自然体で乳がんと向き合う

乳がんを余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然療法、無治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん動画も配信しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

細胞も人間も支え合って生きている<乳がんブログVol.361>

 

 大好評頂いている「ぶっちゃけトーク」ですが、新規予約は10月下旬になります。一応年内は続ける予定ですがまだ未定なので、誰かと乳癌について話したい、自分の気持ちを話したい、と思っている方は開催期間中お早めにこちら、もしくは本文後半にて詳細をご確認の上ご連絡ください。

=======

 

細胞の話で有名な

永田和宏氏の著書によると

 

人間1人の体内に

60兆個以上ある細胞は

 

1ミリの100分の1

という極極小ミクロの

サイズですが

 

それらを一列に並べたら

 

どれくらいの

長さになるでしょうか?

 

との問いに

 

なんと

 

地球15周分

 

だと返答されています。

 

地球15周分ですよ。

地球15周。

 

途方もない数の細胞が

 

私たちの体内にはあり

 

その全てに支えられて

私たちの命の鼓動は

続いている

 

という事になります。

 

そして

 

それらの全ての細胞を

 

生かすも

殺すも

 

自分次第だ

 

という事です。

 

=====

 

そもそも

 

私たちの大元となる受精卵には

 

約3億個の精子が絡みつきますが

 

受精するのはたった一個の精子のみ。

 

つまり

 

もとは

 

たった一個の細胞が

 

細胞分裂を

 

繰り返して

繰り返して

繰り返して

 

60兆個=地球15周分

 

にまで増える。

 

そして

 

その一つ一つの細胞の中核に

 

遺伝子情報を含む

 

DNAがある。

 

これぞ

生命力です。

 

こうして私たちは

生かされている。

 

だから

 

頭で理解できなくても

 

科学で証明できなくても

 

私たちは生きている。

 

って事は

 

癌細胞の成長の仕組みだって

 

癌細胞の縮小の仕組みだって

 

科学や医学で証明できなくても

 

不思議じゃないよね

 

って私は思っている。

 

そもそも

 

目に見えない酸素を吸って

 

生かされている私たちが

 

目に見えない力によって

 

細胞の力を左右されてても

 

なんの不思議もない。

 

そもそも

 

この世は不思議なものなんだ。

 

だから

 

自分の直感とか

 

自分の心地よさとかを

 

軽くあしらわずに

 

「それこそが」

解決への重要なキーポイントだ

 

って感じられたら

治療はもっと楽になる

 

って私は思う。

 

=====

 

だから

 

直感を鍛える事は

誰にでもできるし

 

全ての人に必要な

センサーだと思う。

 

その鍛え方とは

 

例えば

 

野菜ジュースを飲むと

 

体調がスッキリする人もいるし

体が極度に冷える人もいる。

 

または

 

発酵ジュース(Kombucha等)

を飲むと

 

酔ってしまう人もいれば

スッキリする人もいる。

 

私は両方とも後者だから

それに基づく実体験を書いていますが

 

「私」に良かったからという理由で

あなたが試した時に

 

もし

 

体がじんわりとした幸せを

感じないなら

 

その違和感という

「直感」に従って

 

「やらない」という行動を

選択をする事が

 

直感を鍛える方法です。

 

つまり

 

体の細胞が

免疫力を取り戻す方法は

 

自分が「心地良い」時に感じる

 

幸福感

 

が絶対に強力だから

 

頭で計算した

 

カロリー計算や

栄養素の計算よりも

 

直感

 

が最強のバロメーター

な場合が多いと思う。

 

ただ

 

ちょっとトリッキーなのは

 

それが

 

これを食べなきゃ「よくならない」

 

とか

 

これじゃないと「いけない」

 

とか

 

これをやめたら「悪くなる」

 

という

 

恐怖心

 

という名の強迫観念からの気質だと

 

細胞は固くなる。

 

先日投稿した

サプリの話

 

見事に私の「恐怖心」からの

偏った行動であり

 

幸福感からの行動ではなかった。

 

だから

 

結果も

 

自分の中の「恐怖」を

具現化するものになった。

 

つまり

 

食事に関して言うのなら

 

私たちの体内に宿る

DNAを核とした細胞と

 

野菜などの

食べ物に宿る細胞が

 

お互いに

相思相愛の状態で

 

パズルのように

カチッとはまった時

 

それは効果を表す。

 

またそれが

 

食事で大きく変わる人もいるし

 

離婚

退職

親離れ

子離れ

人間関係の整理

お金の呪縛からの解放

 

などの断捨離で

 

肩の荷が降りて

エネルギーが軽くなることで

免疫細胞が活性化する人もいるし

 

旅行

引っ越し

趣味に没頭する

笑いを生活に取り入れる

 

などの環境を変えることで

自分の中での目覚めが起こり

癌細胞が縮小する人もいる。

 

だから

 

何が強烈な引き金になるのかは

誰にもわからないけど

 

私の場合は

 

それが「食事」だったので

 

食事に重きを置いた方法を

多くご紹介していますが

 

もちろん食事だけが

全ての解決法ではなく

 

自分の免疫力が上がれば

手法はなんでもいいのです。

 

 

=======

 

ただ

 

そうは言っても

 

やっぱり

免疫力の70%を

作るのは「腸」の役目だから

 

食事を大切にして

 

腸の活動を味方に付けられれば

免疫力はダントツに上がる。

 

 

腸内は無酸素状態だから

 

腸内の食べ物は

「密封状態」の環境の中で

 

発酵を繰り返している。

 

腸内に住んでいる細菌の数は

約1000兆個。

 

すごいよね。

 

その1000兆個の腸内細菌は

食べ物が運ばれてくると

 

みんな同じように

食べ物の成分を摂取する

 

の で は な く

 

●●を食べた細菌が排出した

 

□□を

 

▲▲という細菌が食べ

 

◯◯を排出して

 

それを食べた

**という細菌が

 

🔸🔸になる

 

という風に

 

どんどん

形を変えて反応し合っていく事が

 

連鎖反応

 

と言われる活動であり

 

つまり

 

共存です。

 

支え合って生きている。

 

だから

 

「これさえ」やってれば

 

とか

 

「これさえ」食べれてば

 

とか

 

ちょっと違うんだよね。

 

細胞だって

人間だって

 

支え合って生きている。

 

f:id:kenkohuntermio:20180913062332j:plain



 

だから

 

発酵食が体に優しいのは

 

腸内の環境と

 

あらかじめ

同じようなものを

 

食べる事で

 

腸に食べ物がたどり着くまでに

こなさなければいけない

「発酵」というプロセスを

 

飛び越して

 

既に「発酵状態=腸内と同じ」に

してあげる事で

 

内臓機能の働きを

休ませてあげる

 

という

 

支え合う意識があるから

 

体の受け入れ度は高いのかもしれない。

(個人的な意見です)

 

だから

 

細胞が楽になることを

自分で選んで行動する

 

って事は

 

自分と細胞は

支え合って生きてるんだよ

 

っていう

愛情表現だから

 

細胞は喜び

 

免疫力は上がる

 

という法則が

あると私は思っています。

 

<体内70兆個の細胞は食事で創られる>

●私の「免疫力アップ」必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

 

<体・心・頭を繋げた乳癌治療法>

●乳がん克服に必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。

 

♡お知らせ♡

以前、期間限定で行なっていた「乳癌カウンセリング」ですが、再開についてのお問い合わせを多数頂いております。ありがとうございます。

 

そこで、以前のような「カウンセリング」方式ではなく「ぶっちゃけトーク」という形に変えて、同じ乳癌経験者として心の内をぶっちゃけて話せる「話し相手」がいたら心強いな、という私の個人的な希望を形にしました。(不定期開催)

 

内容は、カウンセリングなどの「聞く側、相談する側」という上下の関係は無しにして

 

・医師の話に納得できない事

・家族にも相談できない事

・誰にも理解してもらえない悩み

・家族だからこそ言いづらい事

・乳癌への不安

・治療法への疑問

・投薬への不安

etc

 

それぞれが抱える「問題」だと思っている問題を解き放す事で、心の奥底に溜め込んでいる思いをデトックスできたら、それも立派な乳癌治療だという個人的な信念の元に行います。ご興味ある方はこちらをご覧ください。  

 

****

 

次回の更新は、10月21日(日)午後6時になります。

  

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

 

 

なぜ細胞は入れ替わるのに、症状は消えないのか?<乳癌ブログVol.360>

 

 大好評頂いている「ぶっちゃけトーク」ですが、新規予約は10月下旬になります。一応年内は続ける予定ですがまだ未定なので、誰かと乳癌について話したい、自分の気持ちを聞いてもらいたい、と思っている方は開催期間中お早めにこちら、もしくは本文後半にて詳細をご確認の上ご連絡ください。

=======

  

細胞の話ですが

 

実は

 

1年前のあなたと

 

今のあなた

 

外見はあまり変わってなくても

 

中身は「全く違う人」

 

になっているのです。

 

細胞の再生周期は

有名な話ですが

 

胃腸5日

肌28日

肝臓60日

筋肉60日

骨90日

血液120日

 

つまり

 

1年間で

 

胃腸は73回

筋肉は6回

骨は4回

 

入れ替わっている。

 

だから

 

本来だったら

 

どんな症状があるにしろ

 

1年で

 

あなたの細胞のほとんどは

新しく生まれ変わり

 

2年あったら

別人のようになってるはず。

 

なのに

 

同じ症状を引きづっているのは

 

な ぜ か ?

 

って自分で自分に問うことこそ

 

治療ですよ。

 

=====

 

なぜでしょうね?

 

細胞は

 

毎日どころか

毎秒再生してて

 

そのパワーの

大元になっている「血管」は

 

実に

 

体の80%以上を占めてる。

 

血管は

 

毛細血管まで合わせると

 

10万キロ=地球2周半

 

という途方もない長さなのに

 

心臓から出た血液が

 

体をくまなく回りきり

 

また心臓に戻るまで

 

30〜60秒しかかからない。

 

って

 

どんだけ早いの?

 

って話です。

 

その30秒の間に

 

ただ行って帰ってくるんじゃなくて

 

酸素や栄養分を

体の隅々まで浸透させて

 

体内の二酸化炭素や老廃物を

肺や肝臓に送り届ける

 

という神業を

 

30秒=地球2周半(10万キロ)

 

でやってのけるって

 

マジで

 

神ですね。

 

 

その素晴らしい機能を私たちは

 

与えられているからこそ

生きている=生かされている

 

にも関わらず

 

血流が滞る

 

って

 

誰の責任?

 

って考えると

やっぱり

 

自分の責任も多い

 

と思うのです。

 

血は今、この瞬間も流れている。

 

流れて体は生かされている。

 

命は巡ってくれている。

 

でも

 

ストレスによって

機能を低下させたのも

 

生活習慣によって

機能を低下させたのも

 

そうなる行動を選んだのは

 

ワタシ

 

以外のなにものでもない。

 

f:id:kenkohuntermio:20181019021008j:plain

 

 で

 

それが良い悪いとか

 

自分がいけないとか

 

そうやって

自分を責め始める事は

現実から逃げる道に続くから

 

そうじゃなくて

 

そうじゃなくて

 

最悪は最高を見つける為の

キッカケだから

 

癌にはなったけど

今こうして生きている事自体が

 

あなたが十分頑張ってきた証拠

 

だから

 

責めるんじゃなくて

 

頑張ってきた自分を認めてから

再出発する気分で

 

今、この瞬間から

現実=自分

を良くしていく(楽にしていく)

 

という選択をグイッとすれば

行動が変わるから

 

結果を変える事ができる。

 

つまり

 

癌腫瘍を消していく事ができる。

 

======

 

例えば

 

体は疲れると

 

「あくび」という手段を使って

空気を体内に送り込む。

 

つまり

 

「深呼吸して」という

サインです。

 

場合によっては

 

「熱」を出し

体内の細菌を熱によって退治する

 

つまり

 

「免疫力」が低下してますよ

というサインをわかりやすいように

送ってくれる。

 

そして

 

それらの源である

 

心臓は

 

最大で10トンもの血液を

一日で体内に送り出すポンプの働きをしてる。

 

かなりの大仕事です。

 

肝臓は

 

500以上の仕事をこなす

巨大な臓器で

 

身体中の血液が25%も溜め込まれ

解毒や分解をしてくれてる内臓です。

 

つまり

 

血液によって

働きを保っている内臓に

 

血液がスムーズに行き渡らなかったら

私たちは生きていく事が出来ないのです。

 

だから

 

例えば

 

防げるはずの不摂生を続けたり

ストレスを溜め込んだり

食生活を粗末にしたり

生活習慣を苦痛な事で満たしたり

 

してると

 

その都度

血管は詰まり

 

その都度

血管の修復作業が行われ

 

それが重なると

機能が弱まる

 

って当然だと思う。

 

血液は

 

全身に絶え間なく

 

酸素、栄養、水分を運び

 

同時に

 

二酸化炭素や老廃物を

尿として排出しています。

 

この謙虚で地味な作業を

ただひたすらに続けてくれる血流が

スムーズに行われている状態が続くと

 

免疫力は上がります。

 

ただ逆に

 

乳癌などで

免疫力が極度に低下してる場合

 

血液は

 

内臓機能の強化作業や

 

免疫力の強化などに集中するので

 

傷んだ血管の修復作業などは滞ります。

 

すると

 

血流が悪くなり

悪玉菌が発生し

 

癌細胞が住みやすい環境を

作り上げてしまう。

 

だ か ら

 

せめて乳癌発症から

1〜2年は

 

ガチで

 

食べ物を気をつける

ストレスを溜めない環境を整える

良質な睡眠をとる

体を温めるetc

 

「自分でできる事」に向き合って

 

極力

 

新たな癌細胞が成長しないように

 

「血を汚さない生活」

 

を本気で心がける事が

 

体に対する愛情であり

自分の体に責任を持つって事だから

 

日常生活の見直しは

 

癌治療というより

 

自分自身の鼓動の為に

必要だと思うのです。

 

======

 

なので

 

①腸内環境を整える

16時間断食か、プチ断食によって腸の中を休める。その間に

 

・不純物の除去

・免疫力のアップ

・排泄機能のアップ

・善玉菌を増やす

 

を実行して根本機能を高めたら

 

②食事調整

腸に優しく+栄養価の高いもの

発酵食品

 

生野菜など酵素を多く含むものを

 

などを食べて、体調を整える。

というのが、私が思う基本形。

 

③酸素を体内に送り込む

ヨガやウォーキングなどの呼吸を伴う運動をする事で末端にまで血が流れ、血管が鍛えられます。

 

すると

 

新しい血管の構築

古い血管の修復

 

が行われる事で

 

増えた血管から

多くの血が心臓に渡り

心臓の働きを楽にするので

 

内臓も活発に動き

癌細胞や悪玉菌を抹消するパワーが蘇る。

 

こうして

 

体の中から

基本的な機能をフル活用させて

既に持ってる力を戻す。

 

私たちには

 

自分で治す力

 

が既に与えられている。

 

だから

 

細胞の再生を手伝うような

生活習慣を取り入れる事が

 

癌治療だと思うのです。

 

 

それを「楽しんで」やる

 

ってところまで辿り着けたら

もう自分独自の方法に出会える。

 

だから治る。

 

それが症状が消える

という現象。

 

<体内70兆個の細胞は食事で創られる>

●私の「免疫力アップ」必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

 

<体・心・頭を繋げた乳癌治療法>

●乳がん克服に必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。

 

♡お知らせ♡

以前、期間限定で行なっていた「乳癌カウンセリング」ですが、再開についてのお問い合わせを多数頂いております。ありがとうございます。

 

そこで、以前のような「カウンセリング」方式ではなく「ぶっちゃけトーク」という形に変えて、同じ乳癌経験者として心の内をぶっちゃけて話せる「話し相手」がいたら心強いな、という私の個人的な希望を形にしました。(不定期開催)

 

内容は、カウンセリングなどの「聞く側、相談する側」という上下の関係は無しにして

 

・医師の話に納得できない事

・家族にも相談できない事

・誰にも理解してもらえない悩み

・家族だからこそ言いづらい事

・乳癌への不安

・治療法への疑問

・投薬への不安

etc

 

それぞれが抱える「問題」だと思っている問題を解き放す事で、心の奥底に溜め込んでいる思いをデトックスできたら、それも立派な乳癌治療だという個人的な信念の元に行います。ご興味ある方はこちらをご覧ください。  

 

****

 

日本最大級のオーガニックとマクロビWEBマガジンIN YOUにて、公式ライターとして記事を掲載して頂くことになりました。様々なレシピ・レストラン・健康情報を中心に、オーガニックなライフスタイルを提供しているサイトです。ご興味のある方はご覧ください。

 

次回の更新は、10月19日(金)午後6時になります。

  

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

実録・癌を成長させてしまった方法<乳がんブログVol.360>

 

 大好評頂いている「ぶっちゃけトーク」ですが、新規予約は10月下旬になります。一応年内は続ける予定ですがまだ未定なので、誰かと乳癌について話したい、自分の気持ちを聞いてもらいたい、と思っている方は開催期間中お早めにこちら、もしくは本文後半にて詳細をご確認の上ご連絡ください。

=======

私は

 

乳癌が発覚した直後

 

まず

 

体内に溜まっている

毒素を抜こう

 

と思って

 

食事制限に取り組んだ。

 

 

何を制限しよう?

 

と調べた結果

 

糖分

肉、魚、卵、乳製品

インスタント食品

炭水化物全般

農薬

 

は内臓に負担がかかるから

やめておこう

 

と思って食べるのをやめた。

 

でも

 

じゃ、一体何を食べよう?

 

と考えた時に

 

「体に吸収して欲しい栄養素」

を食べよう。

 

と思い

 

そこで

 

極端な私は

 

「野菜類」じゃ栄養が足りない。

 

癌細胞を縮小させる為には

 

もっと「強力な栄養素」が

絶対に必要なんだ

 

と思い込み

 

膨大な量のサプリを摂った。

 

サプリには必須栄養素が

濃縮・凝縮されてるから

 

これを空腹時に摂取したら

 

スポンジのような勢いで

細胞たちは栄養素を摂取して

 

免疫力はぐんぐん高まり

癌細胞は縮小していくだろう

 

と考えた結果

 

下記の全てを

「空腹時」に摂取していた。

 

<酵素>

プロバイオティクス

複合型酵素サプリ 

 

<ビタミン>

ビタミンA

ビタミンB

ビタミンC

ビタミンD3

 

<カルシウム>

カルシウムサプリ

 

<亜鉛>

精力系亜鉛サプリ

 

<アミグダリン>

ビタミンB17サプリ

 

<必須脂肪酸>

オメガ3系サプリ各種

 

<ビタミンE>

グレープシードオイルサプリ

 

<解毒酵素>

ブロッコリーサプリ

 

これらの全てを

一日を通して摂取していた。

 

方法は

 

お腹が空くとサプリ数種類。

 

またお腹が空くと

サプリ数種類

 

という風に。

 

今思うと異常なんですが

当時、必死な私は

 

「ある事実」に

気づかないでいた。

 

その事実とは

 

必要以上の栄養分を摂取しても

 

体は受け入れる事が出来ずに

 

余った栄養素は

 

癌 細 胞 の

栄養になっていく

 

なんて知る由もなく

(これも持論ですが)

 

約2ヶ月

主食のようにサプリを摂取していた

 

 

2ヶ月後の検診で

 

ちゃんと癌腫瘍は成長していました。

 

そりゃそうですよね、

あれだけ栄養を与えられてたら

 

癌細胞にとっても

成長剤のような役目を果たす。

 

f:id:kenkohuntermio:20181017005657j:plain

 

という事で

 

その直後に

一切のサプリの摂取をやめて

 

やっぱり

 

「生きた細胞(野菜など)」から

「生きた細胞(体内の細胞)」へと

命のバトンを継ぐ事が

 

必要なんだ

 

って実感したのです。

 

だから

 

栄養の一点集中型や

栄養の過剰摂取は

 

危険だと知って欲しい。

 

けど

 

もっと危険なのは

 

そもそも

 

その行動に導いた

 

自分の

偏った思考

 

なのです。

 

サプリが悪いわけじゃない。

 

サプリは摂り方と種類と量が

「自分が吸収できる量」にピタッと

マッチしていれば

 

それなりの効果を表す。

 

加えると

 

私の癌腫瘍が成長したのは

 

一般的に「悪い」と言われる

 

タバコ

アルコール

糖分

インスタント食品

コンビニ食

不摂生

睡眠不足

脂肪分の多い食事

夜食

 

などでは全くなく

 

強いていうなら

体に「良い」とされる

サプリであり

 

しかも

 

そのサプリ自体には

 

「細胞に栄養を与える」

 

という栄養補給が

きちんと成されてる、

 

という事を

身をもって確認できたまでで

 

余った栄養が

癌細胞に行き渡り

 

その行動を導いたのは

私の偏った思考だ

 

というだけの話。

 

要するに

 

その摂り方

その摂取量

その必要な種類

 

を見極める事が出来たら

 

サプリは

ありがたい存在となり

 

私のように

 

偏った思考で

偏った方法で

偏った量を摂取すると

 

癌細胞にまで栄養を回す

不吉な存在となる。

 

だから

 

サプリが悪いとか

サプリが良いとか

 

対象は「サプリ」

ではなく

 

「偏り=自分」が効果を変える

という事です。

 

つまりこれは

 

サプリだけに限ったことではなく

 

例えば

 

人参ジュースを一日10杯飲んだって

 

体が拒否反応を示していたら

それは癌細胞の栄養源になり得る

 

という事ですよ。

 

だから

 

体が喜んで

人参ジュースを

一日10杯も摂取したがっているのか

 

はたまた

 

恐怖心、義務、固定観念、妄想

という強迫観念によって

摂取しているのか

 

で効果は変わる

 

という事なんじゃないかと

思うのです。

 

もちろんそれが

タバコでもアルコールでも

同じ事。

 

「それ自体」の摂取がどうこう

 

ではなく

 

「それを摂取する自分」に

率直に在れるのか

 

という事。

 

======

 

そんなこんなで

 

極地に立たされた私は

 

一切のサプリをやめて

 

「生きた細胞」から

栄養素をいただこう

 

という思考に変わった。

 

そこで

摂り始めたのが

 

<プロバイオティクス>

発酵食品等

 

<酵素>

生野菜

自家製酵素ジュース

びわ茶

黒ニンニク等

 

<解毒酵素>

緑黄色野菜

 

<抗酸物質>

ニンニク

ターメリック

生姜

スパイス等

 

<オメガ>

亜麻仁油

糖分・炭水化物カット

 

<排毒作用>

スピルリナ

化学物質・化学調味料・農薬カット

 

という基本が出来上がりました。

<詳しい商品についてはこちら

 

 

 

 

その後

更に実感したことは

 

癌になったからといって

「栄養をつける」

 

という考え方よりも

 

いかに

排出できる機能を

高める事が出来るか

 

ということの方が

よっぽど大事だと知った。

 

つまり

 

いくら「体にいい」栄養素を

 

補給した所で

 

排出できなかったら

 

毒素に変化する

 

という体の仕組みを知り

 

「何を食べるか」よりも

 

残らず「排泄」できているか

=腸内環境は整っているか

 

という事が

 

究極の焦点だと知った。

 

だから

 

腸内環境を整える

 

という事に

真っ向から取り組む事が

 

イコール

癌治療だという持論を

私は持っているのです。

 

参考記事:腸内は常に真夏、39度

 

だから

 

栄養補給も大切だけど

 

排泄がきちんと出来てない人は

 

まずは

補給よりも

排泄が大事だと思う。

 

<体内70兆個の細胞は食事で創られる>

●私の「免疫力アップ」必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

 

<体・心・頭を繋げた乳癌治療法>

●乳がん克服に必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。

 

♡お知らせ♡

以前、期間限定で行なっていた「乳癌カウンセリング」ですが、再開についてのお問い合わせを多数頂いております。ありがとうございます。

 

そこで、以前のような「カウンセリング」方式ではなく「ぶっちゃけトーク」という形に変えて、同じ乳癌経験者として心の内をぶっちゃけて話せる「話し相手」がいたら心強いな、という私の個人的な希望を形にしました。(不定期開催)

 

内容は、カウンセリングなどの「聞く側、相談する側」という上下の関係は無しにして

 

・医師の話に納得できない事

・家族にも相談できない事

・誰にも理解してもらえない悩み

・家族だからこそ言いづらい事

・乳癌への不安

・治療法への疑問

・投薬への不安

etc

 

それぞれが抱える「問題」だと思っている問題を解き放す事で、心の奥底に溜め込んでいる思いをデトックスできたら、それも立派な乳癌治療だという個人的な信念の元に行います。ご興味ある方はこちらをご覧ください。  

 

****

 

日本最大級のオーガニックとマクロビWEBマガジンIN YOUにて、公式ライターとして記事を掲載して頂くことになりました。様々なレシピ・レストラン・健康情報を中心に、オーガニックなライフスタイルを提供しているサイトです。ご興味のある方はご覧ください。

 

次回の更新は、10月19日(金)午後6時になります。

  

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

化学療法を使わずに乳癌腫瘍を縮小させたい、と言うご相談<乳がんブログVol.359>

 

 大好評頂いている「ぶっちゃけトーク」ですが、新規予約は10月下旬になります。一応年内は続ける予定ですがまだ未定なので、誰かと乳癌について話したい、自分の気持ちを聞いてもらいたい、と思っている方は開催期間中お早めにこちら、もしくは本文後半にて詳細をご確認の上ご連絡ください。

=======

 

頂いたご質問への

返信です。

 

同じような悩みを抱えている方の

ご参考になれば幸いです。

 

<ご質問>

 

できれば化学療法を使わずに

乳癌腫瘍を縮小させたいのですが

「食事以外に自分でできる事」

って、何がありますか?

 

***

 

食事以外に「自分で」出来る事

は色々あります。

 

・運動

・深呼吸

・骨盤を正す

・筋肉をつける

・ホメオパシー

・ホルモンの調整

・内臓の強化

・血行を良くする

・体を温める

・丹田を意識する

・意識を変える

・リラックスする

 

などなどなど・・・

 

ありすぎて

 

一度ではお伝えできないので

このブログを使って

記事を掲載している訳ですが

 

でも

 

いつだって

忘れちゃいけないのは

 

何をしても

どんな方法であっても

 

結局たどり着く大元は

 

「免疫力の強化」です。

 

癌細胞を縮小させるのは

◯◯という決まった方法ではなく

 

◯◯などによって

強くなった内臓が

強い細胞を作り

 

強い細胞が

強い免疫力を作るから

 

免疫力が上がる事なら

なんでも「癌治療」に効果的

だと言えると思う。

  

だから

 

食事だけとか

薬だけとか

運動だけとか

精神性だけとか

 

ではなく

 

全てのバランスです。

 

それでも敢えて

 

そもそも

 

今回頂いたご質問自体の意味を

違う方向から考えてみると

 

つまり

 

「化学療法」を使わない

 

と言う事は

 

要するに

 

「他人が決めた方法に従う事」に

 違和感があると言う事?

 

とか

 

「過去の統計」に

自分を当てはめる事が嫌?

 

とか

 

「極力、体内に異物(薬)を入れたくない」 

って思ってる?

 

だとしたら

 

そもそも

 

「食事以外の方法はありますか?」と

私=他人に聞くことは

 

つまり

 

「他人のルールに従っている」

のと同じだから

 

必要なのは

自分の道を進むと言う

勇気だよね。

 

また

 

「食事以外」と言うけれど

食事は大切だから

 

「以外」とかではなく

「食事から」学ぶことは色々ある。

 

=====

 

わたしは

 

乳癌治療の方法は

1つではないから

 

自分しか「それ」を見つけられない

って思っている。

 

私の方法は「食事」に

比重がかなりあり

 

・16時間断食

・食事制限

・断糖

・メープル重曹

・発酵食品

・アミグダリン

・アルカリ性飲料

・ヨガ

・深呼吸

参考記事はこちら

 

と、こんな感じでしたが

 

ある人には

旅行

 

ある人には

化学療法

 

だったりするので

 

「あなた」に合う方法は

自分でしか見つけられない。

 

だって

 

私とあなたは

 

生まれ育った環境が

全て違うから。

 

ただ

 

同じなのは

 

人 間 で あ る

 

ってこと。

 

それはつまり

 

人間とは

 

「細胞」によって創られてて

 

細胞とは

 

「酵素」によって創られてる

 

と言う事実があるから

 

「酵素を増やす事」とは

 

つまり

 

「免疫力アップ」と言うこと。

 

※詳しくは先日の記事

「酵素=いのち」をご覧ください。

 

つまり

 

・食べ物を考える

・内臓を活発にする

・血流をスムーズにする

・基礎体温を高く維持する

・前向きな思考を習慣化する

etc

 

と言う行動につながる。

 

だから

 

まずは

 

70兆個ある細胞の活力は

食べ物によって

大きく左右されてる可能性が高い

 

と言う事実を踏まえると

 

・発酵食品の摂取

・断糖

・アルカリ性体質

・16時間断食

・生野菜の摂取

 

などの食事の改革と同時に

 

例えば

 

私のように(思考的に)

オーガニックしか受け付けない

 

と言う固執が強い場合には

 

オーガニック以外のものを

恐怖心なしで食べれるようになる

心の持ち方が必要だし

 

逆に

 

食事に無頓着な人は

とことんオーガニックに

拘ってみる事も必要かもしれないし

 

って事で

 

「自分の道を極める」には

 

自分なりの強い意識が必要で

 

今、自分はそこに向き合う時期だ

と言う事だと思います。

 

はっきり言えるのは

 

食事を変えることに取り組むと

 

自分が抱えている

固定観念や

制限や

執着が見えてくる。

 

私の場合は

 

3食必ず食べる

と言う固定観念

 

甘いものがやめられない

と言う執着

 

オーガニック以外は体に悪い

と言う制限

 

そんなものが見えてくると

 

「苦しさ=固定観念」が初めて顔を出す。

 

その固定観念を「知る」ことで

手放す事が出来るから

 

知った固定観念を

「手放したい」と願うと

それなりの行動に結びついて

 

結果

 

私は3食必要なかった

→朝か夜、抜いた方が気持ちいい

16時間断食の決行

 

甘いものを欲しない

→他の欲求を満たす為の甘味だった

まず糖分を断つ

 

オーガニックじゃなくても美味しい

→どこか知らない国から来てるオーガニック食材より、地元で取れる新鮮な野菜や果物を心から美味しいと思って食べれるようになった。(これはオーガニックに固執してた私の場合。逆の人は、今の逆をやってみるといい)

 

f:id:kenkohuntermio:20180429143226j:plain

 

要するに

 

他人の後をなぞるんじゃなくて

自分の道を歩くための

キッカケとして

 

取り組みやすい「食事」を

とことん追求すれば

 

きっとこの種の質問は

頭から消える。

 

 

「癌治療」も

自分に向き合うキッカケなので

 

実は

 

癌治療を通して

 

「揺らぎまくる自分」を知って

そんな自分に向き合う時期だ

 

と言う事なので

 

とにかくやるしかないよね。

 

そうそう、

 

「自分の道」と言えば

 

私がこよなく尊敬している

こまがた医院・医院長の駒形依子先生

 

この記事とか本当にもう

完全に私のツボにハマる。

 

この精神性とか

とっても参考になると思いますよ。

 

本当の自分への愛情って

逃げることじゃなくて

受け入れる事だよ。

 

<体内70兆個の細胞は食事で創られる>

●私の「免疫力アップ」必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

 

<体・心・頭を繋げた乳癌治療法>

●乳がん克服に必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。

 

♡お知らせ♡

以前、期間限定で行なっていた「乳癌カウンセリング」ですが、再開についてのお問い合わせを多数頂いております。ありがとうございます。

 

そこで、以前のような「カウンセリング」方式ではなく「ぶっちゃけトーク」という形に変えて、同じ乳癌経験者として心の内をぶっちゃけて話せる「話し相手」がいたら心強いな、という私の個人的な希望を形にしました。(不定期開催)

 

内容は、カウンセリングなどの「聞く側、相談する側」という上下の関係は無しにして

 

・医師の話に納得できない事

・家族にも相談できない事

・誰にも理解してもらえない悩み

・家族だからこそ言いづらい事

・乳癌への不安

・治療法への疑問

・投薬への不安

etc

 

それぞれが抱える「問題」だと思っている問題を解き放す事で、心の奥底に溜め込んでいる思いをデトックスできたら、それも立派な乳癌治療だという個人的な信念の元に行います。ご興味ある方はこちらをご覧ください。  

 

****

 

日本最大級のオーガニックとマクロビWEBマガジンIN YOUにて、公式ライターとして記事を掲載して頂くことになりました。様々なレシピ・レストラン・健康情報を中心に、オーガニックなライフスタイルを提供しているサイトです。ご興味のある方はご覧ください。

 

次回の更新は、10月17日(水)午後6時になります。

  

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

酵素=いのち<乳がんブログVol.358>

 

 大好評頂いている「ぶっちゃけトーク」ですが、新規予約は10月下旬になります。一応年内は続ける予定ですがまだ未定なので、誰かと乳癌について話したい、自分の気持ちを聞いてもらいたい、と思っている方は開催期間中お早めにこちら、もしくは本文後半にて詳細をご確認の上ご連絡ください。

=======

 

私たちの体を創っている

70兆個の細胞には

 

各自それぞれの働きがある。

 

目には目の細胞。

胃には胃の細胞。

髪には髪の細胞。

 

そしてその

 

1つ1つの細胞の核に

DNAがあり

 

体を構成している。

 

そして

 

その細胞を生かしているのが

 

「酵素」です。

 

体内に宿っている

70兆個

2万種類以上の酵素は

 

体内で起こる全ての生体反応を

司っています。

 

ただ

 

私たちは

 

どんなに気をつけても

「体内毒素」を溜めてしまう。

 

大気汚染や

紫外線

食べ物

重金属

加齢

ストレス

農薬

GMO

喫煙

睡眠不足

 

などなど

 

知らず知らずのうちに

「毒素」を体内に溜め込んでいる。

 

その「毒素」から生み出されるのが

 

活性酸素

 

と呼ばれる

 

体内を「酸化(サビ)」させる物質です。

 

この活性酸素の

過剰な発生により

 

人体は老化し

肝機能が低下し

内臓機能が衰え

 

免疫力が下がります。

 

そして

 

弱った免疫力は

 

癌細胞の発生を制御できずに

その成長を加速させたり

 

毒素によって

傷ついたDNAから

発癌する可能性が増したりする。

 

だから

 

活性酸素の根源である

「毒素」を体外に排出する事が大切で

 

その役割を担うのが

 

酵素

 

だと言う事です。

 

つまり

 

酵素には

 

・活性酸素を除去する働き

 

・毒素を排出する働き

 

・有害物質を無毒化する働き

 

と言う

 

生きる為に必要な働きが

凝縮されているのです。

 

==============

 

言い換えると

 

酵素がなかったら

 

私たち人間の生命力は

維持できません。

 

全ての細胞の

生命活動の源なので

 

酵素がなくなると

人は死を迎えます。

 

つまり

 

細胞を動かしているのは

 

元をたどると

 

「酵素の力」だと言う事です。

 

だから

 

年齢と共に

減りゆく酵素を

 

どうやったら

日常生活から補給できるのか?

 

と言う事に

焦点を当てる必要がある

 

と私は考えています。

 

それにはまず

 

潜在酵素

が減らない工夫をする。

 

======

 

潜在酵素とは

 

生まれた時から

体内に既に存在している

酵素の事ですが

 

それは

 

年齢と共に

無条件で減少していくので

 

潜在酵素の減少とは

 

つまり

 

解毒作用

代謝作用

内臓機能

 

も低下すると言う事。

 

20代に比べて

40代では半分以下の量に

減ると言われている「潜在酵素」は

 

要するに

 

免疫力も半分以下に弱まる

可能性がある

 

と言う事なので

 

それに伴い半減する

 

解毒の力

代謝の力

 

を「何らかのサポート」によって

減らさないようにする事が

 

免疫力の向上

になると思うのです。

 

その

 

「何らかのサポート」とは

何でしょうか?

 

f:id:kenkohuntermio:20180905033241j:plain



 

酵素を増やす

=免疫力を上げる

=潜在酵素を維持する

 

この「サポート意識」を徹底すると

 

結果的に

 

癌細胞の縮小に

つながる可能性は高く

 

言い換えると

 

栄養の吸収

解毒

消化

分解

排出

 

がスムーズにできる

理想的な体内環境を作ることで

 

体の機能を

強く維持する事ができるから

 

癌細胞を縮小する事だって

できると私は思っている。

 

つまり

免疫力を上げるための

サポートが必須なポイントは

 

酵素を補う事。

 

そして

 

体内に宿っている

酵素の量が

 

生命力に直接的に関わるなら

 

それは癌細胞の

縮小・消去にも影響があると

私は思っています。

 

<体内酵素の補い方>

 

①生野菜から酵素を摂取する

生野菜に含まれる

「生きてる細胞」を

体内に取り入れることは

 

つまり

酵素を取り入れると言うこと。

 

また

 

生野菜だけではなく、野菜や果物の種や皮に含まれる抗菌作用(ファイトケミカル)を大量に含む「くず野菜」を捨てずにスープなどを作れば、体を冷やす事なく代謝機能を促す事も出来ます。

 

過去記事「ガン予防!抗菌作用抜群の野菜は100%つかいきろう」をご参照ください。

 

②発酵食品の摂取

 

発酵食品とは

微生物が作り出す「酵素」で

出来ているので

 

生きている状態の微生物の菌が

腸の状態を整え

代謝機能を高めます。

 

●黒ニンニク・麹・味噌・鰹節・黒酢・アップルサイダービネガー・漬物・サワークラウト・など詳しくはこちら

 

<現在乳がんを発症してる方は避けた方がいい発酵食品>

●大豆の発酵食品(納豆、豆腐等)は大豆に含まれるイソフラボンが、乳がんの成長を促進するエストロゲンというホルモンを刺激すると言われています。ただし、3年以上熟成させた味噌は腸内環境を整える力が強いので問題ないと言われています。

●ビール、日本酒などの発酵酒は、炭水化物の過剰摂取になるので控えめに。

●キムチ、イカの塩辛など塩分や刺激が多い発酵食品も治療中は避けた方が無難です。

乳製品が主原料の発酵食品(ヨーグルトやチーズ等)は、タンパク質と脂肪を過剰に摂取してしまいます。

 

③酵素ドリンクの摂取

市販の酵素ドリンクの中には、砂糖が大量に使われてるものが多いので要注意です。個人的には、自分で作る事をお勧めします。私はウォーターケフィアやKombucha(紅茶キノコ)を好んで摂取していますが、個人差があるので各自で調べて摂取の際には自己判断で行ってください。

 

④ヨガなどの有酸素運動

深く呼吸に意識を向ける事で、神経回路がリラックスするだけではなく、人体の基盤となる骨盤の調整や、背骨の調整、内臓機能の向上を私は個人的に体感しています。

 

特にヨガは私にとって安らぎの時間ですが、何より続ける事でその効果が現れてきます。自分が無理なく続けられる事を見つけて、習慣化してみてください。

 

⑤天日干しにした野菜やフルーツ(干しシイタケ、千切り大根、ドライフルーツ等)

⑥酵素は睡眠中に生産されます。質の良い睡眠が必要です。

⑦酵素は37度以上で活発に動きます。できるだけ身体を温めて。

 

==========

 

年齢とともに減りゆく酵素は

 

1)食事から取り入れる事

 

2)内臓機能を高める事で自家発電できる

 

3)減らさない習慣をつける事

ヨガ、深呼吸、適度な運動、入浴、睡眠etc

 

を意識することを基礎として

 

自分でコツコツと

強い基盤が作れたのなら

 

何があっても揺るがない心で

現状を受け止められるのだと思います。

 

毎日の習慣を変えることは

体を根本から変えていく。

 

どんどん試していきましょう。 

 

<体内70兆個の細胞は食事で創られる>

●私の「免疫力アップ」必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

 

<体・心・頭を繋げた乳癌治療法>

●乳がん克服に必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。

 

♡お知らせ♡

以前、期間限定で行なっていた「乳癌カウンセリング」ですが、再開についてのお問い合わせを多数頂いております。ありがとうございます。

 

そこで、以前のような「カウンセリング」方式ではなく「ぶっちゃけトーク」という形に変えて、同じ乳癌経験者として心の内をぶっちゃけて話せる「話し相手」がいたら心強いな、という私の個人的な希望を形にしました。(不定期開催)

 

内容は、カウンセリングなどの「聞く側、相談する側」という上下の関係は無しにして

 

・医師の話に納得できない事

・家族にも相談できない事

・誰にも理解してもらえない悩み

・家族だからこそ言いづらい事

・乳癌への不安

・治療法への疑問

・投薬への不安

etc

 

それぞれが抱える「問題」だと思っている問題を解き放す事で、心の奥底に溜め込んでいる思いをデトックスできたら、それも立派な乳癌治療だという個人的な信念の元に行います。ご興味ある方はこちらをご覧ください。  

 

****

 

日本最大級のオーガニックとマクロビWEBマガジンIN YOUにて、公式ライターとして記事を掲載して頂くことになりました。様々なレシピ・レストラン・健康情報を中心に、オーガニックなライフスタイルを提供しているサイトです。ご興味のある方はご覧ください。

 

次回の更新は、10月15日(月)午後6時になります。

  

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ