乳がんブログ 自然療法で乳癌と向き合う

乳がんステージ3を余命宣告を受けながらも、代替医療(自然療法、自然治癒、自然治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん相談も実施しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

私の乳がん 乳癌治療を決意

f:id:kenkohuntermio:20161222082232p:plain

乳癌と私の1年間

2015年10月

進行型浸潤性 乳癌ステージ3(腫瘍の大きさ7.2cm、リンパに転移アリ )と診断される。癌専門医には直ちに乳房全摘手術+抗癌剤+放射線治療を勧められるが全て断る

 

➡その後、寝る間を惜しんでの資料収集、医学論文読破、海外のガンに関する論文、自然療法に関しての実態、西洋医学、東洋医学など、ありとあらゆる専門家の情報や、癌を自力で治した人々の生の声をを集め研究し、実行する。

2016年4月(半年後)

その6ヶ月後、自己流ながらも徹底的な独自の自然療法や食事療法を行った結果、半年間で腫瘍を5.3cmも縮小させる。その後、乳房温存療法(腫瘍部分のみの部分摘出手術)を行う。(手術時間1時間、入院ナシ)

2016年12月

CTスキャン及び骨のスキャンで癌胞の確認は認められなかった。もちろんその後の化学治療一切ナシ。 

                          ===================

このブログは、クリーンリビング(食・動・心 のバランスが取れてる)日々を送っていると自分では思っていた私が、まさかの乳癌!になったものの・・・

・独自の自然療法により、わずか半年で乳癌腫瘍を5.3cm程も縮小

・乳房全摘と言われていた手術も、結局部分摘出のみの乳房温存療法

・その後も化学治療一切ナシで、現在も癌腫瘍は確認されていない

 

そんな私の体験談や方法などをお伝えしていきます。

 

人間の身体の、神秘に満ちたチカラを信じる事は、治そう!とする本能を強く目覚めさせるエネルギーを発します。

癌という病名(誰かがつけた名前)に惑わされず、自分を観察し、何が原因でその症状が このタイミングで現れたのか、という事を知る作業を無視しては、根本的な改善にはなりません。

 

症状とは、自分の命を誰かの手に委ねず、自分自身でガッツリ向き合うチャンスを与えられてるという以外、何ものでもありません。


結局は、癌も風邪も虫歯も腰痛も……大元は、自然治癒力の機能低下です。

 

その自然治癒力が減った理由、機能してない理由は、自分の中にのみ、答えがあります。それを見つける道のりが治癒への道のりです。

 

もちろん、癌などの大病でなくてもアトピー、腰痛、生理痛、どれも同じです。

 

その症状が、その症状としてあたなに現れた意味を知る行為こそが、根本への治療につながります。
---------------------------------------------------


There is a crack in everything
That's how the light gets in
                            by Leonard Cohen

(訳)

全ての物にはヒビが入る
そのヒビこそが、光が入る道となる

 
ヒビが大きければ大きいほど、光は多く入ります。


自分を光で満たす作業に、このブログが少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

●メルマガ登録はこちらから
乳がんと健康法メールマガジンご登録

 

●私が摂取しているアイテムはこちらから
乳がん必須アイテムリスト

 

●乳がんのご相談はこちらから
乳がん個人カウンセリング

 

Mio

 

 ↓それぞれ1回押して頂けるとランキングに反映され乳がん撲滅に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ