自然体で乳がんと向き合う

乳がんを余命宣告を受けながらも、代替医療(食事療法、自然療法、無治療)で治療した方法をブログでお伝えしています。乳がん動画も配信しています。乳癌の悩みを持つ方々に、このブログがお役立てになれば嬉しいです。

心とヨガと食事の大切さ〜Hさんの実録〜<乳がんブログVol.383>

 

<お知らせ>

コツコツ一人で続けてきたこのブログですが、2年が経ち、私が書いた記事を「実行」して下さった方々の反応、作用、効果などが続々と寄せられてきています。

乳癌を経験してたどり着いた一人一人の声が、今、まさに乳癌と向き合い始めた方々の、何かの支えになるかもしれない。その声を広げていくのは意味のある事だと思います。例えば

 

・作った料理、お菓子の写真

・発酵食品のレシピ

・◯◯を続けたら、こんな効果があったよ

・◯◯をやめたら楽になったよ

 

そんな事をシェアできる方は、本当に些細な事でも、誰かにとっての必要な言葉だったりするので、深く考えずにお気軽にこちらまでご連絡いただくか、ブログをお持ちの方はリンクを貼りますのでブログ名をご連絡ください。

 

一人の小さな言葉が、どこかで今も泣いている悲しみのドン底に沈んでいる誰かの光になるかもしれません。ご自分の体験した事を表現したいと感じている方、何かに向かって新しい一歩を踏み出したいと思っている方は、どうぞ直感でご連絡ください。

 

よろしくお願いいたします。

 

清岡 美音

 

=======

 

 前回

 

ご自分の乳癌の体験を

シェアしてくださる方

 

をお願いしたところ

数々のご連絡を頂いております。

 

本当に本当にありがとうございます。

 

送って頂いた記事を読みながら

ウルウルしたり喜んだりしています。

 

レシピなども頂いていますので

順を追って掲載させていただきます。

 

今後とも

記事やレシピのシェアお待ちしています。

 

今回はその中から

こちら⬇︎をご紹介させて頂きます。

 

同じような環境の方が

楽になる何かのキッカケとなりますように。

 

***

 

 Hさんより
 
私の乳がん経過をシェアしていただけたらと思い、メール致しました。
 
先月、左胸全摘をし、再建はしておりません。
当初、再建予定だったのですが、1週間前にやめました。理由は再建のために再度手術が必要だったことと、必要ないと私が思ったからです。
 
乳がんがわかり、様々な感情を味わった半年でした。
 
私はもともと痩せているタイプだったのですが、炭水化物抜き、お肉抜き、その他、美音さんが推奨されているもの全てやりました。
 
美音さんが何度も書かれている「これはあくまでも私の身体にあったやり方」という言葉を聞かず、自分の身体をみずに行った結果、体重10キロ減少し、生理もとまり、髪の毛も抜け出し、不眠がちなのが悪化するという状態になってしまいました。
 
そこでようやく
自分の身体と向き合いました。
 
これではいけない。
 
私は腹八分目の食事で
・ 発芽玄米
・ 良質な肉と魚
をとる選択をしました。
 
そして
・ 発酵ジュース
・ びわ茶
・ 還元茶
・ 黒ニンニク
・ 塩麹でつけた野菜
・ ぬか漬け
・ 無農薬野菜
・ お菓子とジュースは飲まない
美音さんから教わったものを中心とし、今も続けています。
 
術後の経過もよく、入院中の治り方もとても良いと言われました。
 
あと、末端冷え性ですので、とにかく冷やさないようにしています。カイロや丹田呼吸、足のグーチョキパー運動。そして、足つぼマッサージがとてもよい気がします。どれだけ痩せても足のむくみがあったのですが
 
朝晩の若干痛めの足つぼマッサージ
→白湯でむくみもなくなりました。
 
そして。
私の一番の変化は気持ちでした。
 
当初は、ただただ不安の中だけで過ごし、乳がんの恐怖に支配されていました。しかし、ヨガとレイキを続けることで未来をみることが出来る日が訪れました。
 
そこから変わることができました。
 
あぁ、未来を夢みていいんだ、
と思えた安堵感から
一気に身体の力が抜けました。
 
また、インナーチャイルドの癒しをライフワークのように行っています。
 
そこで気づいたのが
どれだけ今まで自分にバツをつけていたか。
他人軸で生きてきたか。
自分の無価値感、損得勘定。
 
涙がとまりませんでした。乳がんが分かっても、恐怖を感じるだけで泣けなかったんです。
 
どれだけ自分の感情を無視していたか、色んなものを背負いすぎていたかに気づきました。手放そうと思っても長年の思考がすぐに変わったわけではありませんでした。少しずつ、でも、一日一日を大切に手放す訓練をしていきました。
 
私は安心感が欲しかったんだ、と分かりました。なので、今出来るだけの安心できるものを自分にあげる環境にしています。
優しいものを食べ、
好きな人と過ごし、
たくさん笑う。
でも怒りたい時は怒る、という感情も楽しんでいます。
 
色んなものをくっつけていましたが、
あぁ、私は幸せなんだな、という自分への信頼が生まれました。
 
これが乳がんが教えてくれたことです。
 
私は出版関係の仕事をしていますので、こういうことを絵本にして子供たちに知ってもらいたいという夢もあります。
 
そして心とヨガの学びを深めていきたいです。
 
美音さんのブログで多くのことを学べ
多くの知識を得ることが出来ています。
 
本当にありがとうございます。

 

 
Hさん、 ありがとうございます。
 

f:id:kenkohuntermio:20181212025818j:plain

 
太字になっている所は
かなりポイントだと思い
私が勝手に太字にしましたが
 
その中でも特に
 
今、出来るだけの「安心」を
自分自身に与えてあげれる環境を作っている
 
これは
かなりミソですね。
 
本当に自分自身を
「安心させてあげる」のは
自分にしかできなくて
 
それは
 
心に優しいものを食べる
体に優しい時間を送る
心が喜ぶことをする
笑顔になれる人と過ごす
怒りを愛でる
悲しみを受け止める
 
すると
 
「現実の出来事=乳癌」に
揺さぶられなくなる。
 
そもそも
 
絶対に人生で
 
無意味なことは
起こらないから。
 
どんな辛いことにも
意味というか
 
その裏にある「感情」に気づく
という事が
 
人間として生きてる上での
使命みたいなものだから
 
乳癌であっても
乳癌ではなくても
 
自分を「安心」させてあげる生活が
幸せな生き方に繋がる太い道だよね。
 
すると
人生の回路がガチッと
「安心=治る方向」に設定される。
 
これは
 
経験する事以外で
感じることは不可能だけど。
 
私も自分自身を振り返ると
 
乳癌ではないけど
安心してなかった頃の自分
(いつもワサワサ)
 
 
乳癌だけど
安心してる今の自分
(どっしり)
 
では
 
幸福感が違うってわかる。
 
 
Hさんも仰っていますが
 
ヨガ
レイキ
 
などの
 
エネルギーがリードする動作 
 
 
奥深く自分と繋がる事ができる
ツールの1つだと私も思う。
 
例えば
 
ただ息を吸うの、か
 
それとも
 
鼻から入る空気を
追いかけるように
 
肺の毛細血管を揺らす様子や
下っ腹が膨らむ感覚や
骨盤を広げる感覚や
足の指先に息が到達する感覚を
 
静かに感じてみるのか。
 
その違いは
まさに雲泥です。
 
瞑想とか
ヨガとか
 
ちょっと流行りな印象もありますが
 
そんなんじゃない。
 
流行りなのではなく
 
やっとその
シンプルな動作が
 
いかに生命の原点なのか
 
ってことに
現代人が気づき始めただけ。
 
歴史を超えて
語り継がれているものには
 
意味がある。
 
ヨガ
レイキ
 
茶道
書道
柔術
 
芸術
音楽
 
 
なんでも同じ。
 
自分自身の心と繋がった時
これらは「動作」として表現されるけど
 
発信源は
いつだって「心」だから
 
極めるべきは
術式ではなく
 
心だったりする。
 
======
 
私はヨガが好きで
 
それは理屈じゃなくて
 
ただただ
 
「あの感覚」という
 
言葉では表現できない
「あの感覚」のトリコになってる。
 
乳癌になろうが
余命を宣告されようが
抗癌剤しなさい、と言われようが
 
マットの上に立つと
力が抜ける。
 
そして自分自身に問いかける。
 
私には今、何が必要なの?って。
 
根底にある恐れって何?って。
 
とか色々と。
 
 
「その感覚」に従う。
 
その時間が私にとっては
ヨガであり瞑想です。
 
だから
 
瞑想=ボーっとするって事だから
 
化粧しながら瞑想でもいいし
料理しながら瞑想でもいいし
ゴロンと寝ながら瞑想でもいい。
 
要は
 
頭を沈めると
気持ちが落ち着くから
 
「本当のあなた」が
顔を出すタイミングを
作ってあげるって事だと思う。
 
ちょうど今週金曜日(14日)まで、こちらの「瞑想&ヨガ」のオンライン動画が発売されています。YouTubeヨガでもおなじみのArisa先生によるものです。「瞑想」を堅苦しく考えず、ライフスタイルの一部として楽に取り入れる事ができると思う、オススメの動画です。
 
 
=====
 
そして
 
Hさんが基本とされているのは
 
もちろん「食事」です。
 
私は腹八分目の食事で
・ 発芽玄米
・ 良質な肉と魚
をとる選択をしました。
 
→私はすぐに太るタイプで、もともと皮下脂肪も多めなので「断食」が必要でしたが、Hさんのようにもともと細身の方でパワーを切らしてはいけないタイプの方は、良質なエネルギー源が必須です。
 
そして
・ 発酵ジュース
・ びわ茶
・ 還元茶
・ 黒ニンニク
・ 塩麹でつけた野菜
・ ぬか漬け
・ 無農薬野菜
・ お菓子とジュースは飲まない
 
→質のいい食事と、腹八分目の量。そして上記のような栄養素で「血」を綺麗にする。これが腸内に溜まっている不純物やこびりついた毒素を排出する方法です。
 
すると何が起こるか?
 
というと
 
血が綺麗になり
腸が綺麗になると
 
内臓全体が元気になる。
 
 
十分な量の血が
頭にも送られるから
 
頭と腸をつなぐ
神経回路がスムーズになる。
 
 
精神も落ち着き
ホルモンバランスが戻る。
 
 
安定や幸福感を感じる時間が増え
 
免疫力がアップする。
 
癌細胞を退治できるのは
免疫力なのです。
 
 
だ か ら
 
だ か ら
 
だ か ら
 
食事が大事なのです。
 
食事は栄養バランスの
数値ではないよ。
 
食事は
生きるそのものです。
 
血が綺麗な人
内臓が活発な人
 
 
好きなものを食べて大丈夫。
 
でも
 
もし
何かしらの不調があるなら
 
まず見直すのは
 
「食事」だと私は思う。
 
こちらの商品や
 
こちらの記事を
 
を参考にしてみてください。
 
100人いたら
100通りの
治療法があり
 
100人いたら
100通りの
気づきがあります。
 
それが他の誰かの
前に進むヒントになるかもしれないから
これからも記事のシャアは続けます。
 
 
雨であろうが
晴れていようが
今日を楽しく過ごせるように
 
人生だって
 
乳癌であっても
乳癌でなくても
心の持ちよう次第で
楽しく過ごせるようになるのです。
 
次回の更新は、12月15日(土)午後6時になります。
 

いつも私の体を整えてるアイテムはこちら⬇︎

<体内70兆個の細胞は食事で創られる>

●私の「免疫力アップ」必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

 

<体・心・頭を繋げた乳癌治療法>

●乳がん克服に必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。発酵瓶の作り方も詳しくお伝えしています。

mio-kiyooka.mykajabi.com

  

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 

抗癌剤・再発・医師・死について<乳癌ブログVol.382>

 

<お知らせ>

コツコツ一人で続けてきたこのブログですが、2年が経ち、私が書いた記事を「実行」して下さった方々の反応、作用、効果などが続々と寄せられてきています。

乳癌を経験してたどり着いた一人一人の声が、今、まさに乳癌と向き合い始めた方々の、何かの支えになるかもしれない。その声を広げていくのは意味のある事だと思います。例えば

 

・作った料理、お菓子の写真

・発酵食品のレシピ

・◯◯を続けたら、こんな効果があったよ

・◯◯をやめたら楽になったよ

 

そんな事をシェアできる方は、本当に些細な事でも、誰かにとっての必要な言葉だったりするので、深く考えずにお気軽にこちらまでご連絡いただくか、ブログをお持ちの方はリンクを貼りますのでブログ名をご連絡ください。

 

一人の小さな言葉が、どこかで今も泣いている悲しみのドン底に沈んでいる誰かの光になるかもしれません。ご自分の体験した事を表現したいと感じている方、何かに向かって新しい一歩を踏み出したいと思っている方は、どうぞ直感でご連絡ください。

 

よろしくお願いいたします。

 

清岡 美音

 

=======

 

そもそも

抗がん剤は

 

白血病や悪性リンパ腫のように

 

血液に流れて

浮遊するタイプの悪性腫瘍の為に

開発されたので

 

白血病や悪性リンパ腫などの

「血液癌」には

抗がん剤は効果を発揮ます。

 

だから

 

全身に広がる悪性腫瘍で

手術による切除ができなくても

 

抗がん剤が主体の治療で

劇的に効果を表す場合があるのです。

 

でも

 

乳癌や胃癌など

細胞の塊を作る「固形癌」には

 

抗がん剤の効き目は

限定的だと言われています。

 

なぜなら

 

抗がん剤は

 

「増殖している」癌細胞に対して

反応し、作用するので

 

乳癌のように

その場に留まるタイプの

固定癌には標的となりにくく

 

逆に

 

血中を動き続けて 

増殖し続けている「正常細胞」に対して

抗癌剤の作用が反応してしまう為

 

赤血球

白血球

血小板

 

 

腸の粘膜細胞

 

のように

 

活発に増殖してる正常細胞が

固定癌よりもターゲットにされるので

 

ダメージを受けてしまうのです。

 

だから

 

副作用として

 

白血球の減少

下痢

脱毛

 

が起こるのですが

 

この副作用はつまり

血中の正常細胞が

打撃を受けた証です。

 

これが

 

抗がん剤に

投与しても大丈夫な量=限度

がある理由であり

 

正常細胞を守る為には

必須なのです。

 

要するに

 

血液に乗って

バラバラに散りながら

増殖していくタイプの癌には

 

抗がん剤は効果的ですが

 

乳癌のように

癌細胞の塊を作り

そこに居座る「固形癌」は

 

それに比べると

根絶治療が難しい状況なのだと

理解できます。

 

======

 

 

抗がん剤や放射線をしても

 

癌が「再発」する仕組みとは

 

つまり

 

「活発に動いている細胞」

に対して効果を発揮する

抗がん剤は

 

細胞分裂している

活きのいい癌細胞には

効きますが

 

「休眠中」の癌細胞や

「固定」している癌細胞には

効き目が薄いので

 

固定癌や

休眠してる癌細胞は

 

「再発できる環境」が整い次第

 

目を覚まして活動するのです。

 

 つまり

 

抗がん剤は

 

休眠中の癌細胞

=活動してない細胞

を通過してしまう可能性が高いので

 

休眠中の癌細胞は

 

抗がん剤からの攻撃を

免れることができる

可能性が高い

 

という事になります。

 

だから

 

「休眠中」の癌細胞が

また目覚めて暴れ出さないように

 

癌細胞にとって

心地いい環境=活動できる環境

 

を作らないようにする

 

という事がキーポイントです。

 

=====

 

 

癌細胞が好む環境とは

 

さ ん せ い

(酸性)

 

なので

 

以前こちらでご紹介した

 

梅肉エキス

 

とか

 

レモン、もずく、黒酢、梅干し

 

などの酸っぱい食品を食べて

唾液を沢山出すことで

体内をアルカリ性(酸性の逆)にしたり

 

発酵食品を食べて

腸内環境を整えることは

癌の再発防止にも効果的なのです。

 

ちなみに私は

最近は朝一に

梅肉エキスを舐めています。

 

酸っぱい食品は

文字通り「酸」なので

酸性ですが

 

体内に入り唾液と混じると

アルカリ性に変わります。

 

アルカリ性と酸性の

バランスを取る働きは

主に「腎臓」で行われるので

 

特に老化により

腎臓の働きが鈍くなると

 

必然的に

体内も酸性に傾くので

 

歳をとると

癌になりやすくなります。

 

だから

 

特に70歳を過ぎて

癌になり

 

抗癌剤を投与すると

 

ただでさえ酸性の体内に

大量の酸性化物質を投入するので

 

抗癌剤の力に

免疫細胞が負けてしまうから

 

70歳を超えた癌の場合は

抗癌剤の投与は

できるだけ控えた方がいい

と言われている理由です。

 

なので

 

体の根本からの改善を望むなら

 

前述したような

酸っぱいものを食べて

 

腎臓の働きを活発にする事で

体内をアルカリ性にする

 

という自然のサイクルを

取り戻すことが

 

元気な老後を考えた場合にも

絶対的に必要だと思うのです。

 

肉、脂肪分の多い食事、ケーキ、和菓子、ジュース、清涼飲料水、スナックなどは美味しいけど、確実に体内の細胞を酸化させる食品群なので腎臓に負担をかけます。

 

少なくても

乳癌になって1〜2年は

これらの摂取は控えた方が

無難だと思います。

(個人的な意見ですが)

 

=====

 

抗癌剤の投与については

 

医師も「治したい」という

強烈な想いが原動力になって

 

抗癌剤を投与しているのは

事実だと思いますが

 

その

「治したい」という想いも

 

客観性を失って

医師個人の希望が一人歩きすると

 

「諦めないで最後まで続ける」という癖が

マイナス面に現れてしまい

 

どれか効いてくれ

どれか効いてくれ

どれか効いてくれ

 

という執着になって

 

抗癌剤を片っ端から投与する

 

という場合もあるけど

 

医師にとっての

「本当の優しさ」とは

 

医師としてやれることを

やれるだけやって

最善を尽くします

 

というフレーズではなく

 

自分のしてる事が

果たして本当に

 

「患者のメリット」

なっているのか?

 

って立ち止まれる勇気なんだ。

 

だって

 

医師にとってみたら

今回ダメでも次回がある。

 

今回の経験を無駄にしないで

次回の患者には

これとこれを改善してみよう

 

ってできる

 

けど

 

患者にとったら

 

今回ダメだったら

次回はないからね。

 

だから

 

医師と同じラインの上に立って

物事を考えていては

ダメなんだよ。

 

それが俗にいう

 

「医師に任せない」

 

という考え方だと思う。

 

だから

 

医師が言う

 

「絶対に諦めない」

 

と言う意味は

 

とことん手術

とことん化学療法

 

と言う意味だとしたら

 

それはただの「職業・研究対象」になり

命を救う行為ではなくなる。

 

だから

 

私たち患者が意味する

 

「絶対に諦めない」

って言うのは

 

治す

生きる

苦しまない

 

って事だから

 

それがつまり

 

医師の意味する

 

とことん手術や

とことん化学療法とは

 

イコールにならない。

 

癌は「治療」しないと治らない

 

んじゃなくて

 

癌とは

 

体内環境を

「根本的に変えないと」治らない

 

と思っていた方が

 

自分と医師の

そもそもの矢印の指す方向の

違いを知る事が出来ると思う。

 

f:id:kenkohuntermio:20181206110523j:plain



 

癌治療は

 

そもそも人生へのチャレンジであり

 

自分へのチャレンジです。

 

握りしめてる固定観念

善悪をつける癖

自己否定を癒す

罪悪感を拭う

自分を許す

愛を受け取る

 

 

そんな事に

1つ1つ気づく事であり

 

それを乗り越える事。

 

どれもこれも

辛い事ではなく

 

楽になる為のもので

 

結局は多くの場合

「良い子」をやめることから始まる。

 

で も

 

で も

 

で も

 

一番気づく必要がある事は

 

私たちは

 

死ぬことが

怖いんじゃなくて

 

死 ぬ 過 程 が

怖 い ん だ

 

ってことだと思うよ。

 

そしたら

 

今日という1日を

 

明日の為

 

とか

 

治ったらこうしよう

 

とかじゃなくて

 

今日を今日として

使い切る

 

って事だと思えたなら

 

そしたら自ずと

やるべき事なんて見えてくる。

 

後はそれに

 

善悪をつけなければいいだけ。

 

善悪をつけない、

という善悪さえ必要ないから

 

今日を今日として

呼吸して生きる

 

というだけだよね。実際。

 

どうしたら「自分の声」が聞けるのか、

と疑問に思っている方は

 

とにかく「頭を休める」事が第一で

 

その次に

「心の声が、思考に邪魔されない」

 

という回路ができてくるので

簡単な瞑想がお勧めです。

 

ちょうど

私の友人であり

ヨガの講師仲間であり

尊敬してるこの方⬇︎が

 

arisa-kubota.mykajabi.com

 

素晴らしい瞑想&ヨガの

オンラインコースを作ってくれたので

 

自宅にいながら

好きな時間に

好きな空間で

自分に向き合う事が出来ると思います。

 

自分の為の時間を作るって

生きてく上で最も大事な事なのに

現代人は忘れているよね。

 

この際

深く考えよう。

深く感じよう。

 

癌について

じゃなくて

 

自分の人生について

 

深く感じることから

逃げずに

受け入れよう。

 

それが結局

癌治療ともなるんだ。

 

その他、私の体を整えてるアイテムはこちら⬇︎

<体内70兆個の細胞は食事で創られる>

●私の「免疫力アップ」必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

 

<体・心・頭を繋げた乳癌治療法>

●乳がん克服に必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。発酵瓶の作り方も詳しくお伝えしています。

mio-kiyooka.mykajabi.com

 

 

 

次回の更新は、12月12日(水)午後6時になります。  

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 

全摘されたYさんの驚異的な回復力の秘訣<乳がんブログVol.381>

 

<お知らせ>

コツコツ一人で続けてきたこのブログですが、2年が経ち、私が書いた記事を「実行」して下さった方々の反応、作用、効果などが続々と寄せられてきています。

乳癌を経験してたどり着いた一人一人の声が、今、まさに乳癌と向き合い始めた方々の、何かの支えになるかもしれない。その声を広げていくのは意味のある事だと思います。例えば

 

・作った料理、お菓子の写真

・発酵食品のレシピ

・◯◯を続けたら、こんな効果があったよ

・◯◯をやめたら楽になったよ

 

そんな事をシェアできる方は、本当に些細な事でも、誰かにとっての必要な言葉だったりするので、深く考えずにお気軽にこちらまでご連絡いただくか、ブログをお持ちの方はリンクを貼りますのでブログ名をご連絡ください。

 

一人の小さな言葉が、どこかで今も泣いている悲しみのドン底に沈んでいる誰かの光になるかもしれません。ご自分の体験した事を表現したいと感じている方、何かに向かって新しい一歩を踏み出したいと思っている方は、どうぞ直感でご連絡ください。

 

よろしくお願いいたします。

 

清岡 美音

 

=======

 

先日お話しさせて頂いた

Yさんの経験を

シェアさせて頂きます。

 

同じような境遇の方の

何かの参考になりますように。

 

***

 

Yさんは

 

数ヶ月前に

全摘手術をしました。

 

その手術の後

病室を共にしたのは

 

全く同じ日に

同じような手術をした方々でした。

 

つまり

 

同じ乳癌手術を

同じ日にして

同じ病室で数日間一緒に過ごし

 

退院へ向けて

同じ意識で頑張った。

 

だけど

 

なぜか

 

術後の経過が断然に違う。

 

乳がんの手術では大抵

ドレインという

リンパ液を体の外に出す為の

管をつけるので

 

術後数週間は

患部から管が出ている状態が続きます。

 

だから

 

リンパ液の色も見えるし

リンパ液が流出してる量もわかる。

 

リンパ液の色に関しては

初めは茶褐色で血液が混ざったりしますが

次第に薄まり

 

リンパ液の量に関しては

組織の回復が早ければ早いほど

漏れ出すリンパ液も少なくなります。

 

 

Yさんの場合

 

術後数日経った

ドレインの色の透明度や

ドレインから排出されてる量が

 

他の方々と比べて

 

断然に回復の速度が早く

担当医も驚くほどだったようです。

 

では

 

それは

 

なぜでしょう?

 

同じ日に

同じような手術をして

同じ環境(病室)だったのに

 

他の方々より

Yさんの方が

回復力が早かった。

 

それには訳があります。

 

=====

 

 

その差を生んだのは

 

ズバリ

 

食事でした。

 

Yさんは

 

入院の際に

ご自宅から病室に

持ち込んだ食品があります。

 

それは

 

・黒にんにく

・アップルサイダービネガー

・びわ茶

・還元くん

・ぬか漬け

(商品の詳細はこちら

 

f:id:kenkohuntermio:20181204100731j:plain


 

 

などで

 

入院食の代わりに

これらを摂取していました。

 

加えて

Yさんは

 

手術前から

このブログを参考にして下さっていて

 

常に体内を

アルカリ性にすることを

念頭に置く生活を心がけていたので

 

手術後の免疫力を

劇的に早める事ができたのだと

仰っていました。

 

また

 

病院の言いなりではなく

「自分で自分の体に責任を持つ」

という事を

 

実践=食事を持ち込んだ

 

という実際の行動が

 

結果を変える

体内環境を変える

自分を変える

 

という事に結びついたのです。

 

 

ほんと、シンプルに

 

納得いくまで行動した結果

納得いく結果が出て

よかったな、

 

と心から思います。

 

 

Yさんは

 

私のブログに書いてある事で

 

実践していないのは

薬事法により入手が困難な

「アミグダリン」だけ

 

という

 

まさにすごい行動力で

 

吐く方もいるくらい

絶大な不人気を誇る

メープル重曹も

 

「美味しかった」

と笑っておられました。

 

味覚も本当に

100人いたら

100通りなので

 

一概に結論は出せませんが

 

メープル重曹は

アップルサイダービネガーを

少量足すと飲みやすくなる

 

と仰っている方もいるので

苦手な方は

色々と試してみてください。

 

=====

 

今回の手術でYさんは

 

全摘はしましたが

再建はしないと決め、

 

覚悟を決めたらスッキリとして

体も軽くなると同時に

 

それ以上に

心も軽くなったご様子でした。

 

術後の経過に悩むご様子もなく

 

術前から取り組んでいた

発酵系の料理などを

術後も続けていたら

 

料理のレパートリーが

どんどん広がって

 

前は嫌いだった料理が

 

今は楽しくて

一日中キッチンにいるらしいです。

 

f:id:kenkohuntermio:20181201030703j:plain

 

 

⬆︎の写真は

Yさんが送ってくださった

ヘンプシード入り

バナナココア蒸しパンです。

 

やばいくらい

美味しそうですよね。

 

料理本に出てそうなレベル。

 

こちら⬇︎の内容も創造的で

エナジーボール(モリンガ入り)と

マヤナッツ入りバナナ蒸しパン

 

f:id:kenkohuntermio:20181202171726j:plain

 

昔は料理嫌いだったなんて

信じられないプロ級。

 

加えて

 

f:id:kenkohuntermio:20181202172136j:plain

 

・砂糖や油の見直し

・グルテンフリー

・スーパーフードの摂取

 

電子レンジの使用も控え

電磁波の少ない「蒸す」という

手法で楽しんでおられます。
 

こうして人って

 

何かのキッカケにより

劇的に変わっていけるのです。

 

そのキッカケが

 

Yさんの場合は

たまたま「乳がん」だった

 

というだけであって

 

人生の方向転換に必要な力だった

という事かもしれません。

 

嫌なことや

悲しいことの裏には

 

それと同じだけの

パワーを持つ矢印が

反対側にも絶対伸びてるから

 

嬉しいことや

幸せに気づくことができるんだ。

 

だから

 

反対側の存在に

気づいて受け止めていけば

 

乳がんは「通過点」だったって

腑に落ちることができる。 

 

ちなみに

 

Yさんが参考にして下さった

私の過去記事は

 

こちらの記事と写真⬇︎などです。

 

発酵瓶(ABCドリンク)とか

 

f:id:kenkohuntermio:20181201024904j:plain

 

 

ファイトケミカル満載の

ベジブロスから作る発酵スープとか

f:id:kenkohuntermio:20181201025016j:plain

 

f:id:kenkohuntermio:20181201032513j:plain

 

f:id:kenkohuntermio:20181201032427j:plain

 

f:id:kenkohuntermio:20181201032533j:plain

 

スーパーフードとか

f:id:kenkohuntermio:20181201025406j:plain

 

 

軽食とか

 

f:id:kenkohuntermio:20181201025744j:plain

 

発酵スープとか

f:id:kenkohuntermio:20181201025730j:plain

 

そうやって

 

ご自分で

どんどんと料理をしていくうちに

 

嫌いだった料理が

好きになり

 

今では

一日中キッチンで何か作っている

 

って

 

なんか素敵。

 

新しい自分を発見した瞬間。

 

乳がんの反対側には

 

自分の細胞を喜ばせる「食事」

という原点があった。

 

========

 

こんな風に

 

「乳癌の前」には

何の興味もなかった日常の一コマが

 

乳癌になったことで

目覚めて

才能を発揮する

 

って事は

頻繁にあるのだと思う。

 

確かに

 

乳癌になったのは辛い。

 

でも

 

現実を受け止めて、

やることやったら、

 

後は前を向いて

生きていかないと

時間がもったいないよね。

 

歩き出すには

大きな一歩じゃなくて

 

小さな一歩でいい。

 

昨日より

上手にスープが作れた。

 

昨日まで

作った事がなかった

料理を作ってみた。

 

昨日より早く寝た。

 

昨日までは

全く興味なかった

ヨガをやってみたら

意外と気持ちよくて

好きになった。

 

とか

 

そんな些細な変化を

「キャッチ」してあげる事が

 

自分を愛でる

 

って事だと思うよ。

 

だから

 

比較するなら

 

治った誰かとか

出来てる誰かとか

 

では絶対絶対なくて

 

比較するなら

昨日の自分と比較して

 

出来てるところを

褒めてあげよう。

 

昨日より

自分を責めなくなった

 

とか

 

昨日より

嫌な事をするのを1つやめれた

 

とか

 

なんでもいい。

 

 

とにかく

自分の出来てるところを

掘り当てて

褒めちぎる。

 

これって

大事な事だよね。

 

だって

 

自分を責めてる人は

人のことも責めるけど

 

自分に優しくしてる人は

他人を責めない。

 

これって

きっと何かの法則だと思う。

 

だから

 

「乳がんを治す」

 

という意識じゃなくて

 

「自分を愛す」

 

という行動をすると

 

乳がんは治って行くと思う。

 

その他、私の体を整えてるアイテムはこちら⬇︎

<体内70兆個の細胞は食事で創られる>

●私の「免疫力アップ」必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

 

<体・心・頭を繋げた乳癌治療法>

●乳がん克服に必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。発酵瓶の作り方も詳しくお伝えしています。

 

次回の更新は、12月8日(土)午後6時になります。  

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 

乾燥から肌を守ろう<乳がんブログVol.380>

 

<お知らせ>

コツコツ一人で続けてきたこのブログですが、2年が経ち、私が書いた記事を「実行」して下さった方々の反応、作用、効果などが続々と寄せられてきています。

乳癌を経験してたどり着いた一人一人の声が、今、まさに乳癌と向き合い始めた方々の、何かの支えになるかもしれない。その声を広げていくのは意味のある事だと思います。例えば

 

・作った料理、お菓子の写真

・発酵食品のレシピ

・◯◯を続けたら、こんな効果があったよ

・◯◯をやめたら楽になったよ

 

そんな事をシェアできる方は、本当に些細な事でも、誰かにとっての必要な言葉だったりするので、深く考えずにお気軽にこちらまでご連絡いただくか、ブログをお持ちの方はリンクを貼りますのでブログ名をご連絡ください。

 

一人の小さな言葉が、どこかで今も泣いている悲しみのドン底に沈んでいる誰かの光になるかもしれません。ご自分の体験した事を表現したいと感じている方、何かに向かって新しい一歩を踏み出したいと思っている方は、どうぞ直感でご連絡ください。

 

よろしくお願いいたします。

 

清岡 美音

 

=======

 

私は

 

冬が近づくと

手荒れが酷くなり

 

ひどい時には切れて

ガサガサになってしまうので

 

そうなる前に

今年は準備万端にしておきます。

 

手荒れって

 

痛いとか

しみるとかの

身体的な苦痛以外にも

 

自分の顔や

子供の顔を撫でた時に

 

ガサガサするのが

心地悪すぎる

 

とか

 

握手する時一瞬ひるむ

 

とか

 

心理的苦痛も多いから

 

今年は自作しています。

 

これは

 

不精者の私でも

すぐに作れる

 

ソルトスクラブで

 

本当に1分で作れて

 

超簡単なので

 

乾燥がちな冬に

是非試して見てください。

 

ただ

塩を使うので

既に肌荒れがヒドイ方は

しみると思いますので

 

ご自分の肌の調子によっては

ご使用を控えて下さいね。

 

=====

 

まず

 

用意するものは

 

①ベースとなるオイル

②塩

③アロマオイル

 

だけ。

 

f:id:kenkohuntermio:20181130132119j:plain

 

 

①オイル

 

f:id:kenkohuntermio:20181130132811j:plain

 

オイルは基本、何でもいいです。

 

私は以前購入した1Lのホホバオイルが

まだ大量に残っているので

それを使いましたが

 

匂いのないオイルが良ければ

 

・アボカドオイル

・ローズヒップオイル

・キャロットシードオイル

・グレープシードオイル

・アーモンドオイル

・サンフラワーオイル

 

など、お好みで。

 

匂いが気にならなければ

 

・ココナッツオイル

・オリーブオイル

・ピーナッツオイル

 

などでも大丈夫。

 

個人的に避けた方がいいと思うのは

 

・菜種油

・コーン油

・大豆油

 

理由は

製造過程が怖いから。

(詳しくはこちら

 

もちろん

料理にも使用できるので

 

ご購入の際には「コールドプレス」

のものをお買い求めください。

 

②塩

 

f:id:kenkohuntermio:20181130133746j:plain

 

これも家にあったので

今回はヒマラヤンソルトを使いましたが

 

海塩でも

岩塩でも

 

キッチンにある塩で

構わないと思います。

 

以前、死海の塩で作ったら

粒子が大きすぎて痛かったので

 

粒子は細かいタイプのがいいと思います。

 

ちなみにこの写真のヒマラヤンソルトは

$3くらいでした。

 

 

③アロマオイル

 

f:id:kenkohuntermio:20181201035420j:plain

 

アロマオイルは

別に入れなくてもいいのですが

 

香りがある方が

私は気分が上がるので

 

今回はラベンダーを使いましたが

数種類のオイルをミックスさせたり

 

ミント系の爽やかな香りも

結構好きです。

 

なので

 

もしご自分のお気に入りがあれば

数滴たらすと癒し効果がアップするかも。

 

(妊婦さんはオレンジ系(柑橘系)の香りは避けて下さいね。)

 

 

これらを

ガラスの容器に入れて

 

自分の好きな

なめらか度にかき混ぜれば

出来上がりです。

 

f:id:kenkohuntermio:20181130134352j:plain

 

 

⬇︎下の写真

これは前回作ったもので

右側にある粒子の大きいのが

死海の塩。

 

これで擦るとちょっと痛い。

 

f:id:kenkohuntermio:20181130134408j:plain

 

でも死海の塩には

通常の海水の30倍もの塩分濃度があるので

ミネラルやマグネシウムの

含有量がとても豊富なので

それだけ高い保湿効果があります。

 

なので

 

粒の大きさが気にならなければ

死海の塩も保湿には効果的だし

 

小さい粒子の死海の塩が入手できれば

それもいいと思います。

 

また

 

どうしても塩を使いづらい方は

砂糖でも出来るそうです。

 

=====

 

使い方ですが

 

ゴシゴシ擦って垢を取る

 

と言う感覚ではなく

 

なじませるように

撫でるように

浸透させるように

 

優しくマッサージする

 

と言う感覚で使うといいと思います。

 

だから

 

私はオイルの量はちょっと多めに

しっとりした感じの配分にしています。

 

塩にはタンパク質を分解する

成分が含まれているので

 

毛穴の汚れや角質も

徐々に取れていくはずです。

 

また

 

濡れてる肌の方がなじむので

 

私はお風呂の最後に

 

胸まわり

ふくらはぎ

 

に軽く軽くマッサージしながらつけて

熱めのお湯でサッと流しますが

 

全て個人の好みなので

気分良くできる方法でいいと思います。

 

保湿以外の効能としては

 

・血行促進作用

・殺菌効果

・皮脂分泌

・代謝効果

 

があると言われています。

 

また

 

顔には使わない方がいい

と言う意見もあるらしいですが

私は使っちゃっています。

 

当然ですが塩なので

 

傷口や

デリケートな部分への使用は

控えて下さいね。

 

=====

 

それ以外にしている事は

 

①重曹風呂 

お風呂に温まる時に

重曹を大さじ2〜3杯入れると

体がポカポカします。

 

②足を心臓より高い位置にあげる

特に冬は末端神経(手先・つま先)を

冷やさないようにする為に

 

足を壁にかけて

最低5分はボーッとしてます。

 

f:id:kenkohuntermio:20181130143106p:plain

 

足の指先に溜まっている血液は

本来腎臓に流れ入るはずのもの。

 

つまり

 

足の指先から

逆流して

腎臓に戻る。

 

でも

 

寒さで血行が悪くなったりすると

足先に血が溜まり

腎臓に戻りづらくなるので

 

腎臓の機能も弱り

 

それによって

 

心臓の機能も弱り

 

更にパワーが減速するので

 

足先の血が

腎臓に逆流するポンプの働きが

弱くなってしまうのです。

 

その悪循環を防ぐ為にも

 

足先を心臓より高い位置に置くことで

足先に血が溜まらないようにするのです。

 

ただ

 

足先の血が

腎臓に戻るまで

 

最低4分はかかる

 

と言われているので

 

1日のうちに

5〜10分は

 

足を壁に掲げて

ボーッとする時間を作ってみて下さい。

 

とっても大事なことなので

 

家事を脇に置いてでも

優先してやってみて下さい。

 

乳癌を患っている私たちは

自分の事を後回しにする癖が

かなり強いタイプの人が多いので

 

洗濯よりも

掃除よりも

 

入浴の方が大事。

 

子供の宿題を見張る時間より

姑に気を使う時間より

 

足を壁にあげる時間の方が

100倍大事。

 

子供がうるさかったり

夫が酔っ払ってたり

ママ友付き合いが面倒だったら

 

全部放置して

ソルトスクラブで癒される

自分だけの時間を作ろう。

 

自分以外のことは

命に関わること以外

 

全部あと回し。

 

もちろん私は

 

子供の宿題なんて

命に関わるどころか

私に関わらないので

最下位の扱い。

 

「宿題しろ」と言ったことはない。

 

でも

みんな生きてるし

今日も笑っているから

それでいい。

 

私はそんな風に

自分優先にして

適当に過ごしている。

 

だって

 

今まで

自分を優先させずに生きてきて

癌になったんだったら

 

自分を最優先させることは

立派な治療の一環だよね。

 

 

この自分勝手って

 

楽で気持ちよすぎて

 

一度やったら

もう以前の自分には戻れなくなる。

 

どんどん脱皮していこう。

 

今世

この体で

乳癌というを体験を与えられたのなら

 

酷使しすぎた細胞に

敬意を払う事が

自意識のレベルを上げていく。

 

辛い経験は

「辛いだけ」で終わらせず

 

その辛さを

自分自身に対して

いかに軽減させる事ができるのか

 

って意識で

自分自身の上昇につなげていこう。

 

是非やってみてね。

 

その他、私の体を整えてるアイテムはこちら⬇︎

<体内70兆個の細胞は食事で創られる>

●私の「免疫力アップ」必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

 

<体・心・頭を繋げた乳癌治療法>

●乳がん克服に必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。発酵瓶の作り方も詳しくお伝えしています。

 

次回の更新は、12月5日(水)午後6時になります。  

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ 

ヨーグルトだって発酵食品じゃん?と言うけれど<乳がんブログVol.379>

 

発酵食

 

というと

 

必ず質問に上がるのが

 

「ヨーグルト」はいいの?

 

という疑問ですが

 

そもそもヨーグルトは

 

ブルガリアに住む農民が

日常的に食べていて

 

彼らの健康状態がとてもいいので

 

それに「健康食品」という

レッテルを貼り

 

世界中に出回りましたが

 

ヨーグルトを食べている

ブルガリア以外の国民は

たいして健康にもなっていない。

 

日本人も

北米人も

 

スーパーに行けば

必ずヨーグルトがあり

毎日ヨーグルトを食べてる人もいるのに

なんらかの病状を抱えていたりする。

 

なぜか?

 

それは

 

ブルガリアの農民が食べていた

ヨーグルトは

 

放牧された牛の

「生」の酪農製品を

摂っていたからです。

 

私たちがスーパーで目にするような

・原料の牛乳も生ではない

・原料自体がGMOなど良質ではない

・放牧でもない

・ホルモン剤を投与されてる牛乳

・脱脂粉乳を使用

・ゼラチンなどの硬化剤を使用

・加熱溶解してる

・乳酸菌を後からくわえてる

 

などなどで

 

乳製品こそが

癌の促進剤だとも言われている程なので

 

乳製品を摂取する必要性は薄く

そもそも避けた方が無難なのです。

 

余談ですが

牛乳=カルシウムとは

捏造された知識です。

 

話を戻すと

 

バルカン半島の農民が食べてる

ヨーグルトと

 

私たちが手にしているヨーグルトは

 

全くの別物なのです。

 

だから

 

スーパーのヨーグルトを食べて

彼らのような健康状態を目指しても

 

たどり着くことはない。

 

でも

 

敢えて着目するとしたら

 

彼らは

「生の」牛乳を使っていた

というところ。

 

「なま」

 

つまり

 

「酵素」

 

がウジャウジャ生きている状態。

 

真似するなら

そこだよね。

 

製品ではなく

本質の部分。

 

f:id:kenkohuntermio:20181127061942j:plain

 

 

「酵素」については

 

このブログで

数え切れないほどの

記事を書いていますが

 

今回もそれらに追記です。

 

酵素栄養学を学ぶと

大抵目にするのが

 

食品を「加熱」すると

酵素が死んでしまい

栄養は損なわれる、

 

的な意見が多く

 

原住民は加熱調理しないから健康

 

とか

 

人類が火を使うようになってから

病気が発生してる

 

とか

 

そんな記述を目にしますが

 

まぁ、それも論理上では正しいと思うけど

実生活に当てはめることは

もはや不可能。

 

だって私たちは

先住民じゃないし

エスキモーでもない。

 

もはや

 

先住民と比べられたら

立つ瀬無いよね。

 

現代人にとって

 

生食ばかりでは

逆に体が冷えて良くない

 

と言う意見もあるくらい。

 

だから

 

先住民(誰か)の真似しても無理だと思う。

 

つまり

 

先ほどの

ヨーグルトの例えと同じように

 

先住民を真似るんじゃなくて

 

先住民の生活の知恵を参考にする、

のであれば自然。

 

つまり

 

先住民やエスキモー達が

あんな過酷な状況で健康状態を保てるのは

 

動物の生肉を食べたり

内臓を食べたり

 

とにかくハントした動物の

頭から尻尾までの全身を頂くことで

 

人間の生命活動に

絶対的に必要な2種類のものを

確実に摂取している。

 

その1つ目は

 

生肉からの「酵素」

 

2つ目は

 

野菜から摂取するべき「食物繊維」

動物の内臓を食べることで

そこに詰まっている食物繊維を

間接的に吸収してる

 

と言うことになる。

 

だから元気。

 

=====

 

 

現代社会に生きてる私達が

そこから知恵を頂くとしたら

 

酵素=生食

食物繊維=野菜

 

が重要なポイントになる。

 

要するに

 

「酵素」と言うのは

 

全身70兆個の細胞の

全生命体の活動の源になる

 

命のもと

 

だから

 

生の食べ物に含まれている

「酵素」を摂取し

体内の酵素活動を増やすと言うことは

 

同時に

 

3種類の酵素=命のパワーを

増やしていることになる。

 

「3種類の酵素」とは

 

1)代謝酵素

免疫力・自然治癒力のアップ

 

2)消化酵素

食べ物の消化・分解・吸収

 

3)食物酵素

消化を助ける

 

詳しくはこちら

 

こうして

 

体の中に

既に潜在的に与えられてる「酵素」と

 

体の外から

食べ物を通して与えられる「酵素」が

 

一緒になると

 

それは細胞の栄養となり

 

強い生命力を築き上げる。

 

もちろん

 

「白血球」を増やすには

酵素の力が必須だから

 

酵素を意識した食生活は

大事な事なのです。

 

=====

 

ただ

 

「生」がいいから

「生」しか食べない

 

と言う偏りは

 

思考的な偏りを生み

生態系のバランスを崩すから

 

結局

自分自身を生きづらくさせてしまう。

 

だから

 

こだわる所は「生」ではなく

「バランス」だよ。

 

「今現在」の自分の体調と対話しながら

生野菜の量

発酵食の量

飲み物の量

温野菜の量

 

などを

自分専門に配合していく。

 

その上の知識として

「生」で食べてはいけない物もある。

 

例えば種や豆。

 

ぶどうの種、柿の種、みかんの種、かぼちゃの種、梅干しの種、リンゴの種、梨の種等は生で食べない。

 

インゲン、えんどう豆等も加熱する

 

大豆、小豆他の豆類や、玄米、雑穀、ナッツ類は一晩浸して発芽させる。

 

これらには

「酵素抑制物質」が含まれているので

 

生で食べると

体内に存在してる酵素の働きを

著しく低下させます。

 

森に住むリスが

ドングリなどを取って

土に埋めるのは

 

別に隠している訳ではなく

土に入れて「発芽」させているのです。

 

つまりリスは

木の実や種をそのまま食べる事が

体内環境のバランスを崩すことを知っている。

 

賢いのです。

 

だから

 

「いい」と言われるものを

大量摂取するという

「偏り」による体質改善ではなく

 

自分に丁度いい量

自分に丁度いい方法

自分に丁度いい時間

 

をその都度感じながら

体に優しく接していくのが大事。

 

と、

 

あともう1つ。

 

冒頭の「ヨーグルト」に話を戻しますが

 

ご質問いただいたこの方は

ヨーグルトが大好きだからヤメられない

 

と悩んでいましたが

 

そもそも

ヨーグルトの原料である「牛乳」は

既に「癌の成長剤」という認識も

もはや常識となっている今現在、

 

どうして

そこまでして

乳製品を摂りたいのか?

 

という疑問を

自分自身に投げかける事が

必要なんだと思う。

 

好きだから、

 

というけれど

 

癌を成長させる可能性があるのに

そのリスクを負ってまで

 

「ヤメラレナイ」という

 

行動の裏には何があるの?

 

習慣?

思い込み?

 

だったら

 

いつからの習慣?

誰から植えつけられた思い込み?

 

それは

 

幼少期から?

 

だったら

 

親?

 

「親」だと仮定して話を進めると

 

「牛乳は体にいい」と「思い込んでる」親が

子供に良かれと思ってして来たことを

 

今のあなたが

引き継ぐ必要はない

 

と思ったら

今すぐ辞められると思うよ。

 

そもそも

ヨーグルトを食べなくたって

死ぬわけじゃないのに

 

ヨーグルトを食べたら

癌が成長して死ぬかもよ

って言われてるのに

それでも辞められないって不自然。

 

どれだけ

親からの束縛を

今もまだ引き継いでいるだろうか。

 

つまり

 

この話の本質は

「ヨーグルト」ではなく

 

ヨーグルトと同じように

今までもずっと

 

抱え込んでて手放せない

「何か」が自分の中にあって

 

それは

 

親の思い込みを擦りつけられてて

それを「正しい」って思い込んでるけど

 

実際には

親と自分は違うので

 

自分に合っていない食事

自分に合っていない考え方

自分に合っていないライフスタイル

自分に合っていない金銭感覚

自分に合っていない人間関係

自分に合っていない仕事

 

そんなものに埋もれているから

苦しいのかもしれない。

 

苦しい=自分に合ってない

 

ってサインなのに

それを手放さないから

ストレスが溜まって

癌細胞は成長する

 

だとしたら

 

親の考えと

自分の考えを

切り離して考えること

 

って大事なことだと思う。

 

これは親から離れる

という物理的な問題じゃなく

 

親の「思考」と自分の「思考」を

別のものとして捉える

 

という事。

 

だから

 

もしヨーグルトを毎日食べてたなら

 

なおさら

 

ヨーグルトは辞めたほうがいい。

 

毎日食べるものを

一旦中止して

 

果たして「それ」は

私が毎日食べる必要があるのかどうか?

 

って自分自身に問いかけたらいい。

 

もちろんヨーグルトに限らず

 

体に良かれと思って

毎日◯◯を食べてたのに

 

癌になったのだとしたら

 

その◯◯は

自分に合っていないのかも

 

って事ですよね。

 

1つづつ見直して

習慣を変える勇気を

自分に与えよう。

 

その他、私の体を整えてるアイテムはこちら⬇︎

<体内70兆個の細胞は食事で創られる>

●私の「免疫力アップ」必須アイテムこちらからご覧いただけます。  

 

<体・心・頭を繋げた乳癌治療法>

●乳がん克服に必要な知識(動画)こちらからご覧いただけます。発酵瓶の作り方も詳しくお伝えしています。

 

♡お知らせ♡ 

同じ乳癌経験者として心の内をぶっちゃけて話せる「話し相手」がいたら心強いな、という私の個人的な希望を形にした「ぶっちゃけトーク」ですが、11月末をもって一時終了いたします。ご希望の方はお早めにご連絡ください。

 

内容は、カウンセリングなどの「聞く側、相談する側」という上下の関係は無しにして

 

・医師の話に納得できない事

・家族にも相談できない事

・誰にも理解してもらえない悩み

・家族だからこそ言いづらい事

・乳癌への不安

・治療法への疑問

・投薬への不安

etc

 

それぞれが抱える「問題」だと思っている問題を解き放す事で、心の奥底に溜め込んでいる思いをデトックスできたら、それも立派な乳癌治療だという個人的な信念の元に行います。ご興味ある方はこちらをご覧ください。  

****

 

次回の更新は、12月1日(土)午後6時になります。  

 ↓それぞれ1日1回押して頂けるとランキングに反映され、乳がんへの理解を深める事に役立ちます。ご協力お願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ