自然体で乳がんと向き合う

乳がんを余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然療法、無治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん動画も配信しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

乳がん治療方法

マンモグラフィーについて第3弾<乳がんブログVol.310>

IN YOUの公式ライターとして こちらの記事にも掲載させて頂きましたが 命が伸びることを証明できたがん検診は1つもない 世界的に権威のあるBMJ(英国医師会雑誌)は、「命が伸びることを証明できたがん検診は1つもない」と言う衝撃的な論文を発表しました…

これ!このちょっとの差が大切。<乳がんブログVol.317>

癌になって 抗癌剤を投与している人と お話しする機会が増えて 毎回なぜか意味不明だけど 必ず感じる事があった。 それは 同じ「抗癌剤」を投与してるのに 印象が全く違う人々が存在してるのは なぜだろう? つまり 一方の人は 「抗癌剤を投与しちゃった」と…

経過によって取るべき処置は違う<乳がんブログVol.316>

私は現在 乳癌と診断されてから 既に2年半以上経ち 手術してからも 2年以上経っているので 食事に関しても 生活習慣に関しても 2年半前の私とは 全く違います。 だから 例えば 最近乳癌だと診断されたばかりの方が 私が先日書いたこの記事のように 体から…

私が思う理想の食事<乳がんブログVol.306>

私が思う 理想の「食事」とは 本当は 何を食べても美味しい と、ただ純粋に心から思って食べるのが 一番理想だと思う。 そして実は食事の内容よりも どんな気持ちで食べているかの方が 大事なのだとすら思う。 でも現代に生きる私達は 多かれ少なかれ 農薬だ…

なぜ抗癌剤した事を悔やむのか。<乳がんブログVol.304>

日本最大級のオーガニックとマクロビWEBマガジンIN YOUにて、公式ライターとして記事を掲載して頂くことになりました。様々なレシピ・レストラン・健康情報を中心に、オーガニックなライフスタイルを提供しているサイトです。ご興味のある方はご覧ください。…

乳癌治療中に子宮に起こった変化<乳がんブログVol.302>

私はそもそも 子宮筋腫があった事を 長女の妊娠で知りました。 筋腫は長女の妊娠中 更に大きくなり 妊娠後期には、最大でグレープフルーツ程の大きさにまで成長してしまったので「お腹の中の赤ちゃんに行くはずの栄養素を、筋腫が奪い取ってる」と医師が判断…

乳癌発覚から2年半後の私<乳がんブログVol.291>

2015年の乳癌発覚から 約2年半が過ぎました。 今現在 乳癌治療に迷っている方 乳癌治療で苦しんでいる方 乳癌治療を終えたばかりの方 など不安を抱えている方々にとって 何かの参考になりますように この2年半を振り返ります。 ====== 乳癌発覚(…

ファイトケミカルNo.2<乳がんブログVol.288>

乳癌だからと言って 乳癌腫瘍だけに フォーカスするとは 木を見て森を見ない 状態と同じです。 バラやリンゴの花木も癌になります。 その場合 その木にできた癌やカビだけを取り除いても解決にはならず、土や根を伝って隣の花木にも影響があると想定し、土壌…

抗癌剤と自然療法<乳がんブログVol.283>

乳癌だと診断された人の リアクションは個々それぞれで ・涙が止まらない ・パニックになる ・何から手をつけていいのか分からない。 ・どうしていいのか不安で仕方ない ・不安で夜も眠れない ・頭が真っ白になる ・もぉいいや、諦めた。 ・◯◯のせいだ。 な…

病の発症<乳がんブログVol.282>

大変ご好評頂いている動画 <乳がん克服に必要な知識>ですが ・個人メールで質問したい ・ログイン方法がわからない などのご質問を頂いています。 お問い合わせ等は kenko@yogaskrit.com までお気軽にご連絡下さい。 ========= 乳がんなどの症状…

乳癌になったら<乳がんブログVol.281>

乳癌だと診断された私が 何よりも最優先として 「常に」頭に留めていた事がある。 それは そもそも「乳癌」が成長したのは 「免疫力の低下」だから 治療方法の基本は 「免疫力の向上」が最優先 だと設定しました。 ======== 免疫力を向上させる為に…

「痩せ過ぎ」が心配な方(体重を増やしたい)<乳がんブログVol.280>

乳癌を経験した方で 「痩せ過ぎている」 と悩んでいる方が多いようです。 だから 「何を」食べればいいのか? 「どうやって」体重を増やせばいいのか? という相談をよく受けます。 「痩せすぎ」を悩んでいる方は 基本的に食欲があまりなく 頑張って食べても…

周波数と癌治療<乳がんブログVol.278>

私達の体内には 微弱な「電流」が流れています。 その微弱な電流とは正確にいうと 電気を帯びた粒子=イオンですが イオンは神経や筋肉を伝わって 体内にくまなく流れています。 そのイオン=電流は 細胞同士のお互いの情報伝達を可能にする為に「周波数」と…

癌治療を長引かせない為に①<乳がんブログVol.277>

「酸性」の体内で 癌は増殖しやすい ので 私はできるだけ 「アルカリ性」の体内環境を 日常的に持続できるように 色々と試しました。 もちろんphシートを買って 視覚で体内環境を把握しながら。 体内環境の改善って 何かを一回食べたから大丈夫、 というもの…

メープル重曹療法について③<乳がんブログVol.275>

私が独自の癌治療の一環として取り入れていた 「メープル重曹」ですが いくつかご質問を頂きましたので お答えしたいと思います。 まず メープル重曹療法をご存じない方は 下記の記事をご覧になってから 読み進めて下さい。 ①メープル重曹療法 ②メープル重曹…

自分軸は行動によって作られていく<乳がんブログVol.267>

最近よく聞く 自分軸 という言葉。 でも 自分に軸がない って思ってる人には 厳しい言葉だと思う。 人なんてみんな ブレブレしてるし ウダウダするし 右に揺れ、左に揺れて ゆっくりと真ん中に近づく、 それで十分だと思うのです。 だから 「自分軸」なんて…

症状に惑わされずに生きたい<乳がんブログVol.265>

以前もこのブログに書いていますが 私は比較的、健康優良児でした。 人間ドック もOK 定期検診もOK 風邪も引かず 持病もなく 運動も好きで 夜も熟睡できる とは言いつつ、振り返ると いくつかの「不調」があったのも確か。 重度の生理痛とか 末端の冷え性と…

結果ではなく、経過を見よう<乳がんブログVol.263>

このブログは、私自身が実践した乳がん治療において、読み進んだ数々の論文や医学資料が、とても難しく書かれており、理解するのに多くの時間を費やし、そして失敗を繰り返しました。その為、皆様がその労力と時間のロスを省けるように、出来るだけ分かりや…

「治す」というより「戻る」<乳がんブログVol.260>

このブログは、私自身が実践した乳がん治療において、読み進んだ数々の論文や医学資料が、とても難しく書かれており、理解するのに多くの時間を費やし、そして失敗を繰り返しました。その為、皆様がその労力と時間のロスを省けるように、出来るだけ分かりや…

平均値よりも、大事なことがある。<乳がんブログVol.257>

ずっと不審に思っていた 余命とか 5年生存率とか 再発する確率とか つまり 医師から告げられる 「平均値」を基準とした計算式に 意味不明の不快感を常に感じていた私。 「平均値」とか言われると かなり癇に障るこの感覚。 一瞬ムカッとくるのです。 なんで…

自分の欠如してるものを埋める事が「治癒」へと続く。<乳がんブログVol.255>

乳がん治療・予防の為の情報は 探せばいくらでも溢れています。 私もこのブログを使って 自分の実体験をもとに 発酵食品がいい 酵素がいい 野菜がいい アルカリ性がいい などなど 「私が」いいと思ったことを 配信しています。 自分の人生をもっと楽しみたい…

栄養を逃さない方法<乳がんブログVol.247>

体への栄養面を考えた時に 栄養、栄養、栄養 野菜、野菜、野菜 と「栄養の摂取」ばかりに 気を取られがちですが 食べたら「自動的」に 体の栄養源になるわけではありません。 食べたものが 消化され 分解され 「吸収されて」から はじめてここで 「栄養摂取…

グルテンフリーって必要? <乳がんブログVol.243>

リーキーガット症候群をご存知ですか? 「リーキー(漏れる)ガット(腸)症候群」というのは、腸の粘膜が荒れて穴があき、通常だと通過するはずのない有害物質や重金属が体内に侵入し、血流と共に身体中に巡ってしまう事で発生する、様々な原因不明の免疫性…

食事療法って乳癌治療に効果的なのか?(保存版)<乳がんブログVol.240>

思い出してみると 小学校の時、学校でインフルエンザが大流行しても、インフルエンザに「かかる生徒」と「かからない生徒」がいましたよね。 大昔、コレラが大発生した時に多くの方が亡くなりましたが、同じ地区に住んでいてもコレラに掛からなかった方も多…

プチ断食の方法と効果 <乳がんブログVol.239>

プチ断食の目的は ダイエットとは違います。 これは「癌細胞」を縮小させる 大事な行程だと個人的には思っています。 参考記事:プチ断食の方法① 参考記事:プチ断食の重要性② 1日1食を2週間 (場合によってはそれ以上) これを勝手に「プチ断食」と呼んでい…

目指すは基礎体温36.5度 <乳がんブログVol.238>

私はなぜか 寒い日や、雨が降ってる日に、乳がんの部分摘出をした手術の傷痕がピリピリ痛む時や、切除したリンパ節に沿って体の側面に違和感を感じる時があります。 また メスを入れた裏側(肩甲骨)あたりが重かったり、足の付け根が重かったりする時もある…

医師選びの重要性 <乳がんブログ Vol.237>

について ご存知ですか? ========= 私はいつの日からか 素朴な疑問が頭から離れない。 その疑問とは 医師は果たして 癌の治し方を 知っているのだろうか? あなたが診察を受けている 目の前の医師は 「癌」という病気の治し方を 本当に知っている…

西洋医学を上手に使う為に必要なこと<乳がんブログVol.236>

乳がんの治療法、自分は「これで行くぞっ!」ってガチッと決められる人は、それが3大療法であろうが、自然療法であろうが、自分自身のセオリーがあるので、それに従って進むのが一番いいと思う。 治療方法に「善悪」はなく あるのはただ 「自分に合うか、合…

乳がんは治療後が大事です。<乳がんブログ Vol.235>

このブログは、私自身が実践した乳がん治療において、読み進んだ数々の論文や医学資料が、とても難しく書かれており、理解するのに多くの時間を費やし、そして失敗を繰り返しました。その為、皆様がその労力と時間のロスを省けるように、出来るだけ分かりや…

自分でできる「癌治療」とは<乳がんブログ Vol.234>

このブログは、私自身が実践した乳がん治療において、読み進んだ数々の論文や医学資料が、とても難しく書かれており、理解するのに多くの時間を費やし、そして失敗を繰り返しました。その為、皆様がその労力と時間のロスを省けるように、出来るだけ分かりや…