乳がんブログ 自然療法で乳癌と向き合う

乳がんステージ3を余命宣告を受けながらも、代替医療(自然療法、自然治癒、自然治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん相談も実施しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

乳がんと「アルカリ性体質」の大切な関係

現在乳癌を患っている方、もしくは乳癌を予防したい方、又は再発を恐れている方の為に。この乳癌ブログの何かが、読んだ方の何かのお役に立つ事で、乳癌に怯える女性が一人でも減りますように、と心からの願いを込めて毎日更新しています。

わずか半年で、乳癌の腫瘍を5㎝以上も縮小させた独自の自然療法を、できるだけ詳しくお伝えしています。

 

またこの乳癌ブログは、乳癌自然療法を勧める目的でも、乳癌化学療法を否定する目的でもありません。ただ、私が実践した独自の乳癌自然療法の経過と結果を、実体験と共にお伝えしているだけです。必要だと思う情報を、各々が受け取って頂けたら幸いです。

 

必要な方のお役に立ちますように。

美音 Mio

==================

 

先日の記事「健康体の条件」でも少し触れましたが、体内にいくら「酵素」を取り入れたところで、その「酵素」を受け入れる器である身体が「酸性=錆びてる」状態だと、せっかくの酵素の威力が発揮されません。

 

私の個人的な考えですが、酵素というのはアルカリ性の体内で、最もその力を発揮すると思うのです。その理由をお伝えします。

 

まず、酵素の主な働きは、細胞の働きを高め免疫力を上げるという事です。

 

でも、いくら細胞が頑張っても、その細胞たちの住処である身体が、

錆びた状態にある=酸性

ピカピカしてる状態にある=アルカリ性

では、効果が全然違うと思うのです。

 

なので、「酵素を取り入れる」のと「身体をアルカリ性にする」は、同時進行で行った方が効率的だと考えました。

 

なので、今日は「アルカリ性」体質にする為にできること。について書きます。是非、先日の記事「健康体の条件」も併せて読んで下さい。

===============

 

アルカリ性の体質

 

私が個人的に考える「アルカリ性体質」とは、身体の水の質です。

 

体内の70%以上が水なら、その水は「いい水」でないと!という、ごく単純な発想で、でも一番必要な事に感じるからです。

 

70%以上も占める体内の水分が

酸性=錆びてる(茶色い)

アルカリ性=新しくて綺麗(透き通ってる)

どちらがいいか、というシンプル極まりない理解が根底にあります。

 

なので体内環境を整えるのに、

酵素は食べ物に比重を置くのに対し、

アルカリ性は水分に比重を置きます。

そのバランスを各自が調節していけばいいんじゃないかと思います。

 

アルカリ性の体質にするには、なにより「水」だと思う理由については、過去記事「ガン自然療法の基本「水」」をご参照ください。

 

そして、具体的に何をどうすればいいのか?という事ですが、私が乳癌治療中から現在も引き続き好んで続けている方法をご紹介します。

 

①ビワ茶 「乳がん自然療法に「ビワ茶」が有効だと思う理由」参照)

ビワ茶を摂る一番の目的は、その成分に含まれる「ビタミンB17」(過去記事参照)の摂取です。日常的にビタミンB17を取り入れ続けることで、その成分を癌細胞に浸透させます。正常細胞は豊富な酵素で守られているのに対して、癌細胞は酵素が剥ぎ取られている状態なので、裸の状態の癌細胞にビタミンB17の抗がん作用を浸透させます。また、一説では健康な人でも一日5000個もの癌細胞が作られていると言われています。それを自己免疫力で制御しているわけですが、免疫力の低下と共に制御しきれなくなった癌細胞が、成長してしまいます。なので、ビワ茶を飲むことで、成長段階の癌細胞の発症予防、または再発防止にもなる可能性があります。(個人的な見解です)

 

②還元水「乳癌自然療法基本「水」」参照)

還元水を摂取する事で、腸内に水素を発生させ、通常食べ物が腸に入ってきてから行われる「発酵と分解」というプロセスの中の「発酵」部分を既に行い、その他の内臓の負担を減らすというモノです。内臓への負担が減る事で、血流がよくなり、免疫力がアップします。また、「還元くん」というボトルで作る還元水は、ボトルの陶器のチカラと、緑茶の抗菌作用からの発酵力による還元力なので、より自然に近い原理である事と、水素水の効力が腸内に入っても衰えることなく続く点がそのスゴサです。(市販の水素水は体内に入った瞬間に水素の力を失います)。還元水の日常的な摂取により、腸内が常に発酵状態になり、腸内フローラのバランスが最適な状態となります。

「乳がん必須アイテムリスト」参照)

 

③天然水

水道水は酸性です。常に体内に「酸性」である水道水を取り入れ続けると、体内の酸化=サビ の原因となります。私は住まいがカナダという土地柄、天然のミネラルがバランスよく取れる天然水を選んでいますが、日本だと「ナチュラルミネラルウォーター」に区別されたものがよさそうですね。(各自お調べになってください)

 

シナモン水(シナモンスティックを水に入れたもの)、昆布水(昆布を水に入れたもの)は、用途によって適当に使い分けています。*写真にはありませんが、レモン水もお勧めです。私は一日2個は絞って摂取(野菜ジュースに入れたり、サラダのドレッシングに足したり、水で割って飲んだり)しています。特に術後は多めに摂るといいようです*

 

f:id:kenkohuntermio:20170205194608j:plain

(写真は自宅の冷蔵庫に常備してる水たち)

=========

 

これらが、私が主に実践している「体内をアルカリ性に保つ」方法です。昨日、今日、明日という日々の積み重ねが1年後の自分の身体を作る事を想像すると、一気に体質を変える方法などはなく、小さな習慣の積み重ねが大きな違いをうみます。

 

また私達の身体は、年齢と共に酸化していってしまうのです。残念ですが、これを止める事は不可能です。ただ、日々の行動の積み重ねにより、酸化の速度を緩める事は可能だと実感しています。

 

「酵素」と「アルカリ性」の重要性は、私が乳がん発覚以来、毎日毎日、自分を観察してきた結果、実感している私にとっての事実です。この情報からご自分に必要だと思う事を抜き取って、一人でも多くの女性が、乳がんという怖さとガン細胞を同時に消していって頂ければ本当に嬉しく思うのです。

 

 ●メルマガ登録はこちらから
乳がんと健康法メールマガジンご登録

 

●私が摂取しているアイテムはこちらから
乳がん必須アイテムリスト

 

 

Mio

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され乳がん撲滅に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ