は絶妙に交わりあい、乳がんの成長を促進するのです。

 

それにはまず、<知らないといけない、「乳酸」のこと>

 

まずがん細胞は「酸性=錆びてる」状態で急成長します。では、なぜそんなに、「酸性=錆びてる」が心地いいのか?

 

がん細胞の唯一の栄養素は「ブドウ糖(糖分)」です。正常細胞の数十倍もの勢いで糖分を吸収し、それを栄養源として成長します。がん細胞は糖分を餌として吸収した後に、カスを吐き出します。その吐き出したカスを「乳酸」と呼び、それは強酸性=身体を錆びさせる性質を持っています。

更にがん細胞は、その乳酸で自分を取り囲み、周囲を乳酸一色に埋め尽くします。すると、免疫細胞がブロックされて、近づけなくなるのです。

乳酸に守られたがん細胞は、縦横無尽。更に成長を遂げ、しだいに行動範囲を広げます。

これが転移、浸潤と呼ばれる状態です。(もちろんこれだけが原因ではありません。あくまでも理由の1つです。)

 

これを防ぐ為には、「乳酸を出させない」事が一番効果的です。要するに「糖分を摂らない」という事ですが、糖分を摂らないメリットは他にもあります。

 

==============

 

糖分過剰摂取⇒低体温⇒酵素不足のサイクル

 

白砂糖を摂取すると、体内のカルシウムが奪われます。

⇒身体は、奪われたカルシウムを補充しようと、ミネラルとビタミンを作り出します

⇒そのミネラル&ビタミンを生産する過程で、大量の「熱」が必要となります。

⇒大量の熱を発した身体は、体温が下がります

⇒体温が下がると、免疫力が低下します。

⇒免疫力が低下すると、酵素の働きも低下します。

⇒酵素の働きが低下すると、ガン細胞に歯止めが効かなくなり、成長を促進します。

 

細かい事まで覚えなくても、「白砂糖を摂ると、体温が下がって、乳がんが増える」と覚えていれば十分だと思います。

 

では、乳がんの成長を防ぐ為には、実際に何をしなければいけないのか?

 

●がん細胞の弱点

●免疫細胞の強み

それぞれを知って、効果を最大限に引き出す生活をすることです。

 

乳がんの弱点とは?

 

①糖分の制限

がん細胞の唯一の栄養素を断ちます。

また上記で説明したサイクルからも、はっきりと分かるのは「糖分」の摂取を控えるだけで、このサイクルをある程度断ち切る事ができる可能性がある、という事です。

・白砂糖

・白米を含む炭水化物全般

・菓子、デザート類

・ジュース、炭酸飲料等 の制限

これらは、上記で説明したように体温を奪います。乳がんは体温が35℃台で活発に成長すると立証されていますので、ただでさえ基礎体温が低い女性は尚更、体温低下を防ぐ為にも、糖分の摂取を控えます。

参考記事:食生活から「白」を抜くとどうなる?乳がんと白い食品の関係

 

また、体温を上げる為に、自分でできる事も取り入れます。

・食事:根菜類、スパイス類、薬味類他

・飲み物:ビワ茶、生姜茶等

・内臓を動かす:ヨガや深呼吸、ウォーキング等

・外から:入浴や酵素風呂、ヨモギ蒸

・部分的に:ビワの葉温灸、温熱パット、湯たんぽ、カイロ、腹巻等

・その他:早寝早起き、太陽を浴びる、好きな人と過ごす等の気持ちいい事

 

 

②肉、魚、卵、乳製品の制限

これらの食事は内臓に負担をかける事で、免疫力が低下するので、スパッと断つのが理想ですが、できない人は量を減らす、自分で消化できると思う量だけ摂る、または野菜を増やすなどをして実行するのがいいと思います。

でも、今現在乳がんを発症してる方で初期の方は、1年くらいはちょっと頑張って、自分の身体の免疫力を「消化」ではなく「治癒」へ回す努力は、個人的にはした方がいいと思います。(但し、乳がんの進行状態や治療過程によって、それぞれ異なります。ご自分の状況が、今は栄養を付けた方がいい時期だと思う方は、ご自分の意志を尊重してください。特に食事療法は、個々それぞれの状態が違うので、全ての方に当てはまるわけではありませんので、ご注意ください。)

参考記事:免疫力と腸内環境がポイント

 

③アルカリ性体質

酸性(錆びてる)状態で活発に成長する乳がん。なので、その逆のアルカリ性に体内を調整します。アルカリ性体質になるには、瞬時に何かでポン!と変わるとかいう問題ではなく、日々の積み重ねで根本から変えていくと、身体の真の強さに変わります。なので、毎日摂取するものをきちんと選ぶよう、心がけます。

参考記事:乳がん自然治療「メープル重曹療法」

参考記事:乳がんとアルカリ性体質の大切な関係

 

上記は、乳がんにとっては弱点を突かれ、免疫細胞にとっては強みとなります。また、「断食」(私は16時間断食を自分の経験から推奨していますが)は、がん細胞への栄養を断つ事でその成長を止めると同時に、免疫細胞はケトン体の力によって強くなります。かなりパワフルな療法なので、それができる状態の方にはお勧めします

参考記事:ガン細胞成長STOP&免疫力UP 同時にする方法

===========

 

乳がん治療は、〇〇方法で治す!という意識は、私には全くありません。

日々の自分の生活の何かが、今まではなかった乳がんを成長させたのだから、日々の生活の何かを変える事で、乳がんの縮小が可能になると思い実行してきた結果、わずか半年でがん腫瘍を5㎝以上も縮小させる事ができました。でもその何か、というのは何かわからない。1つの事かも?100の事かも?・・わからないから、もう探さない。

ただ「イイ」と思う事を「治したい」という信念に従って、甘えずやるだけです。

〇〇方法が治すんじゃなくて、自分の日々の選択で治すのです。日々の選択とは、一瞬一瞬の考え方です。マインドを「治す」にセットして、その方向に自分を100%向けた選択を、常に行います。考えるだけじゃない、「実行」が必要です。

 

その「治す」という決定の延長線上に化学治療が必要だと思ったらやればいい。

 

日々の選択が、自分を創っています。何を食べるか、どこに行くか、誰と過ごすか、どう過ごすか。

戻らない時間を後悔しない為に、そしてこの先の時間を楽しむために、自分らしく流れるように生きる、という事。私は常に思っています。

 

●免疫力を増やすべく、私が愛用しているアイテムはこちらでご紹介しています。

●メルマガ登録はこちらから
乳がんと健康法メールマガジンご登録

 

●ご相談はこちらから
乳がん個人カウンセリング

 

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され乳がん撲滅に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ