読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳がんブログ 自然療法で乳癌と向き合う

乳がんステージ3を余命宣告を受けながらも、代替医療(自然療法、自然治癒、自然治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん相談も実施しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

乳がん治療 西洋医学&自然療法 その基本を押さえていますか?

私にとって乳癌治療とは、人生の中で一番真剣に向き合った事柄です。でも治療方法を真剣に考えても考えても、頭だけで理解しようとしてるうちは、恐怖や悲しみが先に立つのです。そんな時は一歩引いて、今やるべき治療法をきちんと理解することから始めます。

 

人が何かに「迷う」時、迷う理由とは、選択肢(AとB)の両方の事を十分理解してないからです。ガン治療も同じです。西洋医学自然療法の両方を十分理解してないと、不安になるのは当然です。だから、両方の基本をしっかり押さえて、自分を選べる状態にします

やみくもに自分のイメージで、西洋医学や自然療法を賛否しないこと。そして、そのどちらを選んでも、適してる面と不適な面との両方を持ち合わせているので、自分に都合がいい所だけをイイとこ取りして、自分だけの療法として調合できたものが、自分に最適な療法と呼べます。

f:id:kenkohuntermio:20170226192946j:plain

===========

①それぞれの療法の基本を押さえる

 

<西洋医学>

西洋医学は、原因がはっきりしている病気にとっては凄まじい効果を発揮します。感染症、ワクチン、骨折、止血、解熱、腫瘍を摘出するなど、物理的な症状を和らげる効果と技術には命を救われてる人も多いと思います。(コレラ、チフス、結核の克服等)西洋医学は、その症状を集中的(局部的)に排除する能力に優れているのです。

 

<自然療法>

参考記事:乳がん治療法を迷ってる方へ でも書きましたが、ガンやアトピーなど、発症の原因が明らかにならないで病が発症した場合、原因は「自分の何か」としか言いようがないです。ただ、この「自分の何か」というのは自分が悪い、という善悪ではなく、逆に自分が自分を我慢させてた何か、という事です。それは生活習慣、対人関係、環境、仕事等、人それぞれですが、必要以上に自分を我慢させた事によってできたヒズミが、ガン腫瘍という形あるモノとして現れただけだと考えます。よって心理的に見る治療方法は「何かわからないけど、我慢をやめて、全てを客観的にみる」しかないように個人的には思うのです。ただその「客観的」という方法が不明確なので、いざ自分がやるとなると不安になったり迷ったりしてしまうのです。

 

私が考える自然療法

・自分の全体<心・身体・思考>の状態 と

・自分の過去の行動 と

・自分の現在の状態 の全てに善悪付けず、ただ自分をありのままに見て、受け止めて、ねぎらってから、変えるべき所を変える努力をする療法だと個人的には思っています。

 

でも、一般的には下記のように分類されているので、またここで「なにこれ?」と混乱を招くのです。選択肢が多すぎて、自分に何が合うのかが分からなくなってしまいます。

一般的な自然療法の分類

●食事療法

マクロビオティック、ゲルソン療法、断食療法、サプリ

●伝統医学

アーユルヴェーダ、中国医学、ギリシャ医学、チベット医学

●思想に基づく療法

ホメオパシー、シュタイナー医学

●薬物療法

丸山ワクチン、714X

●その他

指圧、イメージ療法、音楽療法、オステオパシー、カイロプラクティック、瞑想、ヨガ、ヒーリング、エネルギー療法

 

この中から自分に合う方法を、感覚でこれっ!と即決するのは無謀です。でも「方法を選ぶ」を優先し過ぎると、行動が鈍り全体像を見失います。これら(西洋医学も含)は、全てが選択肢の1つ、自分にとっての戦略法の1つにしか過ぎません。決定弾ではなく、決定を助ける参考資料です。資料として、気になるものを調べながらトライしたかったら、試していきます。

===========

②私の場合

療法は1つに固執する必要はないと個人的には思います。私の場合ですが、2015年10月、乳がん発覚当時は7.2㎝(乳房全摘)だと診断された腫瘍は、5か月後には1.9㎝にまで縮小していました。その間やった事をこのブログでお伝えしているわけですが、基本的には身体の質を酸性からアルカリ性に変える事を徹底的に実行しました。(まだ読んでない方は、下記の参考記事をご覧ください)

・参考記事:乳癌はじまりの日

・参考記事:知らなきゃいけない酵素の重要性

・参考記事:乳がん自然治療、NGだった!と思う事

これらは、誰から教えてもらったわけでもなく、日々の思考と行動から出した結果です。そして、その療法は1つではなく、複数のものの組み合わせです(ガン細胞はとても賢い細胞なので、1つの療法だとそれに対して抗体をすぐに作ってしまいます。)ストレスを溜めずに毎日続けられる方法で、まずは身体の中の細胞を元気な状態に戻す事に重点をおきます。(具体的な方法については、過去記事で多数記載しています)

 

私はガン腫瘍が1.9㎝にまで縮小した時に、腫瘍のみの部分摘出(乳房温存)手術を受けました。あのまま自然治療をしててもガン腫瘍は消せたと思いますが、手術を決めた理由は1時間ほどの簡単な手術(日帰り)であると言われたからです。既に転移もしてたので、リスクを考えた上での決断でした。(この手術以外の化学療法は一切していません)実際に、子供が学校に行っている間に手術したので、子供達は私がガンだとは知りません。(上の子には最近バレましたが(FBで)、下の子はまだ知りません。)理由はこちら(参考記事:一般論だからと言って受け入れる必要はない)をご参照ください。

 

こうして西洋医学と自然療法を組み合わせ、自分なりの生きる道を歩いています。

==============

また、治療方法と同じくらい大切なのが「何の為にその病を克服したいのか?」を知ること。何の為に・・なにをする為に、治したいのか。単に「健康になる」が目的である以上、終わりはないです。その健康な身体で何をしたいのか?これを見つめずに治療方法だけ探しても、答えはありません。

 参考記事:で、乳癌が治ったら何がしたいの?

 

結局は自分の人生を自分の意志で決める決断をする為に、ガンという病が現れたのだとしたら、「自分」を追求しない限り答えには辿りつきません。今まで我慢して、人を優先してきた自分自身に、ガンは「自分の為に生きなさい」と教えてくれてるからです。

 

ガンになった事を恨んだり、悲しんだりする時期があるのは仕方ない。でも、ずっとそこに留まらず、そんな自分の治癒力を最大限に引き出す事を優先して行うと、人生観が変わります。そこにきっと、生きる意味が見えてくるのではないかと思っています。

 

不安を力に変えて、乗り越えていきましょう。

 

●メルマガ登録はこちらから
乳がんと健康法メールマガジンご登録

 

●私が摂取しているアイテムはこちらから
乳がん必須アイテムリスト

 

●乳がんのご相談はこちらから
乳がん個人カウンセリング

 

Mio

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され乳がん撲滅に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ