読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mioの乳がんブログ 自然療法で乳癌と向き合う

乳がんを代替医療(自然療法、自然治癒、自然治療)で治した方法をブログでお伝えしています。乳がん相談も実施しています。乳癌の悩みを持つ方々に、この乳がんブログがお役立てになれば嬉しいです。| 代替医療研究家

乳がん治療 無意識に決めてた3大決心

乳癌告知を受けた時、無意識に決めてた3つの決心

f:id:kenkohuntermio:20170118085633j:plain

①抗癌剤+放射線療を拒否

②子供には言わない

③外食では好きな物を食べる

 

①は、当時何の知識もなかったけど「抗癌剤+放射線」の方が、自分で治すより怖いと思ったから。私は化学療法を否定する気は全くないので、あえて誤解を恐れず書きますが、治す過程は、どちらも辛いです。自然療法だから楽とかないです。

 

決め手は、迷いなく「化学療法!」と決めてるか、「医師に言われたから化学療法にしたか」という事だと思います。もし直感でわからなかったら、とことん調べまくって自分の命を医師に預ける納得が100%できた時、化学療法を選ぶのもアリだと思う。

 

でも、「みんながやってるから」「親に言われたから」で決めて、その後も心にモヤモヤが残っているとしたら、何かを変える必要があると思う。

きっと今までも、そんな風にずっと、自分の意志を尊重しない生き方が続いてて、それを治す為に、ガンになったのだとしたら・・?

そんなあなたにとって、「今」が命を懸けて自分を変えるチャンスで、それが乳癌治療と向き合うという事につながるのかも。

だって自分の意志のままに生きていい。自分の人生なんだから。

 

乳癌自然療法も全く同じです。

効くのか効かないの全く分からない状態で、自然療法を進めるには、ただただ「信じる」しかなくて、根拠のない自信を持ち続けるには、「細胞たちへの協力」のみです。

 

私達が頭脳で考えた事なんて、身体の細胞の動きに比べれば取るに足りません。まだまだ解明されてない身体のしくみには、太刀打ちできないので、委ねるしかない。

できることは、そのちょっとの頭脳を使って、細胞にできるだけ協力するように、調べながら進むしかない。

 

私達の身体って、想像以上に凄いのです。

 

②子供には言わない、も即決でした。

私には14歳と12歳の子供がいます。あの子たちは、きっと私がガンだと知ったら、私の一挙一動をみて、心配し、自分を制限してしまうんじゃないか・・という思いの方が怖くて。

 

「ママが心配だから、〇〇しない」「ママが大変だから我慢する」こんな事言われたら、私はガンになった自分を呪ってしまう。心底悲しくなる。

 

自分で解決できる分には何でもオッケー。やってのける。

ガンでさえ、そうなった自分を受け入れ、治す。ただそれだけに直進できる。

 

でも、子供の自由を母親の自分が奪う事は、私にとっては拷問に等しい。

(→ ここには、私の[母親にかまってほしかった]というトラウマがあるので、あくまでも私にとっての方法になるという事です。人は無意識に、自分の満たしてほしかった思いに執着します。)

 

なので、「出来る限り普通に」を心がけ、私が断食中も家族には変わらず3食作り続けた。それをする事が私の喜び(安心)なので、頑張るというより、やってる方が気が楽だった。いつか一緒に食べよう、と思ってた。

 

でも一方で、家族一丸となって、母親の乳がんを治そう!というのも、もちろん素敵。母親を思いやる心や、我慢する事は時に、子供にとってはいい成長の要素となる。

 

要は、その人その人次第。

ルールは自分で決めていい。

 

③外食について

もし、外のものを食べて罪悪感が残るなら、外食自体を制限した方がいい。

外食とは、そもそも自分の好きなものを、好きな空間で、好きな人と食べるという行動なので、その一つでもかける場合・・

・添加物や農薬が気になる

・作るのが面倒だから

・付き合いで仕方なく

は、食べた後に罪悪感しか残りません。その罪悪感こそが、細胞の元気を奪うもの。(罪悪感については後日記事にします)

 

私は外食では

・たとえ身体に悪いとわかっていても、食べたかったら食べる

・好きな人としか行かない

 

f:id:kenkohuntermio:20170117183306j:plain

 私のヨガ友は、当時乳癌治療の真っ最中の私が、誰よりも大きなピザをむしゃむしゃ食べてるのを見て、爆笑してた。「ほんとにガンなの?」って。

私が彼らを信頼する理由は、そこで「そんなもの食べて大丈夫?」と心配そうな顔をしないこと。私が自分に責任をもってやってる事なら、大丈夫に決まってる、って無条件で思ってくれてたことが、どれだけ励みになったかわからない。

そんな友人と食べるランチは、何よりの良薬です。

そして、家に帰ってまた断食。それも良し。

人知れず頑張る自分を、前よりもっと好きになった。

 

そして、これだけは忘れちゃいけないと思う事。

 

私たちは、生きる為にガンを治します。

ガンを治すために生きる、 のではない。

 楽しい事は削除せず。

 

●メルマガ登録はこちらから
乳がんと健康法メールマガジンご登録

 

●私が摂取しているアイテムはこちらから

乳がん必須アイテムリスト

 

●乳がんのご相談はこちらから
乳がん個人カウンセリング

 

Mio

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され乳がん撲滅に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ