読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳がんブログ 健康ハンター Mio 自然療法で乳癌と向き合う

乳がんを代替医療(自然療法、自然治癒、自然治療)で治した方法をブログでお伝えしています。乳がん相談、カウンセリングも実施しています。乳癌に関する、お悩みを抱えてる方々のお役に立てれば嬉しいです。| 乳がん代替医療研究家

乳がん治療 メープル重曹療法② 追記 & お知らせ

ガンを治す

★はじめにお知らせ★

2015年10月に発覚した乳がんの実体験をもとに、その治療方法、経過、及び結果や失敗談を、生の声でお届けしたいと思い、このブログをはじめて約2ヵ月が経ちました。毎日色々な記事を更新していく上で、多くの方々からの励ましやサポートを頂きました。この場をお借りして心から御礼申し上げます。ありがとうございます。

同時に、数多くの方々からご相談等のご連絡いただき、私にできることならと誠心誠意お返事させて頂いておりました。少しでも前に進むきっかけとなって頂けたら、私自身が嬉しいからです。ただ、ご連絡頂く人数が最近かなり増え、対応に追われてしまうようになりました。やはり内容が「乳がん」という事で、その不安の大きさが伝わってくるだけに、私にわかる範囲内での、できる限りの丁寧なお答えをしたいので100%全力投球で対応させて頂いております。それ自体は、寝る時間さえ惜しくはないのですが、私も身体がひとつしかないので、時間的に全く余裕がなくなってしましました。しかし反面、私からの情報を心待ちにしてくれる方々のお役に立ちたいとの思いが、日に日に強くなり、必要な方に必要な情報を届けることの使命感を感じるようになりました。

そのような理由で、今後ご相談などのご連絡は、カウンセリングという形をとらせて頂くことにしました。この決断をするに当たっては本当に色々と考え、様々な感情も汲み取った上での決断です。

しかし、乳がんを通して自分自身と本気で向き合う意志のある方のお役に立てるのなら、こんなに嬉しい事はありません。精一杯の気持ちと、実体験で得た知識を駆使して、お一人様ずつ違うそれぞれの悩みに、丁寧にスカイプもしくはラインでカウンセリングさせて頂き、その後3回のメール往復をさせて頂くプランを作りました。

 私は実際に、私自身の身体で乳がんの腫瘍が半年で5㎝以上も縮小するという体験をしました。そして、それはどんな医学書にも載っていない方法です。心・身体・頭(知識)を総合させて行った私独自の方法だからです。でも同時に、その方法は私でも出来たので、逆に誰でも自宅で今すぐにできるものばかりという事です。後は心の持ち方や、知識の使い方、身体の整え方などの総合的な取り組み方によって効果を最大限に引き出す事が可能だと思っています。

 なので今後、その方法を個別にご相談する事をご希望の方は、ブログにリンクしてある「個人カウンセリング」からお申込みください。詳細もそちらからご覧いただけます。

私はこれからも、私自身の乳がん再発を防ぐ目的も併せて、常に日々の生活で気づいたことや、学んだことをこのブログを通してお伝えしていきますので、今後とも引き続き宜しくお願い致します。

 

清岡 美音 Mio Kiyooka

==============

 今日は、複数ご相談頂いた「メープル重曹」についての追記を致します。

f:id:kenkohuntermio:20170222001810j:plain

 

以前このような記事を載せました。

この方法は、あるイタリアの学者が論文にも公表していることから私は知りました。個人的には納得する理論なので試してみて、それなりの効果はあったと思っています。ただ私は当時、同時に複数の自然療法も試していたので、これに限っての効き目を立証する事は出来ませんが、腫瘍が柔らかくなっていく感覚を得たのは、これを摂取してからだと自分では感じています。(完全に個人的な感想です。)

 

ここでもう一度、皆様からのご相談で多かった、摂取方法などを確認したいと思います。

に重曹を溶かして飲む(NG

重曹はアルカリ性ですが、65度以上の熱を加える事で「強アルカリ性」に変化します。「強酸性」のガン細胞には「強アルカリ性」で対応した方が効果的です。よって、水に溶かすのではなく「沸騰直前のお湯」に溶かして摂取してください。

 

②メープルシロップを足さないNG

糖分を避けたいから、甘いのが苦手だから、という理由でメープルシロップを足さずに重曹だけをお湯に溶かして摂取する方がいます。ガン細胞の栄養源は「糖分のみ」なので、重曹を飲んでもガン細胞には届きません。ガン細胞に直接届かせる為にメープルシロップの糖分が必須となるのです。また、メープルシロップを摂取する場合は、できるだけカナダ産No.2 アンバーという種類を選んでください。抗菌作用が発揮されます。

 

③飲み忘れたから、食後に飲んだ(NG

ガン細胞が、唯一の栄養源である糖分=メープルシロップを欲するのは、空腹時です。栄養がくるのを今か今かと待ちわびてるガン細胞に、重曹という強アルカリ性を与えるのが趣旨なので、空腹時でないと意味がありません。

 

④まずくて気分が悪くなる

はい、まずいです。私もオエッってなりました。でも吐く程ではなかったので、何とか続けているうちに、慣れてきました。ただ、中には摂取した後数時間は気分が悪くて動けなくなる、という方が複数いらっしゃいました。その場合は、重曹の量を減らすか、メープルシロップの量を増やすか、もしくは1度の摂取量を減らすなど。。色々と配合を変えてみたらいいと思います。それでも具合が悪い場合は、他の方法を試した方がいいかもしれません。

 

⑤寝る寸前に飲む

いいと思います。ただ、メープルシロップが入っているので歯磨き前をお勧めします。

 

⑥作り置きする

①同様、重曹が65度以上で強アルカリ性の効果を発揮するので、できるだけ熱いうちに飲むことをお勧めします。作り置きでも構わないと思いますが、摂取する前は一度加熱した方がいいと思います。

 =========

 

重曹とは炭酸水素ナトリウム -自然界の全て(雨、川、海、湖、そして人間の体内にも)存在する物質なので、身体への抵抗は少ないと思います。また性質としては、そのままだと弱いアルカリ性ですが、65度以上に熱すると「強アルカリ性」へと変化します。その強いアルカリ性で、錆びた細胞と言われる「強酸性」のガン細胞を溶かす事が可能だという事です。

強酸性のガン細胞は、アルカリ性(㏗8.5以上)では死滅するという見解に基づき、熱する事で強アルカリ性になる「重曹」を「メープルシロップ」と共に取り入れ、ガン細胞を死滅させるというものです。この場合のメープルシロップの役目は、正常細胞の16倍もの勢いでブドウ糖を吸収するガン細胞の性質を利用し、ガン細胞に重曹を取り込ませる為の布石として、敢えてメープルシロップを摂取します。まさにガン細胞の性質を逆手に取った方法です。

 

重曹やメープルシロップなど、私のお勧め商品はこちからご覧頂けます。

メープル重曹は味に抵抗がなければ、副作用などは私は全く感じなかったので、試してみる価値があるかと、個人的には思います。

 

●メルマガ登録はこちらから
乳がんと健康法メールマガジンご登録

 

Mio

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され乳がん撲滅に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ