乳がんブログ 自然療法で乳癌と向き合う

乳がんステージ3を余命宣告を受けながらも、代替医療(自然療法、自然治癒、自然治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん相談も実施しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

乳がんを治す

引き寄せの法則と乳癌治療 <乳がんブロVol.134>

このブログでも度々記事にしていますが、引き寄せの法則を、「強く思ったら願いが叶う法則」だと思ってる方がいらっしゃるようですが、それは全く違います。 ただ、確かに「引き寄せの法則」はややこしい。先日そのようなご質問のメールを頂いたので、私なり…

私は、乳癌とは闘わない。<乳がんブログVol.133>

私達の体には、自分の身体を「殺す」スイッチなんて用意されていない。もし「生かす」事が目的じゃなかったら、そもそも生まれてないから、私達は皆「生きる為に」命というモノを授かった、というのが大前提の中の、大前提。 だから、細胞は私達を「生かす為…

腹八分目に病ナシ、とは? <乳がんブログ Vol.132>

私達の食事によって、免疫細胞(正常細胞)は、十分な栄養が得られると、「ご馳走様でした」と箸を置く。それ以上は欲しがらないし、例え栄養が来ても、吸収も消化もしません。 それに比べ癌細胞は貪欲です。「お腹が一杯になる」という事がないので、栄養が…

内臓のテンポを活かす <乳がんブログVol.131>

大腸に溜まった食べ物を消化するのに「20時間」掛かるってご存知でしたか? それぞれの臓器は、いつも一定のテンポで働いている訳ではなく、約2時間おきに「活発に動く」と「休憩」を繰り返しているそうです。 その中でも「一番働く2時間」と「一番休む2時間…

力を抜いて生きよう <乳がんブログ Vol.130>

●お知らせ● バンクーバー近郊にお住いの皆様へ、ワークショップのご連絡です。 <乳がんを、知ろう> 乳癌の全て(予防・治療・再発防止)について、「自分の治療方法(予防方法)」を見つける為の講座(前半・後半の2回開催)です。乳癌と向き合い、いかに…

ミネラル吸収方法 <乳癌ブログVol.129>

「ミネラル」とは、私達の身体のバランスを整える為の5大栄養素のうちの1つです。 5大栄養素とは ・身体を動かすパワー ・体温を上げる ・筋肉や骨格を作る ・身体のバランスを整える などの「身体の基本」を作る大事な土台となる栄養素の事です。 ミネラル…

乳癌発症、キーポイントは「がん幹細胞」

私達はもともと1つの細胞でした。精子と卵子が結合してできた受精卵です。これが私達の原点。その始まりの「受精卵」1個が、分裂を繰り返して「人間」となってきました。 (画像はお借りしています) 1つだった細胞が、60兆個にまで増えていき、私達を生か…

医師の見分け方。 乳癌について医師に聞こう。

私は「乳癌」と診断された時、ショックで頭の中が真っ白になりました。 目の前にいる医師が神様のように見えて「この人の言う事を聞いていたら治るんだ!」と思った。だって、医者は「専門家であり、エキスパートあり、何でも知ってて、頼れる存在で、命を救…

1センチ以下の乳癌、と診断されたら?

私は右の乳癌を発見した時、腫瘍は既に7.2㎝にも達してました。そこから体質改善を行い、わずか6カ月で1.9㎝にまで腫瘍を縮める事ができました。ただ、その時既に脇の下に転移してたので、癌腫瘍の部分摘出手術はしましたが、抗癌剤や乳房全摘からは免れたの…

家族に「乳癌になっちゃって、迷惑かけてごめんね」は、やめようよ。

乳癌になってしまって、「家族に申し訳ない。迷惑かけてごめんね。」と思う人がヤケに多いですが、そのマインド、危険です。どうせ言うなら「ごめんね」ではなく「協力してくれて、ありがとう」だよね。 なぜなら、「ごめんね」と言ったその時点で「乳がん=…

「仙骨を正さずして健康は無し」その由来について。

身体の構造って、いくつもの層(レイヤー)が重なり合いながら作られてます。 その層は、ミルクレープみたいな同じものの重なりじゃなくて、例えば、ガンダムみたいな超合金(骨と筋肉)が、フカフカのぬいぐるみ着てて(脂肪)、それらを血管だとかリンパだ…

キャノーラ油の恐怖・身近な物から乳癌予防

先日の「水道水+電子レンジ=老化」に引き続き、身近な物から乳癌予防、乳癌治療の参考にして頂きたいシリーズ。 今回は「キャノーラ油(菜種油)」です。以前こちらの記事でも書いたように、料理に日常的に使う油とは、「高温」で使える物と、「生」で使っ…

水道水+電子レンジ=老化

もし「老化」というものが、一年一年という歳月を積み重ねたものだとしたら、みんな「同じように」年を取るはずだと思いませんか? でも同じ50歳でも、ある人は「若く」、ある人は「老けて」みえる。実際に体力的にも、かなりの差があります。という事は、…

寝てても消費されるエネルギー「基礎代謝」の大切さ

エネルギー消費とか、代謝作用とかって、何となく「運動しなきゃ」と連結するイメージがありませんか?一生懸命に頑張って身体を動かしたり、汗を流すと、体温が上がって、筋肉もついて、代謝があがる、というのが一般的な理解だと思います。 でも私達には有…

白砂糖の代用は?10種類の甘味料について

砂糖の代わりに使えるものって? 身体に気を使い始めると、誰もが通る登竜門だと思うので、分かる範囲でまとめてみました。 ①メープルシロップ ちょっとお値段が高くても「純粋」な「オーガニック」のメープルシロップ(100%カエデのシロップ)にはミネ…

わたしの乳癌治療法<基本形>

この丸の大きさ、なんだと思いますか? 約7.2cm原寸大(PCだとたぶん原寸大。端末の種類によって原寸大より小さくなってしまいますが、だいたい手の指4本分です) 私の右胸の癌腫瘍、発見当初の大きさでした。 っつか、気付けよっ!って突っ込みたくなる大…

HSPとは? 乳がんのステージ別活用法

身体を温めるといい。 適度な運動はいい。 体温が上がると代謝が活発になる。 温めると痛みが和らぐ。 なぜだと思いますか? それは、HSP(ヒート・ショック・プロテイン)と言って、体温が上がる事によって、新たに作り出されるタンパク質があるからなの…

乳がん「自然療法」という選択肢について

自然療法というと、「抗がん剤反対!」という気持ちさえ強く持っていれば、どうにか治るものなんだ。。。なんて思っていたらこれは、とんでもなく大きな間違いです。 自然療法は「自然に治る療法」ではないです。 癌はそんなに甘くない。 必死に行動しないと…

レモンを日常生活に取り入れる

ビーツ発酵ドリンク(ビーツクヴァス) いい感じで発酵中。 ============= 写真にあるビーツクヴァスにも入れている「レモン」ですが、抗酸化作用が絶大なレモンは、酸っぱいので酸性?と思われる方も意外と多いのですが、レモンの酸は、癌体質…

リーキーガット② 予兆と対策

前回の記事では「リーキーガット」について少し触れました。 (今日の記事は同じくリーキーガットについてのパート②になりますので、内容が重複している箇所がある事、ご了承ください。) 今や10人中8人に予兆があるという、現代病「リーキーガット」ですが…

リーキーガットと乳癌の関係

リーキーガット症候群とは、リーク(洩れる)とガッツ(内臓)を合わせた言葉で、内臓(腸)に穴が開いて、栄養も毒素も体内に漏れてる状態の事。ちょっと怖いけど、百聞は一見に如かず。こんな感じです。 正常な状態だったら滑らかな表面の腸管ですが、この…

放射能について

健康には気を付けてるから、食品を買う時はラベルを見て、添加物や農薬を使ってるものは出来るだけ避けている。でも、結局「放射能」となると、目に見えないから防ぎようがない! と思っている方は多いのではないでしょうか。 <一般的な疑問> 天然魚といっ…

養殖サーモン・食への考え方

●はじめに● 健康に関する情報は膨大で、溢れるほど蔓延しています。特にガン情報となると、〇〇は癌細胞を消す効果があるとか、〇〇は癌細胞を成長させるとか、実に様々で、特に不安が先走ってる状態の人には「ハンドパワーで癌を治せます」なんていう言葉ま…

体内液とほぼ同じ成分の「白湯」の作り方・乳癌治療にも効果的

乳癌発覚から始めの1年の食事は、とにかく試行錯誤の連続で、何が自分に合うのかわからないから、イイと思う物を片っ端から積極的に色々試して、様子をみて、血液検査して、いちいち反省したり喜んだりしながら過ごしてきました。 でもここ最近は状態も落ち…

ケフィアのレシピとシンバイオティクス・乳癌と料理②

先日の記事で、ケフィアに関する質問を多く頂きました。 参考記事:私の常備品「発酵食品」 私は今、ほぼ1日1食しか食べてないので、食べる時は思わずニヤニヤする程美味しい物を食べたい。私はそんなに料理も得意じゃないし、シェフのように綺麗に仕上げた…

私の常備品「発酵食品」・乳癌治療と料理①

私は乳癌になってから、食生活が「野菜中心」になりました。でも別に「治療の為」というより、ただ単に美味しいと思うので、毎日楽しく料理できて幸せです。 野菜は調理方法によって、栄養素が変わってきます。特に「発酵」されると、野菜を土から取り出した…

3種類の酵素(酵素について③)

●はじめに● 2015年10月、私に突如襲い掛かった「乳癌」 その時、一番欲しかったものは「情報」と「治す方法」。 誰か教えて!って思うけど、誰もいない。患者目線で、素人の私でも理解できるように、簡単な言葉で、癌の事を理路整然と教えてくれる人は、誰も…

グリーンスムージーって飲むべき?乳癌治療的な意見

このブログは乳癌専門ブログとして、私自身が、乳癌腫瘍を半年で5㎝以上縮小させた「乳がん自然治療方法」を実体験を通してお伝えしてると同時に、現在行っている「乳がん再発防止の方法」そして「乳がん予防」にもお役に立ちたいという思いで書いています。…

生きる為に絶対必要な3つの事と、乳癌治療

生きる為に絶対に必要な3つの事 呼吸 食べる 寝る これができないと、死んでしまう。 だから、難しい話は抜きにして、これに集中してみようと思った。 そしたら、これがシンプルにして、一番究極だって感じた。 なぜなら、当たり前だから。 努力なしに出来…

私の乳癌再発防止策

40歳と80歳、年齢はシンプルに2倍です。 でも、癌になる可能性は16倍になると言われています。 何と言う理不尽なバランス。 でもこれが現実です。 理由は細胞の老化は40歳を境に、坂道を転がるように加速するから。 だから、坂道の途中をグイッと持ち上げて…

私の栄養ピラミッド・自分の乳がんに責任を持つという事

人は、健康になりたくて「栄養をたくさん取ろう」と頑張ります。 でも「栄養素のピラミッド」などを参考にして頑張っても、病気になる。 なぜ? 身体は1+1=2ではないから、正解なんてありません。今日はビタミンとカロチンとカルシウムと・・なんて、パ…

乳房温存療法の詳細

日本とカナダ、治療方法の違いや、ガイドラインの違いはもちろんあると思いますが、「自分の身体を治したい」という気持ちは、国境など全く関係なく、全てを超える共通の願いだと思っています。「医師がそう言うから」とか「普通はそうだから」というバリア…

乳がん治療法の選択肢

私自身が乳癌になってから、わずか半年で腫瘍を5㎝以上も縮小させた方法の中心には、「食」があります。その「食」とは、単に食べて栄養を摂ると言うより、食べる物とは、身体に吸収させたい物であり、言ってみれば「どの様な血の質を求めてるのか」という根…

乳がんとの共存って、具体的になに?

私自身の乳癌が発覚して1年半。 先月のマンモとCTスキャンの結果、癌細胞は発見されませんでしたが、まだしばらくは「癌と共存」していく感覚で、生きていくと思います。理由は、再発を防ぐ為には、身体の根本からの改善が必要なので、まだまだ気は抜けない…

乳がんへの理解・知識のアンテナを張り巡らせる

以前、私自身の乳癌になった身体を「ミカンの木」に例えて、癌細胞は「実」の部分であり、身体全体は「木」だという考え方を、記事にしました。要するに、実だけ取り除いても、同じ栄養だと、同じ実がまた成ってしまう。根本的に与える栄養を変え、土壌を変…

断食後の好転反応の乗り越え方・乳がんへの理解

一応、2週間のプチ断食は終わってるものの、1日1食が心地いいので、まだ続けてます。1食といっても、ガッツリ食べるのが1食なだけで、酵素ジュースや、野菜ジュース(ニンジン+リンゴ+レモン+生姜+シナモン水)を飲んだり、黒ニンニクを食べたり、ACV…

背中への意識 乳がん自然療法

以前、自分の乳癌自然治療の一環でツボをちょっとだけ勉強しました。 難しい事はわかりませんが、「背骨の両側には、体内の臓器の経路(※)が集まっている」という事だけは意識するようにしています。(※経路とは、体内に365か所あるとされているツボの通り…

肝臓と乳がんの関係②

ここ最近、私がよく記事にしている「肝臓」ですが、肝臓は「沈黙の臓器」と言われ、限界ギリギリまで症状が現れないので、普段の生活の見直しが乳癌予防・再発防止のキーポイントなんです。症状が出た時は、堪忍袋の緒が切れた時。その前に、ケアしてれば、…

自己融解って? 乳がん治療とプチ断食③

1日1食のプチ断食を始めて11日目です。 参考記事:プチ断食の方法① 参考記事:プチ断食の重要性② 1日1食を2週間、これを勝手に「プチ断食」と呼んでいますが、その目的は大きく分けて2つあります。 ①体内に残ってる不純物を燃焼させる事 今までの生活習慣…

乳がん治療 薬が効く人、効かない人

「くすり」って、例えば頭痛だったら〇〇、生理痛だったら〇〇とか区別されています。唯一共通してる事は、どれも「人工的な化学合成物」という事です。 その「化学反応」が体内で起こる事で、それを「効きめ」と言いますが、実際にどんな効果が現れるのかは…

プチ断食の重要性② 乳がん体質の改善

先日の記事:自分だけの乳癌治療法の探し方&プチ断食の方法 では、すぐに始められるプチ断食の方法をお伝えしました。 で、方法はなんとなくわかった。 でも・・ 何でそれをするのか? どんなイイ事があるのか? 体質まで変えられるのか? 自分が試みる事が…

不眠と内臓の深い関係(乳癌治療・保存版)

睡眠は、食事と同じくらい大事です。 「寝る子は育つ」というくらい、身体の中の全てが、信じられない段取りの良さで、精密にリセットされ、力を蓄えます。傷を治し、細胞を新しくする。 まさに神がかり的です。 でも・・・ そんな事は100も承知! でも熟睡…

乳がん治療 白血球を上げる方法(保存版)

抗癌剤を投与すると、白血球が消滅します。 でも抗癌剤をする為には、白血球が一定の数値を保ってないとできません。なので白血球がある程度必要なのです。 先日、小林麻央さんもブログで「白血球を上げたい」と記事にされていましたが、トランポリンがその…

自分だけの乳がん治療法の見つけ方と、プチ断食の方法①

私は独自の自然療法で、乳癌発覚からわずか半年で、7.2㎝あった腫瘍を1.9㎝にまで縮小させました。 乳癌になった事は2人の子供には伝えられず、だから出来る限り普段通りの日常を心掛け、でも裏では夫と2人で沈み、泣き、悩み、考え、揺らぎ、試し、調べ・・…

酸素&活性酸素と乳がんの関係

誰もが呼吸と共に取り入れる「酸素」について 身体に酸素が必要なのは誰でも当然知っています。 だから呼吸する。 が、酸素は状態によっては味方にもなるし、敵にもなります。 ============= 水は容器に入れて放置していると腐ります。 なぜ? …

若い人ほど乳がんの進行が早いってホント?

私達が一生のうちで与えられてる酵素量は決まっています。 20代では最も体内の酵素量は多く、活発にピークを迎え、その後は徐々に減っていき、40代では半分になります。酵素は身体の免疫力の源だから、酵素が多ければ多いほど、内臓の働きも良く、血流も良く…

乳がん予防・治療[日和見菌 (ひよりみ) 菌を味方につける]

私の場合ですが、乳癌になった原因とは複数だから特定できないと思っています。ただ代わりに、これかな?と思う事を見つけたら、一つづつ排除してく。再発を防ぐには、癌に恐れない自分になるまで、これを繰り返し続けるしかない、と思ってます。 今回お話し…

ファイトケミカルってなに?乳がん予防・治療・再発予防

ファイトケミカル 老化現象の大敵「酸化」。それを防ぐことは老化=見た目もそうですが、体内の細胞年齢の老化防止にも繋がります。日常生活によって衰え続ける細胞を、あれもこれも様々な方法を使って、グイッと元気に引き上げる事で、身体も元気になるし、…

乳がん治療 抗癌剤をしても再発する理由は「がん幹細胞」

乳癌自然療法に関して「癌体質」を改善する事が、体内の36兆個もの免疫細胞をフル稼働しやすい状態をつくる。癌細胞が1日に作り出される数は約5,000個ですので、圧倒的に免疫細胞の方が多く、絶対数で完璧に圧勝なので、毎日生まれる癌細胞を制する事ができ…

乳がんを育てない為の栄養の摂り方

身体が自分のチカラで栄養を生産できるようにする。 これを、これだけ食べないと!という偏った思想は、時間と共に自分を追い込んでしまうので、手放す事が必要です。病気になると人は、病を治す為というのはもちろんの事、予防や再発をも恐れる余りに、神経…